FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  2009年05月

テーマの適用

テーマの適用
「テーマ」とは、
ワークブック全体の配色・フォント・効果を組み合わせたもの
Excelには、あらかじめ豊富なテーマが用意されている
・クール
・テクノロジー
・みやび
などの名前が付いている

テーマを選択するだけで、
それぞれの名前が持っているイメージ通りのワークブックになる

[ページレイアウト]タブ
[テーマ]グループ
 テーマアイコン

テーマは、配色・フォント・効果の3個で構成されている
*配色 塗りつぶしの色・フォントの色
*フォント 適用しているテーマのフォントが 一覧の一番上に表示される
*効果 適用しているテーマの効果が 
図形やグラフのスタイルの一覧に表示される

オリジナルのテーマの作成

1.新しい配色パターンを作成する
2.新しいフォントパターンを作成する
3.新しいテーマで使う効果を選択する
4.テーマに名前を付けて保存する
まずは 配色から

(1) [ページレイアウト]タブ [テーマ]グループ
配色 ▼ クリック 「組み込み」一覧から グレースケール選択
(2) [新しい配色パターンの作成]クリック
(3) ダイアログ 「テキスト/背景・アクセント1~6など」細かい設定
(4) 新しい配色パターンに 名前を付ける
(5) [保存]
次に フォント

(1) [ページレイアウト]タブ [テーマ]グループ
フォント ▼ クリック 「組み込み」一覧から エコロジー選択
(2) [新しいテーマのフォントパターンの作成]クリック
(3) ダイアログで 
英数字用・日本語文字それぞれ 
見出しのフォント・本文のフォントを詳細設定
(4) 新しいフォントパターンに 名前を付ける
(5) [保存]
最後に
(1) [ページレイアウト]タブ [テーマ]グループ
効果 ▼ クリック 「組み込み」一覧から テクノロジー選択
(2) [ページレイアウト]タブ [テーマ]グループ
テーマ ▼クリック [現在のテーマを保存]
(3) [ファイル名]名前を付ける
(4) [保存]

作成したテーマは 新しいワークブックや既存のワークブックでも適用できる
一覧の中に表示される
削除する際は、一覧で右クリック→[削除]
スポンサーサイト



[ 2009年05月10日 10:49 ] カテゴリ:office | TB(0) | CM(0)

変わった入力法

赤い丸で囲んだ「55」という文字を入力する
1入力位置の指定
2囲い文字の設定画面の表示 囲い文字アイコンクリック
 [囲い文字]ダイアログ 
 文字を入力 
 外枠のサイズに合わせる
(または、文字のサイズに合わせる)

 囲い文字選択 [OK]
3文字選択+[Shift]+[F9] 囲い文字のフィールドが表示
4{eq円o円c(○●、55)}と「●」を入力
5●のみ選択 右クリック フォントの色で 「赤」を選択
6[Shift]+[F9]キーを押す



下付き文字の設定
下付きにする文字を選択
[Ctrl]+[Shift]+[ほ]キー 
上付き文字 
[Ctrl]+[Shift]+[れ]キー ㎥
[ 2009年05月09日 07:49 ] カテゴリ:ワード | TB(0) | CM(0)

要約の作成

自動ツール
メニュー[ツール]→[要約の作成]
[要約の作成]ダイアログ
[要約の種類]欄
?要点を蛍光ペンで強調する
?要点をまとめて文書の先頭に挿入する
?要点だけまとめた新しい文章を作成する
?要点以外の場所を隠す

[要約の長さ]欄で
パーセンテージで要約のレベルを指定
[文書のプロパティを更新する]

[スペルチェックと文章校正]
[ツール]→[オプション]
[スペルチェックと文章校正]タブ
[文書の読みやすさを評価する]にチェックを入れる

修正など行った後 
[読みやすさの評価]ダイアログが表示される
[語数]
 文字数
 単語数
 文の数
 段落数
[平均]適正数があり比較できる
 1段落中の平均文数(適正値3~7文)
 平均文長(適正値25~45文字)
 句点間の平均文字数
[文字種]
 漢字
 カタカナ
 アルファベット
[ 2009年05月08日 07:42 ] カテゴリ:ワード | TB(0) | CM(0)

ワードの表計算

表のセルに対し計算式が作成できる
1.計算式を入力するセルを選択する
2.メニュー[罫線]→[計算式]
3.[計算式]欄に =A1*B1 などの数式を入力
4.[表示形式]欄で ▼クリックし 一覧から選択
5.[OK]
※計算式で 主に使用される関数


513-1

※セル範囲の表記  [Shift]+[F9]キー同時押し


513-2

表の数値を 変更した場合

エクセルと違い 自動で再計算されることは無く
変更を反映するように しなければならない

1.計算で表示されている数値の上で 右クリック
  (肝心なのは セル選択・右クリックではなく 
数値の上で右クリック)

2.フィールドの更新
3.他にも影響がある箇所に関して カーソルを移動し 
  [F4]キーを押す



[ 2009年05月07日 07:34 ] カテゴリ:ワード | TB(0) | CM(0)

貼り付け ・・・ワード

ワードにおける エクセルの表 貼り付けは 4種類 ある

 [貼り付け]
・コピーしてきた物を ただ単に 「貼り付け」
*結果は 表として挿入される
 [形式を選択して貼り付け] (貼り付け)
・「埋め込み」とも呼ばれる 別のファイルのデータを入れる
*結果としては 編集可能なオブジェクト(画像)として挿入される
 [形式を選択して貼り付け] (リンク貼り付け)
・貼り付け元のデータと 参照関係(リンク)を作る
*結果としては 編集可能なオブジェクト(画像)として挿入される
 [形式を選択して貼り付け] 図(Windowsメタファイル)
・図として 貼り付ける
*編集出来ない 図(画像)として挿入される

[ホーム]タブ 
[クリップボード]グループ
[貼り付け]▼ メニューから 
?[貼り付け]
※右クリック [貼り付け]の方法もある

?[形式を選択して貼り付け] [貼り付け]にチェック
?[形式を選択して貼り付け] [リンク貼り付け]にチェック
形式を選択して貼り付け

※[リンク貼り付け]の場合は 
貼り付け元のデータを変更すると
 貼り付け先のデータは自動的に更新される

?[形式を選択して貼り付け] [貼り付け]にチェック 
[貼り付け形式]欄 図(Windowsメタファイル) [OK]

削除
?表としての挿入なので 
表全体を選択し [Backspace]で削除
???の場合は (画像)なので 
選択したら [Delete]で削除

編集
?は表なので 通常の表のように直接編集可能
?埋め込みオブジェクトの場合は ダブルクリックすると
 メニューバーやツールバーのボタンがExcelに切り替わる
 WordからExcelの機能が使用できる 
?リンクオブジェクトの場合 ダブルクリックすると
 Excelが 起動し、貼り付け元のファイルが開き 編集
?編集不可


貼り付けたExcelの表がはみ出す場合
[形式を選択して貼り付け] 図(Windowsメタファイル)にすれば
左右の余白より内側に収まるように貼り付けられる
[ 2009年05月06日 15:25 ] カテゴリ:ワード | TB(0) | CM(0)

オブジェクトの挿入と変更 -ワード

オブジェクトの挿入と変更
Excelの表などを オブジェクトとして挿入できる
?挿入する位置に カーソルを移動
?[挿入]タブ→[テキスト]グループ 
・[オブジェクト▼]クリック
・[オブジェクト]
オブジェクトの挿入
 ?[オブジェクトの挿入]ダイアログ
・[新規作成]タブ
・[MicrosoftGraphグラフ]を選択 [OK]
オブジェクトの挿入ダイアログ

?データシートに データを入力
オブジェクトの挿入03


Word文書内に
アイコンからWord文書を 起動できるように設定する
?挿入する位置に カーソルを移動
?[挿入]タブ→[テキスト]グループ 
・[オブジェクト▼]クリック
・[オブジェクト]
オブジェクトの挿入

?[オブジェクトの挿入]ダイアログ
・[ファイルから]タブ
・[参照]クリック
[ファイルの場所]で ファイルを選択 ダブルクリック
[アイコンで表示]に ✓ を入れる
オブジェクトの挿入2

*アイコンの名前を設定する場合は
・[アイコンの変更]クリック
・タイトル欄に 入力 [OK]
オブジェクトの挿入04

[OK]

[ 2009年05月05日 13:50 ] カテゴリ:ワード | TB(0) | CM(0)

セルの色・文字の色でフィルタ

Excel2007
選択したセルの色・文字の色でフィルタ

セルの色や文字の色でオートフィルタを実行できる
2003までのExcelには、この機能は用意されていませんでした

オートフィルタを設定
 
フィールド見出しの[▼]ボタン
[色フィルタ]
[セルの色でフィルタ]から該当する色を指定
または 
[フォントの色でフィルタ]から該当する色を指定

ショートカットメニューから利用する
操作方法
選択したセルの色でデータを抽出する
選択したセルで右クリック
 
表示されたショートカットメニューから
[フィルタ]
 
[選択したセルの色でフィルタ]
または
[選択したセルのフォント色でフィルタ]

事前にオートフィルタの設定をしておかなくても
いきなりデータの抽出ができるそうです
[ 2009年05月04日 04:08 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

いろいろな拡張機能

Ichitaro Document Filter
(一太郎のインポート)
一太郎8/9/10/11のドキュメント(jtd, jtt)を
読み込むことができる
一太郎12以降のバージョンでも
一太郎11までの機能を使ったファイルは読み込むことが可能
StarSuite 9またはOpenOffice.org 3.0が必要
ココ
 

Sun PDF Import Extension
(PDFのインポート)
オリジナルのファイルがなくても
PDFファイルを修正できる
日付、数値、テキストの一部などの変更には
最適のソリューション
PDFドキュメントは
レイアウトを保持するためDrawやImpressにインポートされ
基本的な編集が可能
エクスポートが 最高の機能
StarSuite 9またはOpenOffice.org 3.0が必要
ココ
 

Sun Presenter Console
(プレゼン発表者用コンソール)
プレゼンテーションのスライドショー中の
コントロールを強化
次のスライドや発表用メモが確認できる
3種類の表示形式を簡単に選べるので
紙のメモを排除
スムーズで自信のあるプレゼンテーションを可能にする
※Presenter Consoleは
マルチモニタをサポートする環境でのみ動作
StarSuite 9またはOpenOffice.org 3.0が必要
ココ
 

Sun Presentation Minimizer
(プレゼンテーションのサイズ最小化)
Sun Presentation Minimizerは、
現在のプレゼンテーションのファイルサイズを縮小する
画像の圧縮だけでなく
不要データを削除する
機密情報を誤って公開することはない
※Sun Presentation Minimizerは 
Microsoft PowerPointプレゼンテーションにも適用できる
次のいずれかが必要:
StarSuite 8 (Update 8以上) StarSuie 9
OpenOffice.org 2.3以上、OpenOffice.org 3.0
ココ
 
[ 2009年05月03日 08:44 ] カテゴリ:OpenOffice | TB(0) | CM(0)

PowerPoint Viewer 2007 が起動しない

PowerPoint Viewer 2007 が起動しない
(動かない・作動しない・変わらない・何も起こらない)


対処法


 [スタート] ボタン→[検索] クリック
 [ファイルとフォルダすべて] クリック
 [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに
 「ppvwintl.dll」と入力 [検索]  クリック
  検索結果の一覧で、[Ppvwintl.dll] を右クリック
 [コピー] をクリック
 次のフォルダを開く
【C:Program FilesMicrosoft OfficeOffice12】
 このフォルダに "1033" という名前のフォルダが含まれる場合
手順 [] に進む

 このフォルダに "1033" という名前のフォルダが含まれない場合
 フォルダを作成
 [ファイル] → [新規作成] →[フォルダ] をクリック
 「1033」 と入力 [Enter]
 [1033] を開き、[編集] → [貼り付け] クリック

これで 大丈夫
 


パワーポイントビューワー2007はSP2になりました
[ 2009年05月02日 10:09 ] カテゴリ:office | TB(0) | CM(0)

積上げ棒グラフと集合棒グラフの複合

積上げ棒グラフと集合棒グラフの複合グラフは 
出来ない 

ですが
見た目そんな感じには、出来るそうなので テスト
複合グラフ



 B2:F5 で積上げ縦棒グラフを作成します
複合最初

 出来たグラフの目標部分を右クリック
 [書式設定]の[軸]タブ「第2軸」にチェック[OK]
複合02

 [グラフエリア]を右クリック[元のデータ]を選択
 [系列]タブで[追加]
 「値」欄に ={0} と入力 [OK]

複合03

 グラフを選択した状態で 
 グラフツールバーのオブジェクトの選択欄
 [系列5]を選択
グラフツールバー

 ツールバーで隣の書式設定をクリック
 [軸]タブで、第2軸にチェック [OK]

複合04

 積上げ縦棒を右クリック
 [書式設定][オプション]タブで
 [棒の重なり] 100 
 [棒の間隔] 300
 [OK]

複合06

 目標の棒を右クリック
 [重なり] -90 
 [間隔] 100
 [OK]

複合05

 凡例をクリック
 系列5を選択 [Delete]

複合07

 項目軸ラベルが多少ずれる

あとは 自分で いろいろ変化させてみるしかない
例えば 
[系列]を増やした場合
[重なり] の 数値を変化させた場合
[間隔] の 数値を変化させた場合
 
[ 2009年05月01日 15:39 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR