FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  LibreOffice Writer

LibreOffice Writer 2ページ目からページ番号

2012年05月31日に、アップした
Writer  ページ番号 
 ここに書かれた時と、同じなのですが
 ちょっと、というか、かなり バージョンが、変わっていますので
 もう一度
 内容としましては
 LibreOffice Writer で、
 2ページ目から ページ番号を表示したい
 そして、2ページ目が、「1」となるようにしたい


では
表紙ページのページスタイルを 「最初のページ」に 変更する
 ※ 何も設定していない場合、Page Style...(ページスタイル)は、「標準スタイル」です

 1.表紙ページ(1ページ目)に  カーソルを置き
 2. [スタイル(Y)]→[スタイルの管理(Y)] クリック


   202005190002.png

 3.右側に [スタイル]が、表示される

   202005190003.png

  202005190004.png (ページスタイル)を クリックする

   202005190005.png

 4.表示される一覧で、「最初のページ」を クリックする

   202005190006.png

次は、2ページ目の設定を行う

 5.2ページ目に、カーソルを移動する
 6.
[挿入(I)]→[ヘッダーおよびフッター(A)]
          →[フッター(R)]→[標準スタイル(B)] クリック

   202005190007.png
   ※ 先ほど、1ページ目に、「最初のページ」を設定したので、そのスタイルも表示される

 7.すると、カーソルが、2ページのフッターへ移動している

   202005190008.png
     今は、配置(左揃え・中央揃え・右揃え)の設定は、省略

 8.[挿入(I)]→[ページ番号(P)] クリック

   202005190009.png


この段階では、
 最初のページには、「ページ番号」は、表示されていない
 2ページ目から 「ページ番号」が、表示されている
しかし、ページ番号が、「2」 から 始まっている


  202005190010.png


では、
 2ページ目の「ページ番号」を 「1」 に 変更する

 1. 2ページ目の本文先頭にカーソルを移動する
  [書式(O)]→[段落の書式(A)...]


   202005190011.png

  [段落]画面
    [体裁]タブ
    「区切り」
   【 □ 挿入 】 に チェックを入れる


   202005190012.png

 表示される 【 □ ページスタイル付き(Y): 】 に、チェックを入れる

   202005190013.png

 次に、【 □ ページ番号(N) 】 に、チェックを入れる

   202005190014.png

 下の 「オプション」欄は、
 私の設定だったので、すべてのチェックを外し
 [OK]をクリックする

   202005190015.png

これで、終了
 2ページ目を確認する


   202005190016.png

ちょっと 意味が分からないのが、
 Page 3 of 8
この意味が分かりません

その後ろのカッコ内
 2 of 7 to print
こちらで、判断してください
実際に、印刷すると
問題なく 元と同じ枚数で、印刷できます


途中で、省略しましたが
「ページ数」の配置は、
普通の文字列の配置で、「中央揃え」や「右揃え」 に できます
 202005190017.png


スポンサーサイト



[ 2020年05月19日 12:09 ] カテゴリ:LibreOffice Writer | TB(0) | CM(0)

LibreOfficeWriter ページ設定 ページ番号付きの場合

libreofficeで 縦書き
 1ページ 40文字×34行
 ページ番号を つける方法

「ページ数を付ける」 これは、フッターを設定するということ
文字数・行数を 設定する場合に
ヘッダーやフッターが、あると 設定する数値では なくなる

ページ数を付けたい人が 居るだろうから
こちらに書くことにしました

まずは、「オプション」の設定が、出来ているか確認
1.[ツール]→「オプション」
  202004210023.png

2.[オプション]画面で、「LibreOffice Writer」を 選択し
  「全般」を 選択する
  「設定」欄
   ☑ 文字単位を有効にする
   ☑ 文字の罫線に正方形のマスを使用する(原稿用紙モード)
  この2つに、チェックが入っていることを確認する
  202004210024.png
3.ついでに、「互換性」も 確認
  互換オプション一覧の
  ☑ テキストの行間にリード(余分なスペース)を入れない
  ここにチェックが入っていることを確認
  入っていない場合は、チェックを入れる
  202004210025.png
確認出来たら ページ設定を行う
今までの設定が、出来ていないと ページ設定で、文字数・行数が上手く設定できない

4.[書式]→「PageStyle...」クリック
  202004210026.png

5.[ページスタイル]ダイアログ
  [ページ]タブから 始めます
  202004210027.png

 「印刷の向き」で、〇 横 に、チェックを入れる
 「文字の方向」も、「右から左へ(縦書き)」を選択する
 「余白」に関しては、私の推奨する左・右・上・下すべて 20mmにする
 ※ 設定を プレビュー画像で確認できる

 202004210028.png

「ページ番号」を 付けたいので、「フッター」 を 付ける
6.[フッター]タブ
  □ フッターを付ける
  ここにチェックを入れる

 
  202004210029.png
  注意  「ヘッダー」は、付けない 付ける場合は、また違う状況になる

7.[行数と文字数]タブ
  「行数と文字数」欄
  〇 行数と文字数指定(グリッド線)
  これにチェックを入れる

  202004210030.png

8.「行数と文字数の設定」欄
  「40文字×34行」の場合
  「ページ単位の行数」の数値を 「34」
  「行単位の文字数」の数値を 「40」にする
  ところが、そのままでは、文字数が、「35」以上にならない
  右側にある括弧内の最大値までしか 選択できない


  202004210031.png

  「行単位の文字数」の最大数を 増やしたいので
  【 1文字の最大サイズ 】 の 数値を 小さくする
  「14pt」だったので、「12pt」まで 小さくすると 最大値が、「40」になる


  202004210032.png

  次は、「ページ単位の行数」の最大値を 34 に するように
  「ルビ文字の最大サイズ」 の 数値を 大きくする
  現在 最大値「40」 ルビの最大サイズを、「6pt」から 「9pt」にする


  202004210033.png

 これで、終わりではないですが、
 一度 この状態で、[OK] クリックする
 

[表示]→「テキストの境界」に チェックが、入っていることを 確認
それと、「書式設定記号」も オン に なっている確認

  202004210034.png

 画面表示の下の部分を確認する
  「テキストの境界」の下の線の下にある 改行マークの位置を クリックする


  202004210035.png

  表示が、下図のように変化する

  202004210036.png
  202004210037.png の▼ をクリックする
  「ページ番号を挿入する」を クリックする

  202004210038.png
  すると 改行マークの前に ページ数「1」が、表示される
  202004210039.png

  この場合は、左端に、表示されたが、この位置は、「左揃え」になっているからなので
  書式設定ツールバーで、「中央揃え」や「右揃え」に、設定できる
  中央揃えにした場合

  202004210040.png

先ほど ページ設定が、途中と 書いたのは
  この「フッター」が、あることにより、
  入力できる文字数が 設定の「40」よりも 少なくなる
  この基準が、分からないので
  実際に、文字を入力して、確認し、修正するしかない
  先ほどの設定で、縦に全角数値 1~0を入力する
  すると 実際には、本文の文字数が、「37」であることが確認できる

  もう一度
  [書式]→「PageStyle...」クリック
  [ページスタイル]ダイアログを表示
  「1文字の最大サイズ」を 「12pt」より 小さくする 「11pt」
  このようにして、文字数の最大値を 「40」ではなく 「43」にして
  そう設定したことで、行数の最大値も 変わってしまうので
  最大値が、「34」になるように、「ルビ文字の最大サイズ」も修正する


  202004210042.png

  これで、良いはずなので、[OK]クリック

 注意 
  あくまで、余白を 左・右・上・下すべて 20mmにした場合の数値です
  ただ単に、最後の数値だけをマネする人は、理解していないので。失敗する



また ページ番号を 途中から 表示したい方がいますが
最初のページに、表示しないことは、出来ますが
5ぺーじとか 10ページとかの途中から 表示するのは、無理のようです
1~4までも 表示していて 
5ページから またページ番号を「1」にする事は出来ますが

表示していないで、表示させるのは ・ ・ ・ ・

ファイルを変えたほうが、早いと思います
1~5ページは、「A」というファイルで保存し
6~10ページは、「B」というファイルで、保存し ページ番号を表示する
このほうが、悩んだり、方法を検索するより、早いし、スマートだと思います

[ 2020年04月22日 00:35 ] カテゴリ:LibreOffice Writer | TB(0) | CM(0)

LibreOffice Writer で、宛名書き その3

「はがき宛名書き.odt」を開く

  201505260006.png

設定で違うかもしれませんが、このようになっています

[編集(E)]→[データベースの交換(H)...] クリック

   201505260007.png

[データベースの交換]画面が表示される
 [検索(D)...]をクリックする


201505260008.png

[開く]画面が表示されるので 編集した「Address.ods」を選択する
 ※ σ(^_^) の場合 ファイル名を「Address_oji3」に変更した

「使用できるデータベース」欄に、選択した「Address.ods」が追加される
 前にある 田 をクリックする (または 「Address」を ダブルクリック) 


201505260009.png

「住所録データ」と表示されるので、クリックする
下にある [指定(E)]が表示されるのでクリックする


201505260010.png

[データベースの交換]画面が自動敵に閉じる

201505260011.png


[ファイル(F)]→[印刷(P)...] クリック

   201505260012.png


[LibreOffice 4.3.7.2](使用しているLibreOffice のバージョン)画面が表示される
[はい(Y)]をクリックする


201505260013.png

[差し込み印刷]画面が表示される
 
確認のため 1つのデータだけ選択して 印刷してみる
 
「レコード」欄 「すべて」ではなく 「始め(F)」にチェックを入れる
 「終わり(T):」 が、1 であることを確認
[OK]をクリックする


201505260014.png

[印刷]画面に変化する
左側のプレビューで確認する

201505260015.png


OK ならば 残りをすべて印刷する


[ 2015年05月26日 13:41 ] カテゴリ:LibreOffice Writer | TB(0) | CM(0)

LibreOffice Writer で、宛名書き その2

前回ダウンロードしたファイルの「Address.ods」を編集する

まずは どうなっているのか確認する

使用されている列は、A列から S列まで
A列の「 ID 」は、整理用番号 直接印刷には意味はない
B列の「 氏 」は、苗字
C列の「 名 」は、名前

 ※ このように、氏名は 分けて入力することが多い
   元のデータで 1つになっている場合は 関数などで分けてこのセルへ入れてください
D列の「会社名」は、会社名がある場合は住所と名前の間に表示されます
E列の「郵便番号」は、「-」(ハイフン)を入れて 8文字で入力
  関数で 1文字づつにして K列からQ列に取り出してあります
  おそらく 
  はがきの郵便番号の欄に当てはめるために 1文字1文字にした


F列 「都道府県」 今回の宛名書きでは 使用しないようです
G列 「市町村」  この列も印刷しないようです

  おそらく 住所表記が長くなることを嫌った
  郵便番号があるので 配達には問題ないでしょうから

H列 「住所1」 このセルにはコメントが設定してある
    住所の入力制限 住所の各欄の入力は、18文字以下に制限されます

I 列 「住所2」 ビル名やアパート・マンション名など
    この列も 住所の入力制限 住所の各欄の入力は、18文字以下に制限されます

  ※ H列・ I 列は、半角で入力されてあった場合に備え
     R列・S列で  JIS関数で全角にする設定


201505260004.png

 ご自分の住所録をこのシートの合うように入力してください

 ※ A列 から J列 まで 入力
    K列 から S列 には 関数が設定されています (2行目から 16行目まで)
    17行目以降の K~S 列の関数はオートフィルして追加してください



σ(^_^) の場合

 1.Sheet2 を 作成
 2.自分の住所録を貼り付け
 3.Sheet1の各列(Bから I 列)に合うように関数を設定
 4.コピーし テキスト形式で貼り付け


いちいち 手入力では大変ですから


[ 2015年05月26日 12:05 ] カテゴリ:LibreOffice Writer | TB(0) | CM(0)

LibreOffice Writer で、宛名書き その1

前回 はがきソフトの方が良いと思うと書きました



どうしても、LibreOffice で、やりたい方のため


最初に 設定してあるものをダウンロードします

OpenOffice.org ドキュメントプロジェクト 
上記のサイト (LibreOffice も 元は OpenOffice ですから 何の問題もなく使えます)
 
「はがき宛名書き 1.0」 欄にある

はがき宛名書き.zip を ダウンロードする
 201505260001.png

圧縮(zip形式)フォルダーで「はがき宛名書き」がダウンロード出来たら
中にある
「Address.ods」表計算
「はがき宛名書き.odt」テキスト
2つを マイドキュメントへ 移動(またはコピー)します

注意 Zipフォルダー内のままでは、読み取り専用になります

パソコンに 毛筆のフォントを入れます

LibreOffice のユーザーが好んで使用する
衡山毛筆フォント
窓の杜にも あります ココ 


201505260002.png

「kouzanmouhitufont.zip」という Zip フォルダがダウンロード出来たら
開いて 
中にある「衡山毛筆フォント.ttf」を Wクリックします


衡山毛筆フォント(TrueType)]画面が開いたら
インストール(I)]をクリックします


201505260003.png

とりあえず 今回はここまで

[ 2015年05月26日 11:18 ] カテゴリ:LibreOffice Writer | TB(0) | CM(0)
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR