FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです

リスト 二重設定 リストからリストになる

だいぶ前に
入力規則から入力規則 2重設定 
アップしたことがありましたが、
Excel の バージョンも 変わったので
もう一度
きっかけは、今日見つけた Yahoo 知恵袋の質問

エクセル初心者ですので 丁寧に教えて頂ければ嬉しいです。
ワード(単語)によって
ドロップダウンリストの内容を 変えることはできますか?

例えば
A1 を 文房具 としたら
B1 のドロップダウンリストの内容が
 ホチキス、定規、ハサミ
A1 を 食料品 としたら
B1 の ドロップダウンリストに
 おかし、パン、ジュース

まずは、設定したい内容を表にします
 これは、「名前」 を 付けるためにも、必要な作業です
 同じシートでも 別のシートでも構わないので、邪魔にならない箇所に
 以下の表を作成します

  201905160002.png

 縦横は、どちらでもかまいませんが
 最初のセルで、選択する文字列のリストを一番端(この場合は「上」)
 その文字列を選択した場合に、表示したい文字列をその列へ入力する

 次に、「名前」の設定です
 「文房具」を 選択した場合に
 表示したい文字列のセル範囲を選択
 この場合 G2:G4 セル範囲

 201905160003.png

 左上の 「名前ボックス」 に、「文房具」 と 入力し
 [Enter] キーを 2回押します
 ※ 1度目は、文字の確定 

 201905160004.png

 ※ 2度目が、名前の定義の設定
   ▼ が、表示される

 201905160005.png

 確認したい場合は、
 [ 数式 ] タブ 「定義された名前」グループの「名前の管理」をクリック

 201905160006.png

 すると
 [ 名前の管理 ] ダイアログが表示される
 「名前」の列に、「文房具」
 「参照範囲」には、シート名からセル範囲(絶対参照)が表示されている
 
 201905160007.png

同様に、「食料品」も 「名前」の設定をする

準備は、終了

 リストの設定
 
 まずは、
 設定するセルを選択
  A1 A2 セルを選択
 [ データ ] タブ 「データツール」グループ
 「データの入力規則」 を クリック

 201905160008.png

 [データの入力規則]ダイアログが表示される
 「入力値の種類」で、「すべての値」になっているのを
 ▼ を クリックし 「リスト」 を 選択する
 
 201905160009.png

 表示が変化する
 「 元の値 」欄に、カーソルを移動
 「文房具」・「食料品」と入力されているセル範囲を選択する
 G1:H1 を 選択する
 [OK] クリック

 201905160010.png

 A1 セルを 選択すると セルの右側に、▼ が、表示される
 その ▼ をクリックすると 「文房具」・「食料品」と表示される
 「文房具」 を 選択しておく

 201905160011.png

 次は、B1:B2 セルに、リストを設定する
 B1:B2 セル範囲を選択
 先ほどと同様の操作
 [ データ ] タブ 「データツール」グループ
 「データの入力規則」 を クリック
 「リスト」 を 選択
 「 元の値 」欄に、カーソルを移動
 今度は、以下の数式を入力する
 【 =INDIRECT(A1) 】

 201905160012.png
 ※ A1 セルが、空欄の場合、注意文が表示される 
   元の値はエラーと判断されます。続けますか?
   この場合 [ はい ] を クリック
   201905160013.png

 B1 セルを 選択すると 右側に ▼ が、表示される
 ▼ を クリックすると、A1 が、「文房具」の場合
 「ホッチキス」・「定規」・「ハサミ」 が、表示される
 A1 が 「食料品」の場合は
 「おかし」・「パン」・「ジュース」 と 表示される

 201905160014.png

以上です

要点

 1.名前の定義を使用する
 2.リストの 元の値 欄に、 INDIRECT 関数 を 使用する
   A1 に入力されている文字列が 「名前」で定義されている場合
   文字列をセル範囲として認識できる関数
スポンサーサイト
[ 2019年05月16日 11:37 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

Windows10 Excel で、令和元年

2019/5/3 現在
一部 もう可能になったと いう情報もありますが
まだ、
Excel の書式設定で、「令和」表示にできないPCがある

そこで、ネット検索した結果
このアップデートでは
レジストリを 更新する
らしい

Windows10 で、「レジストリ エディター」 を 起動する

1.検索ボックスに、「 regedit 」 と 入力
  
   201905030010.png

2.レジストリ エディター(デスクトップ アプリ)
  右側にある 「管理者として実行」 を クリック

  201905030011.png

3.「 ユーザーアカウント制御 」 が 表示されたら
  [ はい ] を クリック
4.「レジストリ エディター」 が、表示される
  以下のところを確認する
   コンピューター
   \HKEY_LOCAL_MACHINE
   \SYSTEM
   \CurrentControlSet
   \Control
   \Nls
   \Calendars
   \Japanese
   \Eras

   

以下の文字列をコピーし、貼り付ければ、表示するかも

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras

   201905030009.png


右側の一番下が、「1989 01 08」 ( 平成 ) の 場合
まだ、更新されていない

この場合は、Microsoft の更新を 待つ

必ず、アップデートされます

5月15日くらいまでかかるのでは、という情報もあります

待てない方
   レジストリを 変更すれば、令和表示にできる

しかし、レジストリの変更は、リスクを伴います

パソコンのバックアップを作成して
万が一、の場合に、自分で元の状態に 戻せる方
または、自分で責任を持てる方は
続きを読んでください


最悪の場合、システムが機能しなくなるかも?

レジストリを 変更する手順

1.「Windows アクセサリ」 に ある
  「メモ帳」 を クリック 起動する
  
   201905030012.png

2.下の文字列を コピーし、貼り付ける

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras]
"2019 05 01"="令和_令_Reiwa_R"

3.貼り付けたら
  名前を付けて保存する
  「ファイルの種類」を 「すべてのファイル(*.*)」 に 変更する
  「ファイル名」は、好きな名前を入力 ただし
  最後に 「 .reg 」( 必ず、半角 ) を 入力する
  ※ reg 拡張子 に する 参考 : サンプル 

4.保存出来たら
  開いているものすべて閉じます

  保存したフォルダを開き
  保存した reg ファイルダブルクリック
  [ ユーザーアカウント制御 ] が 表示されたら
  [ はい ] を クリック

レジストリ エディター ] の 注意文が 表示される

  情報を追加すると、
  値が変更されまたは削除されてしまい、
  コンポーネントが正常に
  動作しなくなることがあります。
  C:\Users\***\***\***.reg の
  この情報ソースを信頼しない場合は、
  レジストリに追加しないで下さい。
  続行しますか?


  201905030013.png

  不安な方は、[ いいえ ] を クリックしてください

[ はい ] を クリックした場合
  ***.reg に 含まれるキーと値が、レジストリに正常に追加されました。
[ OK ] クリック

  201905030014.png


念のため、再起動 してください
再起動 が 終わったら
もう一度
レジストリ エディター ] を 確認してください
一番下に 「 2019 05 01 」 が 追加されているはずです

  201905030015.png

次は、「Windows システムツール」 内 に ある
コントロールパネル 」 を 開きます
   
   201905030016.png

[ 表示方法 ] 大きいアイコン の 場合
地域 」 を クリック

201905030017.png

[ 地域 ] ダイアログ が、表示される
[ 形式 ] の
Windows の 表示言語と一致させます(推奨) V」 の V を クリック
   201905030018.png

一覧が、表示されたら、ルーラーを一番下まで下げ
[ 日本語 (日本) ] を 選択する
   
   201905030019.png

[ 適用 ] を クリックして、[ OK ] を クリックする

   201905030027.png


Excel を 起動

 A1 セルに、2019/1/1
 A2 セルに、2019/2/1 と 入力
 A15 セルまで、オートフィルする

   201905030028.png

右クリックして、[ セルの書式設定 ] を 表示する
表示形式 ] タブ
分類 」 で、「 ユーザー定義 」 を 選択
種類 」 欄で、【 [$-411]ggge"年"m"月"d"日" 】 を 選択する
[ OK ] クリック

   201905030029.png

令和 表示になる
   
   201905030030.png

「令和1年」 を 「令和元年」 と 表示したい場合

以下の文字列を コピーし
種類」欄に、貼り付ける


[>43830]ggge"年"m"月"d"日";[>43585]"令和元年"m"月"d"日";ggge"年"m"月"d"日"

   201905030031.png


[ OK ] を クリックする
   
   201905030032.png

先ほどコピーした文字列は
 [>43830]ggge"年"m"月"d"日";
  43830=2019/12/31 なので、
  2019/12/31 より 大きい場合
  つまり、来年以降は、普通に「和暦」
 [>43585]"令和元年"m"月"d"日";
  43585=2019/4/30 なので、
  2019/4/30 より 大きい場合
  つまり 5/1 以降は、「令和元年」
 ggge"年"m"月"d"日"
  それ以外
  つまり 4/30 以前は、「和暦」

  201905030033.png

そういった設定です

[ 2019年05月03日 15:00 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

プレインストール版Office は、2種類ある

パソコンを購入した際に、入っているOffice のことを
プレインストール版Officeといいます

このOfficeには、同じバージョン(2016・2019)でも
違う種類のOfficeが、あるようです
これは、2017年10月以降に発売されたパソコンの場合です
※ 正確には、Windows10のバージョンが、「1709」以降

その2種類は
 1.ストアアプリ版
 2.デスクトップ版


ストアアプリ版
タブレット型の Windows での 動作が 想定されており
タッチ操作で 利用しやすいように設定されているのが 特徴
ストアアプリ版には 制限が多い
 システムに 影響が 大きいことは
 できない仕組みになっているので
  ※ アドインが使えない
 セキュリティ的には、安心できることが、メリット
半面 アドインが使えないので
はがき印刷の機能が利用ができなかったり
原稿用紙設定もメニューになかったり
 ※ 今はメニューにあるようですが、英語表示になったり不具合が多い
表示や動作に問題があるようです
フル機能を使いたい場合は
デスクトップアプリ版にして
タブレットなどでは、ストアアプリ版を使用するほうが良いかも


確認方法
 
 1.Excel でも Word でも、1つ起動する
 2.[ファイル] を クリック
 3.「アカウント」 を クリック
 4.バージョン情報 を 確認する

 ストアアプリ版の場合

 Microsoft Store と 表示されている
  (ビルド*** Microsoft Store)となっている

201904280001.png

 デスクトップ版の場合

 クイック実行 と 表示されている
  (ビルド*** クイック実行 )となっている

201904280002.png


別の方法

201904280004.png を 右クリック
アプリと機能」 を クリック

 201904280005.png

選択示画面を下のほうにスクロール
Microsoft Office 製品を探す

Microsoft Office Desktop Apps
 表示の場合は、ストアアプリ版
Microsoft Office Home & Business 2016-ja-jp
 表示の場合は、デスクトップアプリ版

ストア アプリ版 Office 2016 から、
デスクトップ アプリ版 Office 2016

         入れ替えることも 可能です

 ストア アプリ版 Office 2016 を アンインストール後
 マイアカウント ページから
右端にある「表示を増やす V」 を クリック
「サービスとサプスクリプション」 を クリック

201904280006.png

インストールする を クリックする

201904280007.png


 デスクトップ アプリ版 Office 2016 を インストールすることができます

いずれにしても 現在は 
Microsoft アカウントは、非常に重要です

ID = メールアドレス
 忘れない
 「削除しない」(プロバイダを変更すると削除される場合もある)
 新規に作成した場合は、送受信の確認を行う
 生年月日・電話番号や別のメールアドレスなどの設定も確実に行い
 パスワードなどを忘れた場合の本人確認ができるようにする
 マイアカウントのページには、一度はアクセスして
 どうなっているのか確認する

パスワードも、もちろん重要です
 
 絶対に、他人に教えない
 忘れない
 推測されないものを使用する


[ 2019年04月28日 10:51 ] カテゴリ:office | TB(0) | CM(0)

プレインストール版 Office 2016 について No.4

マイアカウント ページ

マイアカウント ページとは何ですか

 Microsoft アカウント を ご確認ください

マイアカウント ページに
 記載されている日付は日本時間ですか


 いいえ
 マイアカウント ページに記載されている日付は
 世界協定時間 (UTC) が基準となっております

Office 365 Solo への切り替え

セットアップ完了後
 表示される画面
 「Office を最大限に活用しませんか?」
 は何ですか


 プレインストール版 Office 2016 のみ提供される
 Office 365 Solo への切り替えへの画面です
 切り替え手順は
  Office 365 Solo への切り替え  を ご確認ください

  2019041521006.png


セットアップ完了後
 表示される画面「Office を最大限に活用しませんか?」で
 [Office 365 を購入]
 または、[試用版 サブスクリプション] を選ぶとどうなりますか?


 それぞれのサブスクリプション版の手続きの画面に移動します
 手続き完了後
 コンピューター上のプレインストール版 Office 2016 のライセンスが
 永続ライセンスから
 Office 365 Solo のサブスクリプションライセンスに切り替わり
 OneDrive 1 TB
 1 か月Skype 60 分 無料通話などのサービスも利用できます

「Office を最大限に活用しませんか?」画面で
 [後で通知する] を選ぶとどうなりますか?


 画面が閉じて、
 プレインストール版 Office 2016 が
 永続ライセンスのままで使用することができます
 その後
 Office 365 Solo の購入をお勧めするバーが
 ドキュメント内リボンの下に表示されます

Office 365 Solo のライセンスに切り替わると
 Office 2016 の永続ライセンスが消えますか?


 いいえ。永続ライセンスは消えません
 ご利用の Office 365 Solo のサブスクリプション期間が終了後
 確認する画面で [いいえ] を選択すると
 Office 365 Solo のライセンスが削除され
 Office 2016 は元の永続ライセンスに戻ります


インストール ディスク

インストール ディスクの入手はできますか

 はい。
 ライセンス認証を完了したユーザー様は
 マイアカウント ページから
 DVD イメージファイルをダウンロードすることができます
 インストール ディスクのダウンロード方法は、
 ディスクの入手方法   を ご参照ください

Office 2016 のインストール用ディスクの内容を教えてください

 DVD 1 枚で提供いたします

Microsoft Store アプリ版 Office 2016 の
 インストール ディスクの提供はありますか?


 いいえ
 Microsoft Store 経由でしかインストールすることができませんので
 インストール ディスクの提供はございません。
 インストール ディスクで、インストールする場合
 デスクトップ アプリ版 Office 2016 (クイック実行形式) がインストールされます

インストール ディスクでインストールする際に、プロダクト キーは必要ですか

 はい。必要になる場合があります
 その場合、同梱カードのプロダクト キーではなく
 マイアカウント ページに表示されるプロダクト キーが必要です
 インストール ディスクの使用方法は、
 ディスクからインストール  をご参照ください

その他

Office 2016 の推奨システム要件を教えてください

 Office 2016 の推奨システム要件は
 Office のシステム要件 に 記載されています

Office Personal 2016 システム要件
コンポーネント要件
コンピューターとプロセッサ 1 GHz 以上の x86 ビット
 または x64 ビット プロセッサ (SSE2 命令セット対応)
メモリ 2 GB RAM
ハード ディスク 使用可能ディスク領域 3.0 GB
ディスプレイ Windows PC: 1024 x 768 の画面解像度
グラフィック
 グラフィック ハードウェア アクセラレーションには
 DirectX 10 対応グラフィックス カードが必要
オペレーティング システムWindows 10、Windows 8.1、Windows 8
 Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2016
 Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2
最適なパフォーマンスでご利用いただくために、
 最新バージョンのオペレーティング システムをご使用ください。
ブラウザー
 Internet Explorer、Microsoft Edge
 Safari、Chrome、Firefox の最新バージョン
.NET のバージョン .NET 3.5 が必要です
 機能によっては、.NET 4.0、4.5、または 4.6 CLR のインストールも必要です。
その他インターネット機能には、インターネットへの接続が必要です
 料金が発生する場合があります。
マルチタッチ機能を使用するには、タッチ対応デバイスが必要です
ただし、すべての機能は常に、キーボードやマウスなどの標準的な
またはアクセシブルな入力デバイスを使用して利用できます
タッチ機能は、Windows 10、Windows 8.1、
 または Windows 8 での使用に合わせて最適化されています
製品機能とグラフィックは、システム構成によって異なる場合があります
 機能によっては、ハードウェアの追加またはアップグレードや
 サーバー接続が必要になることがあります。
一部の機能には、OneDrive が必要です。
Microsoft アカウント


お問い合わせ先
  マイクロソフト サポート 窓口
  TEL:  0120-54-2244
  平日  9:00-18:00
  土日  10:00-18:00
  お問い合わせの際には、Microsoft アカウントをお手元にご用意ください

[ 2019年04月15日 23:32 ] カテゴリ:office | TB(0) | CM(0)

プレインストール版 Office 2016 について No.3

再インストール

再インストールするには、
 インストール済みの Office のアンインストールが必要ですか

 はい。必要です
 アンインストールを行ってから
 再インストールを実行しください

再インストールを実行するにはどうしたらいいですか
 Microsoft Store から再インストールします
 再インストール手順について、
 詳しくは、プレインストール版 Office 2016 再インストール 

インストールに必要なハードディスクの空き容量を教えてください
 必要なハードディスクの空き容量は 3.0 GB です
 また、その他のシステム要件は Office のシステム要件 

再インストールするドライブは選択できますか
 OS がインストールされているドライブ
  (通常は、C ドライブ) にのみインストールできます
 ドライブの選択はできません

日本語以外の
 ユーザーインターフェース言語を選択することはできますか

 はい
 再インストール後に変更することができます
 Windows 10 の [設定] で、[時刻と言語] を開き
 [地域と言語] で、Windows の規定の表示言語を変更してください

Microsoft ストア アプリ版 Office 2016 から
 デスクトップ アプリ版 Office 2016 に入れ替えることはできますか

 はい
 Microsoft ストア アプリ版 Office 2016 をアンインストール後
 マイアカウント ページから
 デスクトップ アプリ版 Office 2016をインストールすることができます

64 ビット OS に Office 2016 の再インストールを実行する際
 Office の 32 ビット版, 64 ビット版を選択してインストールすることはできますか

 いいえ
 2018年3月現在
 Microsoft Store から提供されている Office 2016 アプリは
 32 ビット版のみ提供しています
 64 ビット 版 Office 2016 の 提供時期は未定です
 それまで、64ビット 版 Office 2016 を使用したい場合は
 マイアカウント ページのインストール オプションで
 64 ビットを選択
 デスクトップ アプリ版 Office 2016 をインストールしてください


[ 2019年04月15日 22:59 ] カテゴリ:office | TB(0) | CM(0)
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR