FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  2010年10月

色を条件に、セルの合計の計算

同じ色のセルを、選んで、計算する
いろいろな条件で、選択して計算することが出来るが
色で選ぶのが、一番難しい

特殊な条件が揃えば抽出し、計算させることはできる
*[名前の管理]を利用する
*[4.0マクロ関数を利用する
*作業列を作成する

?最初に、[数式]タブ [定義された名前]グループ [名前の管理]クリック

?[名前の管理]ダイアログ [新規作成]クリック

?[新しい名前]ダイアログ [名前]とりあえず「色番号」と入力
 [参照範囲]欄に、=GET.CELL(63,!G3)+NOW()*0
 この「GET.CELL」関数が、4.0マクロ関数 変に考えずそのまま真似する
  
GET.CELL(63,!G3)
 
※「63」はセルの背景色を検査する場合のGET.CELL関数の引数です。
 「!G3」は検査を行う対象セルアドレスを指定します。
NOW()*0

※4.0マクロ関数単体で使用した場合、入力時点での計算しか行いません。
 ワークシートの再計算時には再計算の対象になりません。
 そこで再計算の対象となる関数NOWを組み合わせることで再計算を有効にします。
 ただ、数値は影響して欲しくないので「0」(ゼロ)を掛けている

?この場合、H列(H3~H12)に「=色番号」と入力
*範囲選択し、「=色番号」と入力し、[Ctrl]キーと[Enter]キーを同時押し 一気に入力できる

?H列で色がついているセルの行のセルには数字が表示される

?後は、SUMIF関数で [=SUMIF(条件範囲,6,合計範囲)]
?作業列(H列)が目障りな場合は、H列を右クリックして[非表示]にする

注意:条件付き書式で塗りつぶしを設定してある色には対応できない

*色を番号で表示するので、番号を確認し、抽出させる
*Excel2007以降は、色の種類が多いので、微妙な色は同じ番号になる場合もある



4.0マクロ関数


「4.0マクロ関数」にはセルやワークブックの情報を把握する関数が複数用意されています。
「4.0マクロ関数」には次のような特徴があります。

Excel5.0以前のマクロ用言語  (現在は正式サポートしていない
セルに入力しても関数としては使用できない
単体では再計算しない
これに名前をつけることで間接的に利用することができる

セルやフォントの「色番号」を求めるには
4.0マクロ関数の「GET.CELL関数」を使用します
スポンサーサイト



[ 2010年10月30日 15:45 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

MS Office2007 は、不具合が多かった

最近でも、Microsoft Office 2007 に関する、不具合の質問が多い

私も、その質問がOffice2007の不具合かどうか わかっていて
回答しているわけではないのですが、
試しに、SP2(Service Pack 2)にアップしてもらったり
Office の修復を行ってもらうと、治ったという方が結構多いのです

ただ、Web上の Q&A で、回答するには、
質問する方の質問文があまりにもあいまいで、答えようがない場合が多い

自分で出来ることから、いろいろ試して欲しい

パソコンの不具合は
*パソコン自体が不調(OS・HDD・キーボードなど)
*ウィルスの影響
*使用しているアプリケーションの操作間違い
*インターネット関連の場合は、ファイアウォールの設定
*セキュリティソフトの影響
*メールの場合は、メールソフトの設定
*印刷の場合は、プリンタの設定
これらを、それぞれ確認してからでないと、どれとは言えない

基本的に
パソコンには、セキュリティソフトを入れて、有効な状態にしておく

 *入っていても期限が切れていたり、アップデートされていなかったりでは意味がない
WindowsUpdateを行って、常に最新の状態にしておく

最低条件で正規版を使用する 正規版でないとアップデートできない
 *WindowsUpdateには、当然、Officeのアップデートも含まれる

Office2007や2010が、インストール出来ない理由に
OSが、必要システム条件の日本語版オペレーティング システムになっていない場合がある
 OSのサービスパック (2010/10/30)
 XPは、SP3
 Vistaは、SP2
 *WindowsUpdateで、アップできる
 ※Windows XP SP3 をインストールするには、事前に SP1または SP2 が適用されている必要がある
サービスパックの確認方法は、
[スタート] クリック
[マイ コンピュータ] 右クリック
[プロパティ] をクリック
[全般] タブの [システム]に表示されている
そして、Officeにもサービスパックがあることを忘れている方も多い
Office2007は、SP2  ダウンロード ココ 
Office2003は、SP3  ダウンロード ココ  
※Office2007のバージョン確認は、
 [Officeボタン]→[Excelのオプション]
 [リソース][MicrosoftOffice***2007]のバージョン情報に表示されている
※Office2003のバージョン情報は、
 ツールバーの[ヘルプ]→[バージョン情報]

本人は、思い込みでOfficeが悪いと思っていても、
実際は、メールの設定を、「HTML形式」から「テキスト形式」にしただけで、送信出来たり
ファイアウォールの設定を下げただけで、普通に見ることが出来たり
プリンタの設定だけで通常に印刷が出来たり
セキュリティソフトを、入れていないで、ウィルスがいっぱい入っていたり
[ 2010年10月30日 11:43 ] カテゴリ:office | TB(0) | CM(0)

KingsoftOfficeのよくある質問

Kingsoft Office の よくある質問
1. フォントが変わってしまう

MS Officeで作成したファイルを開くと、フォントが変わってしまうという質問があるそうです
パソコンに入っているフォントの種類が原因で、そのファイルを作成したパソコンに入っているフォントを入れれば同じフォントで表示できる

2. シリアル番号の入れ方がわからない

最初に、試用版として使っていた方は、
 ?[スタート]→[すべてのプログラム]→[Kingsoft Office 2010]→[Kingsoft Office ツール]→[シリアル管理]
 ?[シリアル管理]ダイアログ [追加]クリック
 ?[シリアル番号を入力します]ダイアログに、番号を入力
※Writerなどソフトを起動し、メニューバー[ヘルプ]→[シリアル管理]でも同じ

3. マクロ機能

Kingsoft Office 2010は、マクロ機能に対応していません
マクロが設定されたファイルを開いても起動しません
※マクロ機能が消えるわけではない MS Officeで開けば再び機能する
※マクロに対応しているのは、「Kingsoft Office 2010 VBA 対応版

4. ツールバーが消えた

 ?[スタート]→[すべてのプログラム]→[Kingsoft Office 2010]→[Kingsoft Office ツール]→[詳細設定]
 ?[Kingsoft Office 詳細設定]ダイアログ
 [詳細]クリック
 ?次の画面で、[個別の修復]タブ [ツールバーのリセット]クリック

5. Microsoft Office 2007のデータの読み込みは出来ますか?

 読みこんで編集することはできるが、(*.docx/*.xslx/*.pptx)で保存できない

6. スキャナから直接取り込みできますか?

 スキャナやデジタルカメラから直接取り込む機能はない
 画像データを一度保存した後、画像ファイルをファイルの挿入する

Writer(ワープロソフト MSでは、Word) の 質問
1. 差し込み印刷は出来ますか?

ラベル印刷のような、1ページに複数のデータを印刷する機能はない
はがきのような1枚、1データを印刷するのは可能
 ?メニューバー[ツール]→[差し込み印刷ツールバー]クリック
 ?[差し込み印刷ツールバー]が表示される
 ?[データソースを開く]アイコンをクリック

 ?データソースを指定
 ?[差し込んだデータの表示]アイコンをクリック
 ?[差し込み印刷]ツールバーの以下の部分のアイコンをクリック
 それぞれのはがきにデータがしっかり入力されていることを確認
 ?印刷をする

2. [縦中横]の設定ができない
Kingsoft Office Writerには、[縦中横]機能はない


3. ワードアートは、どこから入れたらよいのか?

 Kingsoft Officeでは、[アート文字]という名称
 ?メニューバー[挿入]→[グラフィックス]→[アート文字]
 ?[アート文字]ダイアログが表示されるので、デザインを選択し、[OK]クリック
 ?[アート文字の編集]ダイアログに、表示したい文字を入力 フォントを設定 [OK]クリック
※[図形描画]ツールバーが表示してある場合、
 [アート文字の挿入]アイコンをクリックしても同じ


4. 原稿用紙は、作成出来ますか?
 Kingsoft Writerには、原稿用紙テンプレートはありません


※オフィシャルのヘルプには、ウェブサイトで無料で公開されているテンプレートなどを利用してくださいとあります

※参考:キングソフトで 原稿用紙 

5. 起動してすぐに日本語入力を始めるには?

 ?[ツール]→[オプション]クリック
 ?[編集]タブ [入力方法]欄 □起動時に日本語入力モードで起動する に チェックを入れる
 ?[OK]クリック

6. 定型句を利用できますか?

あいさつ文などの定型句を挿入する機能はない


Spreadsheets(表計算ソフト MSでは、Excel)の質問

1. 関数ウィザードが出ない

 Kingsoftには、関数ウィザードはない

2. ソルバーはありますか?

 Kingsoftには、ソルバー機能はない

3. CSVファイルがきちんと表示されない

CSVファイルを正確に開くには
 ?[ファイル]→[開く]
 ?[ファイルの種類]▼クリック一覧から[テキストファイル(*.prn;*.txt;*.csv)
 ?ファイルを選択 [開く]クリック
 ?[テキストファイルウィザード]で、次々進む、適切なオプションを設定
 ?[完了]クリック

4. 表のオートフォーマットは出来ますか?

[表のスタイル]プラグインで提供している
※プラグインを調べてください
 プラグイン 


5. 関数はいくつありますか?

 259個の関数 

6. ブックの共有は出来ますか?

ファイルの種類を、「.et」形式にした場合のみ、共有できます
*et形式で保存したファイルは、そのままでは、Excelで互換読み込みできません
 ?[ツール]→[ブックの共有]
 ?[ブックの共有] [複数のユーザーによる同時編集と、ブックの結合を許可する]にチェックを入れる [OK]クリック
 ?[名前をつけて保存]が表示される 保存場所を共有フォルダにして、名前を付けて保存する
7. 並べ替えは出来ますか?

 出来ますが、音読みを基準とした順序になる
8. ふりがなはふれますか?

 ふりがな機能はない
9. 罫線の鉛筆や消しゴムはありますか?

 ありません

Presentation(プレゼンテーションソフト MSでは、PowerPoint)
1. BGMがならない

パソコンの設定を確認してください
スライドに音楽を追加

 ? 音楽を追加したいスライドを選択
 ? [挿入]→[ビデオとサウンド]→[サウンド]
 ? [サウンドを挿入] サウンドファイルを選択 [OK]クリック
 ? 好みの設定を選択 [自動] [クリック時に]
 ? スピーカのアイコンが表示されます
全体に音楽を追加する

 ? 音楽を追加したいスライドを選択
 ? [挿入]→[BGM(音楽)]選択
 ? [BGM(音楽)の挿入] サウンドファイルを選択 [OK]を]クリック
 ? ファイルの上にスピーカのアイコンが、表示される

2. 組織図はありますか?

 ありません

3. クリップアート集はありますか?

 ? クリップアートを挿入したい位置にカーソルを置く
 ? [挿入]→[グラフィックス]→[クリップアート]
 ? [ワークウインドウ] 種類を変更したりして好みの画像を選択
 ? 画像が見つかったら、Wクリックする
 ※[図形描画]ツールバーが表示されている場合、[クリップアートの挿入]アイコンをクリックしても同じ


KingSoft Office 2010 
オフィシャルガイドブックより 抜粋 
要確認 → 
ココ 

このページにも、いろいろ載っています
KINGSOFT Office サポート
 
[ 2010年10月29日 11:56 ] カテゴリ:KingsoftOffice | TB(0) | CM(0)

PDF変換について

よくある質問で、Word・ExcelをPDFに変換したいので、無料ソフトを教えてほしい

Office2007 SP2 ・ Office2010 では、

ソフトは、必要ありません

[名前を付けて保存] 
[ファイルの種類]「▼」をクリック
 一覧から、「PDF(*.pdf)」を選択
 普通に[ファイル名]を入力すれば、PDF が出来ます
Excelの場合
 
Wordの場合


Office2007 を、まだ、SP2 に アップデートしていない方は、アップデートしてください
不具合も少なくなりますし、ウィルスにも強くなります
※逆に言えば、アップデートしないと、不具合が起きるし、ウィルスに弱いです

WindowsUpdateで、アップできます
インターネットで出来ない方は、CDも販売しているようです
DVD-ROM 送付サービス
サービスパック オーダーセンターから有償で (送料、DVD-ROM の実費分) で、DVD-ROM の申し込みができます。 
申し込みはこちらからできます。

マイクロソフト サポート オンライン


2007 Microsoft Office スイート Service Pack 2 (SP2)
および Microsoft Office Language Pack 2007 SP2 について

このページに中に

複数の製品に影響する変更

ファイル形式

*OpenDocument 形式 (ODF) のサポート
*拡張可能なファイル形式
*PDF/XPS 保存の組み込みサポート
 SP2 では Word、Excel、および PowerPoint 用に PDF/XPS のサポートが組み込まれています。
 アドインを別途ダウンロードする必要はありません。
2007 Microsoft Office スイート Service Pack 2 (SP2) 
必要システム
サポートされているオペレーティング システム (OS
):
Windows Server 2003 Service Pack 2
Windows Server 2008
Windows Vista Service Pack 1
Windows XP Service Pack 3

ここでも、条件になっている
OSもちゃんと、WindowsUpdate しておかないと
XPは、SP3 
Vistaは、SP1
(現在は、SP2ですが、この場合は、SP1まで上がっていればよい)
[ 2010年10月27日 15:26 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

行頭の「(」や「「」の前の空白の削除

時々ある相談に
行の最初に、「 があると、前が少し空いていて格好が悪い
こんな感じ 

この場合どうしたら、それなりに揃って見えるようになるか?
「 以外でも、( でも なるので

 [行の最初の記号]=[行頭の記号] 

行頭の記号を、1/2の幅にする


手順
1. [Ctrl]キーと[A]キーを同時押しで、文章すべてを選択
2. [ホーム]タブ [段落]グループ 「段落」の右のマークをクリック

3. [段落]ダイアログ [体裁]タブ
□行頭の記号を1/2の幅にする に チェックを入れる

4. 結果 「 が、半角になったので、先頭は揃ったように見える
 上下の文字列に、半角分のずれが生じる
[ 2010年10月24日 08:34 ] カテゴリ:ワード | TB(0) | CM(0)

オープンオフィスで、均等割り付け

OpenOffice.org3.2.1 で、均等割り付けする
この文章で、確認


行いっぱいに、均等に配置する


 均等割り付けしたい段落を選択し、

 [書式]→[段落] 

[配置]タブ [両端揃え]
 [最後の行]も[両端揃え]を選択   [OK]を選択




文字を均等割り付け


文字列を選択
 
[書式]→[文字] 

[位置]タブ
 [文字間隔] [広くする] 

間隔を自分で計算し数値を、入力
 この場合、3文字を、4文字にするので、
 1文字分(10.5pt)を、2か所の間隔で割って、
 「5.25」、「5.25」と入力しても「5.3」と小数点1位になる
プレビューで確認 [OK]クリック
  

3文字の文字列が、下の4文字と同じ長さになった

同様に、下の2文字の文字列を、4文字の長さに、する場合は、
2文字分の(10.5pt)×2=(21.0pt) を、間、1か所なので、「21.0」と入力

すべて行うと結果
  
[ 2010年10月21日 10:24 ] カテゴリ:OpenOffice | TB(0) | CM(0)

WinShot という 画像キャプチャーソフト

かなり、遅いのですが

WinShot と いうソフトが、便利だなと思います

ほとんどの画像を保存する作業(キャプチャー)は、
「Snipping Tool」
「PrintScrn」で、間に合っていました

たった1つ、残念だったのが、

「マウスのアイコンが撮れない」


それが、この「WinShot」で、マウスも一緒にキャプチャできる

ちょっとしたことですが、便利です
WinShotはパソコン画面の保存・印刷等を行うことができる、スクリーンキャプチャソフト

最新バージョン 1.53a
最終更新日 2007/05/15(公開:2007/10/20)
動作環境 Windows95/98/Me/NT4/2000/XP
種別 フリーソフトウェア
レジストリ 使用していない

と、紹介してありますが、Windows7でも、使用できました

紹介&ダウンロード
「窓の杜(まどのもり)」
 
使い方
 WinShotの使い方 

このソフトは、使い方を読んだほうが良いです
最初、使い方のサイトを知らなくて、
起動していたのに わかりませんでした
  って言うか わからないような起動の仕方です     

WoodyBells  
   作者のページです
[ 2010年10月19日 10:22 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

「カメラ」機能 Excel2007以降

たまに、質問コーナーで、

Office2007になってから、

「カメラ」機能が無いのでしょうか?


というのが、ありました

ちょっと探して、見当たらなかったので、

「無くても困らないでしょう」

と、答え、
代わりに「Snipping Tool」「PrintScrn」を教えていました
それに、2010では 「スクリーンショット」 もありました
本当に、自分には、必要なかったし、多分これからも使わないと思います

今日、偶然見つけました


リボンから外されていました (たぶん、いずれ削除される機能でしょう)
表示するには、「クイックアクセスツールバー」に登録する

手順

?クイックアクセスツールバーの右端にある「▼」をクリック
?表示される一覧から、「[その他のコマンド]をクリック

?[Excelのオプション][クイックアクセスツールバー]
が表示される
 [コマンドの選択]欄で、「▼」をクリックし、[リボンにないコマンド]選択
 下の一覧をスクロールして探すと、見つかるので、選択(クリック)
 真ん中にある[追加]をクリック
 [OK]クリック

?クイックアクセスツールバーに、アイコンが追加されて表示される

※ Excel2007・Excel2010ともに、同様の作業です
[ 2010年10月19日 09:47 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

マルウェアとウィルス 4

マルウェア対策


ウィンドウズの設定を見直したり、ソフトを最新にする
 参考:セキュアPSI

危険なWebサイトを、URLフィルターで遮断したり
 迷惑メールをスパムフィルターで受け取らないようにする

URLフィルターソフト
 参考:フィッシュウォール クライアント(セキュアブレイン)IE専用
 参考:ワット アドオン IE・Firefox・Google Chrome・Safari 
迷惑メール振り分けソフト
 スパムファイター スタンダード版 (デンマークのスパムファイター社) 日本語選択可能 有償版と無償版がある
 無償版には広告が挿入され一部の機能が使えなくなる
 個人の使用限定 同種のソフトに比べ判別能力が高い


マルウェア対策ソフトをインストールして、潜伏中のものを発見する

参考:Microsoft社の純正ソフト
   マイクロソフトセキュリティエッセンシャルズ
   Microsoft Security Essential  (略で、MSE)
 MSEは、Windowsの正規ユーザーのために提供しているマルウェア対策ソフト
 個人の利用に限り、Windows社のWebサイトをから無償でダウンロードできる


パーソナルファイアウォールで、不審な通信を遮断する

最初は、予防から
マルウェアが侵入しにくい状態にパソコンを保つ
ウィンドウズやインストールしてあるソフトが、最新で、脆弱性がない状態
つまり、
ウィンドウズアップデートをきちんと適用し、
アプリケーションソフトも最新に保つことが一番

次に
マルウェアに近づかない
危険なWebサイトを開く前に警告が表示される とか
マルウェアが添付されていそうなスパムメールを開かない

処置としては
信頼できるマルウェア対策ソフトを準備する
偽のマルウェア対策ソフトもあるので、十分に注意する
パソコンの起動と同時にメモリに常駐し、侵入を監視する
併せて、パソコンの不審な動きをインターネットへのアクセスから検知する
「パーソナルファイアウォール」も有効
OSのサポートというのが大事で、
既に
Windows2000
windowsXPのサービスパック(SP)2以前
そして
Windows Vista も サービスパック未適用は


サポートが終了している


サポートが終了しているということは、修正プログラムが提供されることはない
ウィンドウズのセキュリティセンターの 自動更新を有効 にしておく
マルウェア対策ソフトをインストールしておく
ウィンドウズには、ウィルス対策ソフトは含まれていないので、別途インストールする必要がある
マルウェアは自分自身や作業ファイルを隠しファイルにして、
ユーザーに発見されないようにすることがあります
怪しいファイルを発見しやすくするためにも、
隠しファイルと隠しフォルダを表示させ、
アイコンの偽装も見抜けるように、ファイルの拡張子をすべて表示させて置く
[ 2010年10月18日 11:51 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

マルウェアとウィルス 3

最新マルウェア 10

 タコイカウィルス
 ファイル共有ソフトのネットワークからダウンロードした画像や動画が、実は偽装されたマルウェア
 クリックすると、ファイルやアイコンがタコやイカなどの魚介類のイラストに置き換わってしまう
 そして、あっという間にパソコンのデータが破壊される  凶悪
 亜種には、個人情報やデータを盗み出すものもある
 トロイの木馬に属す 亜種:原田ウィルス 山田ウィルス

 ガンプラー
 昨年末から引き続き蔓延 被害が多かったもの
 昨年末には、ホンダ・JR東日本・ハウス食品など多くの大手企業サイトが改ざんされた、そして、そのページを見た人のも感染した
 ?企業のWebサーバーをマルウェアで攻撃
 ?パスワードを入手し、企業のサイトを書き換える
 ?見に来た人を企業のサイトからマルウエア配布サイトへ勝手に移動させる
 ?移動したサイトでマルウェアに感染
 トロイの木馬に属す 別名Troj/JSRedir-R GENOウィルス 

 偽ウィルス対策ソフト
 ウェブページを見ていると突如「ウィルス発見」の警告が表示され、駆除にソフトの購入が必要と迫られる
ここで、カード情報を入力するとお金を取られ、カード情報も盗まれる
画面には、「Nortel」「ANG AntiVirus」「SecuritiyEssentials 2010」など
それっぽい名前をかたる場合が多い
 トロイの木馬に属す 

 オートラン
 USBメモリをパソコンに挿すだけで、パソコンとそのネットワークが感染する
感染したパソコンに潜伏し、正常なUSBメモリがつながると自動起動用の設定ファイルを書き換える
 トロイの木馬に属する

 ボット
 感染したパソコンは、外部からロボットのように勝手に操られる
他の感染マシンと一緒にボットネットに組み込まれ、ネット犯罪者によるメール配信やサーバー攻撃に加担させられる
普段は無害で、ボットサーバーから命令があった場合に活動を始める
 トロイの木馬に属す

 ストームワーム
 スパムメールに、マルウェアが仕掛けられている
内容は、バイアグラ・競馬予想・ブランドコピー・出会い系など多岐にわたる
最近は、日本語が増えている
 ワームに属す

 エクスプロイト
 Microsoft社やAdobe社などのソフトは、脆弱性を解消するためアップデートを行いますが、この発表があってから対処できるまでの間を狙ってネット犯罪者がマルウェアを仕掛ける 
対処には、更新が早いマルウェア対策ソフトを常駐させるしかない
 トロイの木馬に属す

 PDF感染
 メールの添付ファイルに罠を仕掛けてある
 PDFファイルにも攻撃コードを埋め込めるので注意
 トロイの木馬に属する

 不正請求
 画面に突然「○○円請求、振込先は***」と表示され、パソコンを起動するたびに「未払い請求」と表示される
無視して、マルウェア対策ソフトで駆除する

 オンラインゲーム
 ゲームのIDやパスワードを盗まれ、本人に成りすまされる
自分の過去のログイン履歴をマメにチェックして、不正なログインがないか確認する パスワードを不定期に変更する
[ 2010年10月18日 10:35 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

マルウェアとウィルス 2

マルウェア(ウィルスの総称)の状況

今から5年前は、新しいマルウェアの発生は、年間1万種にも満たない
発生するたびに、大騒ぎになった

2008年ごろから、急速に増え
今では、概算で、年間100万種以上のマルウェアが誕生している

すべてが、オリジナルではなく、既存のマルウェアに少し手を加えた「亜種」といわれるものが爆発的に増えた

逆に、マルウェアの報告数が減少している
理由は、対策ソフトが普及したこと
 数が多すぎて逐一報告する暇がない

わたしも、相談を受けることがありますが、今現在 インターネットにつないでいたら、必ず、セキュリティソフトを入れるように言っています
この常時接続・ブロードバンド時代では、ちょっとで、大量のデータが入ってしまいますし、安全なサイトなんて存在しませんから

昨年末に、大手企業のホームページを見ただけで、マルウェアに感染したというニュースがあったように、侵入経路も巧妙化している

感染すると
*パソコンが使えなくなる
*個人情報が盗まれる

マルウェア
 不正プログラムの総称
ウィルス
 
 あるプログラムに寄生して、自分の複製をパソコンに埋め込む
 他のパソコンにも次々コピーし感染を広げる
*エクセルやワードのマクロを悪用したラルー・メリッサ
ワーム

 他のプログラムに寄生しないで、自分をパソコンに埋め込む
 メール等に添付され、大量に拡散する
*ラブレター・ハイブリス・コードレッド・ニムダ
アドウェア

 広告をポップアップなどで表示させる
 無害なものもあるが、無許可だったり無遠慮だったり、実害のあるケースもある
*体験版や無料版とともにインストールされるケースが多い
ルートキット

 ログオンやプロセス、ファイルやログを隠して、ユーザーに気付かれずにパソコンのシステムを直接操作する
*ソニーのコピーコントロールCDに利用された
エクスプロイト

 Officeやアドビ製品などのユーザーが多いソフトの脆弱性を攻撃する
 修正パッチが適用される前に行われるゼロデイ攻撃の主犯
*MSブラスター・オーロラ・DLL・ハイジャッカー
トロイの木馬
 普通のプログラムを実行したつもりが、実は不正なプログラムが立ち上がってくる
 他のパソコンに感染する能力はなく、いろいろなバリエーションがある
トロイの木馬のバリエーション
バックドア
 
 ネット犯罪者が、外部との連絡やがいぶからの侵入ができるように、無断でパソコンに通信の出入り口を作る
*フピゴン・ビフローズ・ポイズン
スパイウェア
 パソコンに保存されている個人情報を盗み出す
 入力したデータを外部に送信するキーロガーも含む
*アンチニー・パンプス。 ブラウザを乗っ取るものもある
ダウンローダー
 無害なソフトウェアに見せかけて先に潜入し、後から不正なプログラムを外部から招き寄せ、次々ダウンロードさせる
*ブレードラブ・ダウンアドアップ(ともにガンプラー関連)
ドロッパー
 無害なソフトウェアに見せかけて潜入、内部に不正プログラムを隠し持っていて、起動時にそのプログラムを実行する
*エルカーン(クレズ関連)・MTX・アルカリズ
[ 2010年10月18日 09:32 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

マルウェアとウィルス 1

コンピュータウィルス

通産省の定義というのがあるそうです
それによると
第三者のプログラムやデータベースに対して意図的に何らかの被害を及ぼすようにつくられたプログラム
次の機能を1つ以上有するもの
?自己伝染機能
?潜伏機能
?発病機能

ただ、定義されたのが1995年なので、
かなり状況が変わってきていて、現状に即していない


その後(1996年以降)では、
自己伝染機能がなく、多量にばらまかれるものが登場してきました
パソコンに詳しい方たちは、「ワーム」と呼んでいます

他に、
自己伝染機能(自己増殖機能)がなく、多量にばらまかれるわけでもなく、
パソコンに侵入した後に不正な挙動を開始するものが増えてきた
これを、「トロイの木馬」と呼ぶようになり、
さらに、今は、細かく分類されて、
「バックドア」「スパイウェア」「ダウンローダー」「ドロッパー」

と呼ぶこともあるようです

私のように詳しくない人間は、すべてウィルスだと思うのです

この時点で、

三大分類

ウィルス

ワーム

トロイの木馬


それなのに、今は、もっといろんな種類に
「アドウェア」
広告機能がある
「ルーキット」
こっそりシステム(OS)を乗っ取る
「エクスプロイト」
脆弱性を狙う
など

こんなに、多いと「ウィルス」という言葉だけではまとめられないということで、
「不正なプログラム」に名前を付けようということで
「マルウェア」という言葉が、使われ始めたらしいです

「マルウェア」= Malicious Software,Malware

 malicious  悪意[敵意]のある,意地の悪い


これは、パソコンに詳しい方たちの話で、私のようにそんなに詳しくない人間には、
この「マルウェア」が、「ウィルス」という言葉の意味になっています

「マルウェア」
という単語が出てきたら、
大きな意味の「ウィルス」の総称だと思えば良い
[ 2010年10月18日 08:34 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

KingSoftOffice2010 とMicrosoftOfficeの違い

よく聞かれるのが
KingSoftOfficeとMicrosoftOfficeとの違い

売りたがっているKingSoftのホームページで確認すれば少しはわかる
何故、「少しは」と入れたかは、自分の不利な情報は最小限にしか出さないから

Microsoft Officeとの搭載機能の比較
 


[ 2010年10月18日 03:11 ] カテゴリ:office | TB(0) | CM(0)

原稿用紙設定でルビ?

Word 2007・2010 では

ページ レイアウトを原稿用紙設定にした場合、

ルビ (ふりがな) が振れない


Word 2007 の ページ レイアウトを原稿用紙設定にした場合、
[ルビ] ボタンがグレーアウトされてルビ (ふりがな) が振れない

※ Microsoft Word 97、2000、2003 では、
 ページ レイアウトを原稿用紙に設定した場合、
ルビを振ることはできるが、ルビを正しく表示できない


理由は、どうでも 出来ないものは、出来ない

どうしても、ルビ(ふりがな)を振りたければ
そういう原稿用紙を 自分で作成するしかない


どこかのサイトに、作り方が書いてあったような
ε=ε=ε=ε=ε=┏( @_@)┛

検証はしてありませんが
原稿用紙のマス目の線は、
ヘッダーに、図形をグループ化して挿入されてあるそうです

この図形をコピー
通常の新規作成文書を開き、ヘッダーに貼り付け

ページ設定で、
[余白]
上下余白を25.4mm
左右余白を30mm
[文字数と行数]
原稿用紙の設定にする
文字数 : 20字
行 数 : 20行

[ページレイアウト]タブ
左のインデントを1.5mm位
右のインデントを-2.5mm位に設定
※文字単位だった場合
 [オプション][詳細設定][表示]欄
 ☑単位に文字幅を使用する の チェックを外す 

フォントの文字幅と間隔のカーニングの設定をオフ

段落]ダイアログ
[体裁]タブ
日本語と英字の間隔を自動調整する
日本語と数字の間隔を自動調整する
チェックを外す
[オプション]クリック
[Wordのオプション]
[文字体裁]
文字間隔の調整
間隔を詰めない
チェックを入れる

Wordのオプション
[詳細設定]
「読みやすさよりも文字の配置を優先して、文字の配置を最適化する」
チェックを入れる
[ 2010年10月15日 11:29 ] カテゴリ:ワード | TB(0) | CM(0)

IMEツールバー 3

念のため Windows7 の場合

Windows 7 言語バー
? [スタート] クリック [コントロール パネル] クリック
? 表示方法を「大きいアイコン」にした場合
   クリック

? [地域と言語]ダイアログ
 [キーボードと言語]タブで、[キーボードに変更]クリック

? [テキスト サービスと入力言語] ダイアログ ボックス [言語バー] タブ
 [言語バー] 欄 [デスクトップ上でフロート表示する] または [タスク バーに固定する] をクリック
 [言語バー アイコンをタスク バーで表示する] にチェックを入れる
  [OK] クリック
[ 2010年10月14日 20:44 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

IMEツールバーが消えた VISTA

Vista で、IMEツールバーを表示させる

(言語バーが、消えちゃった場合)


?[スタート] クリック [コントロール パネル] クリック
?[クラッシック表示] クリック [地域と言語のオプション] をダブルクリック

?[地域と言語のオプション] ダイアログ ボックス [キーボードと言語] タブ
 [キーボードおよび他の入力方法] 欄 [キーボードの変更] クリック

?[テキスト サービスと入力言語] ダイアログ ボックス [言語バー] タブ

?[言語バー] 欄 [デスクトップ上でフロート表示する] または [タスク バーに固定する] をクリック
 [言語バー アイコンをタスク バーで表示する] にチェックを入れる
 [OK] クリック
[ 2010年10月14日 06:09 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

IMEツールバーが消えた  XPの場合

IMEツールバーの捜し方

WindowsXPの場合

1.[スタート]→[コントロールパネル]を開く
[日付、時刻、地域と言語のオプション]をクリックする。

2.[日付、時刻、地域と言語のオプション]
[地域と言語のオプション]をクリックする。
 3.[地域と言語のオプション]
[言語]を開き、[詳細(D)]をクリックする。

4.[テキストサービスと入力言語]
基本設定の[言語バー(B)]をクリックする。

5.[言語バーの設定]
[言語バーをデスクトップ上に表示する(B)]にチェックを入れ[OK]を クリックする。



?タスクバーにカーソルを重ねてマウスを右クリックします。
?「ツールバー」→「言語バー」をクリックします。

?言語バーが表示されます。
※「言語バー」項目が表示されない場合は
 「スタート」→「コントロールパネル」をクリックします。
 「日付、時刻、地域と言語のオプション」をクリックし、「地域と言語のオプション」をクリックします。
 「言語」 タブをクリックし、「詳細」ボタンをクリックします。
 「詳細設定」タブをクリックします。「詳細なテキストサービスをオフにする」左側のチェックボックスにチェックが入っていないか確認します。チェックが入っている場合、クリックしてチェックをはずし、「OK」をクリックします。
[ 2010年10月14日 05:51 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

H22 CS技能評価試験 表計算 実技Aパターン

平成22年 コンピュータサービス技能評価試験 表計算 2級 実技Aパターン

課題1
 
※ 提供データ A1 
課題2
 ※ 提供データ A2 
課題3
 ※ 提供データ A3 
課題4
2003まで
 ※ 提供データ A4-2003  画像:yagou.jpg 
2007.2010
 ※ 提供データ A4-2007  Tシャツ.jpg 
画像の場合は ダウンロード(**KB)を クリックして下さい
[ 2010年10月06日 14:04 ] カテゴリ:コンピュータサービス技能評価試験 | TB(0) | CM(0)

日付について DATE関数にて 便利なメモ

日付

月末は、

DATE関数で、

第3引数の日付のところを「0」にすると、

前の月の月末になる

そこから、
締日20日で、その月の20日までは、その月の月末
21日すぎは、翌月末  

その日付が、A1セルの場合

=DATE(YEAR(A1),MONTH(A1)+1+(DAY(A1)>20),0)

前の月の月末になるので、
MONTH(A1)+1で、前の月にされても、その月の月末

20日締めで、
DAY(A1)>20 は、
21以上は、TRUE =1 つまり 「1」足すので、翌月
20未満は、FALSE=0 つまり何も足さないので、その月



第2月曜日は、何日?

A1セル 年 2010 (西暦)
A2セル 月 8

=DATE(A1,A2,14-WEEKDAY(DATE(A1,A2,0),2)+1)

第2なので14(=2X7)

14引く前の月末の曜日を出し

種類:2
月曜日=1~日曜日=7

月末が、日曜日な場合、
1日は「月曜日 第2月曜日は、8
月末が、月曜日=1の場合 
1日は「火曜日 第2月曜日は、7+7=14
[ 2010年10月05日 01:10 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

重複を判定

重複を判定



=IF(COUNTIF($B$3:B3,B3)>1,"名前重複","")

COUNTIF関数で、それぞれの値の数を調べ、2個以上ある場合
ポイントは、COUNTIF関数で第一引数「範囲」を入力する際
コピーして使えるように、[$B$3:B3]と 絶対参照と相対参照を組み合わせる

D3セルでは、$B$3:B3なので、B3セルしか調べませんから、当然 「1」
D4以下で、はじめて対象範囲が広がり始めます

2つ目から、「重複」と表示されます

複数列の重複


この場合、名前の重複は構わないが、同じ人が同じコースに希望した場合は二重申し込みになる

=IF(COUNTIFS($B$3:B3,B3,$D$3:D3,D3)>1,"二重重複","")

IF関数とネスト設定した場合、
条件にCOUNTIFS関数で、複数の条件を満たすセルの個数を求めて、
2つ以上ある場合は正の値 第2引数
無い場合は偽の値 第3引数
COUNTIFS関数は、Excel2007以降に、使用できるようになった関数


検索条件には、セルを抽出するための条件
数値、式、文字列で指定
条件の入力されたセル参照を指定することもできる
式としては、[>20]のように、比較演算子が使える
文字列の場合、ワイルドカード「*」「?」が使える
式や文字列を指定する場合は、「”」(ダブルクォーテーション)で囲むこと

範囲と検索条件は、ペアで使用し 最大[127]まで使える

戻り値は、検索条件1と検索条件2以降のすべてが満たされた場合の個数(行数)
[ 2010年10月05日 00:37 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

IFERROR関数

2007からの関数
IFERROR関数


式がエラーの場合は、第2引数[エラーの場合の値]を返す
式(第1引数)が正しい場合は、そのまま式の値が、返される


エラーでなければ 

IFERROR関数は、
IF関数とISERROR関数の両方の機能を備えた2007以降の関数
第一引数が、エラー値の場合、第二引数を返す


逆のエラーならば  → ISERROR関数と IF関数


IF(ISERROR(関数),””,関数) 

関数がエラーの場合、空欄、正しい場合関数

エラーの場合、TRUEなので、第2引数
エラーではない場合、関数が正しいので、第3引数に、関数を入れておく
[ 2010年10月04日 23:56 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

一部の文字を条件にしたい場合

一部の文字を条件にしたい場合

=IF(COUNTIF(A1,”東京都*"),”◎”,””)

A1セルが東京都で始まる場合、◎ 、違えば空欄

ワイルドカード
アスタリスク「*」「?」の使用



文字で始まる 文字で終わる 文字を含む 文字を含まない 文字で始まる3文字
*という文字自体を含む
ワイルドカード
もともとは、トランプなどのカードゲームで、
どのカードの代わりとしても利用できる特殊なカードのこと

コンピュータで検索などの処理を行う際に、
どんな文字の代わりにもなる特殊な記号のことを、ワイルドカードという

ワールドカードとして、使用される記号や機能は、ソフトや言語などによって異なる

Windowsなどで、ファイルを検索する際には、
通常、
0文字以上任意の文字数の文字列は、「*」
1文字は、「?」で指定する

Excelでは、いくつかの関数で、検索条件の指定などに利用可能
[ 2010年10月04日 23:42 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

数字か?文字か? - ISTEXT関数

数字か?文字か?

ISTEXT関数




セルの内容が、文字列である時に、TRUE


引数には、セル、数式、または、セル、数式、値を参照する名前を指定することができる

逆は、ISNUMBER関数




セルの内容が、数値の場合に、TRUE

N関数

数値を、数値

日付をシリアル値

文字列を、「0」 

TRUEの場合には、1

どういったときに使用するか?
[ 2010年10月04日 19:02 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

奇数か?偶数か? - 関数

奇数か?偶数か?

ISEVEN関数




引数に指定した数値・セル値が、

偶数のときに、TRUE

奇数のときに、FALSE


=IF(ISEVEN(B1),"☆","")

B1セルの値が、
「偶数なら、[☆]」 

「奇数なら、空欄」



応用で、偶数月と奇数月などの場合

MONTH関数と一緒に使い


B4セルに、シリアル値で日付が入っている場合

=IF(ISEVEN(MONTH(B4)),B4,"")

偶数月なら、そのまま表示、奇数月は、非表示
[ 2010年10月04日 18:48 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

今頃まだ、Office2010ベータ版とか言ってる

この時期になってもまだ

Microsoft Office 2010 ベータ版 とか言ってる人がいる


ベータ版(ベータばん、β版)とは、

正式版をリリースする前に

ユーザーに試用してもらうためのサンプルのソフトウェア

Office 2010 ベータ版は 2009 年 11 月にリリースされました。

Office 2010 ベータ版は、2010 年 10 月 31 日に機能を停止します
 ※ あと30日切った
その時点で、試用版をダウンロードするか、Office 2010 の製品版を購入するか

Office 2010 ベータ版は、2010 年 10 月 31 日に機能を停止します
機能しなくなった製品は、
[コントロール パネル] の [プログラムと機能] オプションを使用して、コンピューターから削除

インストール時に、
以前のバージョンの Office からのアップグレードを選択した場合
以前のバージョンを 手動で 再インストールする必要がある


引き続き Office 2010 を使いたい場合は、
別途 試用版をダウンロードするか、Office 2010 の製品版を購入

評価(試用)版を、ベータ版と 勘違い、または、混同している?


Office 2010 評価(試用)版は、
製品を評価するために 期間限定で使用できます

評価(試用)版を使用するには、ソフトウェアをダウンロードし、
インストール中に表示されるメッセージに従って、製品のプロダクト キーを入力する必要があります

プロダクト キーは、評価(試用)版のダウンロード画面に表示されています
評価(試用)版ソフトウェアのフル機能を利用するには、
インストール後 30 日以内にライセンス認証を行う必要があります


試用期間は評価(試用)版のライセンス認証を行った時点から開始され、
試用期間の終了日は ライセンス認証ウィザード上に、表示されます

試用版からの変換

変換は、
試用版から、製品版を購入し、製品版へ切り替えること

購入した製品版のプロダクト キーを入力


製品版パッケージをご購入した場合は、
評価版からプロダクトキーの入れ替えのみで移行することが可能
ただし、
ボリュームライセンス版の場合には、再インストールが必要

注意

Office 2010 試用版をインストール後に、
別の言語やバージョンの Office 2010 製品版に変換する場合は、
Office 2010 試用版もアンインストールする必要がある



Office 2010 ベータ版からの場合

ベータ版をアンインストールして

Office 2010 試用版または製品版をダウンロード

ライセンス認証

Office 2010 製品を使用するには、
インストール後 30 日以内に製品のライセンス認証を行う必要がある

試用版のソフトウェアはインターネットでライセンス認証をします

オンラインで ライセンス認証するには、
単体製品 (Word、Excel® など) を起動したときに表示される

ライセンス認証ウィザードの指示に従います



インストール時に ソフトウェアのライセンス認証を行わない場合は、

後で ライセンス認証できます


Microsoft® Office 2010 製品を起動して、

[ファイル] タブをクリック、

[ヘルプ] をクリック

試用版製品名の横にある [ライセンス処理] ボタン

[ライセンス認証] を選択

ライセンス認証ウィザードの指示に従う
[ 2010年10月04日 00:29 ] カテゴリ:office | TB(0) | CM(0)
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR