FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  2011年02月

Access 97 を Access 2007 で 開きたい

Access 97 を Access 2007 で 開きたい


検索中


[マイクロソフト サポート オンライン ]では
文書番号: 310937

Access 2002、Access 2003 または Access 2007
Access 97
または Access 2000 データベースを開けない、または変換できない


難易度 : 高
高度なコーディング能力、相互運用性、およびマルチユーザー環境の経験が必要
文書番号: 942394
Windows Vista および Windows 7 で Access 97 ファイル形式のデータベースを
Access 2007 または Access 2010 ファイル形式に変換できないことがある

Microsoft Windows Vista および Microsoft Windows 7 で
Access 97 ファイル形式のデータベースを
Access 2007 または Access 2010 でデータベース変換しようとすると
データベースの変換に失敗することがあります
スポンサーサイト



[ 2011年02月28日 21:17 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

Word2007 Word2010で 原稿用紙の時 拡張書式が使えない

Word2007 Word2010で 原稿用紙の時 拡張書式が使えない
よくある質問の中に
縦書きで ?! を 1マスに入れたい
というものがあります 
解答は 拡張書式の 「縦中横」を使う ですが
これが Word2007やWord2010で 原稿用紙ウィザードを使用し 原稿用紙のスタイルの場合
拡張書式が使用できません
通常は アイコン(ボタン)がはっきりしていますが
 
Word 2003の[文字の拡大/縮小]ボタンと同じ形状ですが 2007・2010では 拡張書式です

原稿用紙の場合 グレーというか クリックしても 反応しない状態になっています
Word2007

Word2010

通常 Word2010


ちなみに Word2003では 大丈夫です


では 如何したらよいか?
原稿用紙の設定を一旦解除して、普通の縦書きで文章を作り
該当文字を拡張書式で縦中横を設定してから、原稿用紙の設定にする


Word2003で作成した 原稿用紙のファイルを Word2010で開くと
なんと 拡張書式が 使用できるのです

ですから
このファイルを利用して 文字が入力されていないファイルにして
テンプレートとして 保存する 方法があります
原稿用紙2003
   または 原稿用紙2010 
[名前を付けて保存]ダイアログボックスで 
[ファイルの種類]を テンプレートにする

保存場所は ライブラリや ドキュメントではなく
出来れば
C:Users:ユーザー名:AppData:Roaming:Microsoft:Templates へ 保存
保存できた人は
次回から 原稿用紙にする場合
[ファイル]→[新規作成](開くではなく)→[マイテンプレート]
[新規]ダイアログボックス
[個人用テンプレート]タブの中から 先ほど保存した 原稿用紙を選択
[OK]クリック
[ 2011年02月26日 17:52 ] カテゴリ:office | TB(0) | CM(0)

Windows7 SP1(サービスパック1)

今日気が付いたのですが Windows 7 が サービスパック1 対応になっていた
Windows 7 Service Pack 1
    (KB976932)

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の Service Pack 1 により
お使いのコンピューターやサーバーを最新のサポート レベルに維持することができます

コンピューターを 1 台だけ更新する場合は、[ダウンロード] をクリックしないでください

より小さなサイズで、より最適化されたダウンロードを
Windows Update  から 利用できます

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 SP1 を最も確実に入手する方法は
自動更新機能を有効にすることです
 

お使いのコンピューターを最新に保つ
Windows 7 プラットフォームの、現在開発中の更新を取得する
過去の多数の更新プログラムを一度に適用する
増大するモバイル ビジネスの要求に対応する
仮想化テクノロジの最新の成果を利用する
より簡便な Service Pack の配置モデルにより、IT 効率を高める
[ 2011年02月26日 01:36 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

キングソフトで 原稿用紙

KingSoft Office Writer には 原稿用紙ウィザードはありません 

よく検索で このブログを見つけてこられる方が多いのです

知り合いの方で
Word(これはもちろんMicrosoftのものですが)をお持ちの方がいらしたら


原稿用紙ウィザードで、まだ文字を入力する前の状態のファイル

   

この状態のファイルを 名前を付けて保存して もらってください
※Microsoft Word の形式(.doc でも .docx でも OK)
※  原稿用紙.docx  試し方は 一番下

もらったら あなたは Kingsoft Office Writer で 開き
[名前を付けて保存]で、
ファイルの種類]を 
Kingsoft Writer テンプレート(*.wpt)]にする
[ファイル名]は、わかりやすく「原稿用紙」などとする


※ [ファイルの種類]をテンプレートにした瞬間 保存先が「templates」になるはず



そうしたら 一度 Kingsoft Writer を 閉じて
再度 Writer を 起動
[ファイル]→[このコンピュータ上のテンプレート]クリック



[テンプレート]ダイアログボックスが表示される
[標準]タブに
  *白紙文書
  *原稿用紙
 2つあると思います
 [原稿用紙]を選択 
 新規作成欄では ○文書 にチェックがある状態で [OK]クリック





[ 2011年02月23日 22:47 ] カテゴリ:KingsoftOffice | TB(0) | CM(0)

Windows XP SP3 のインストール前に

Windows XP Service Pack 3 のインストール前に  

 要点抜粋
Windows XP Service Pack 3 (SP3) を 正常にインストールするには、
インストール先のコンピューターが
Windows XP SP3 に対応しているかどうかを 事前に確認することをお勧めします

Windows XP SP3 をインストールするための必要条件
?Windows XP SP3 をダウンロードまたはインストールする前に、ハードディスクの空き領域を調べる
 1,100~約 1,765 MB 以上の空き領域
?以下の更新プログラムがインストールされている場合はアンインストールする
※これが ひっかっかる場合が多い

*Microsoft Shared Computer Toolkit
*リモート デスクトップ接続 (RDP) 6.0 MUI パック
  (Windows XP 用の更新プログラム 925877)
次の手順を実行します
a.[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします
b.[名前] ボックスに「appwiz.cpl」と入力します
C.[Microsoft Shared Computer Toolkit] または [リモート デスクトップ接続] をクリックします
D.[削除] をクリックします
エラーの場合

このエラーは、"Windows XP 用 Microsoft Shared Computer Toolkit" が既にインストールされているコンピュータに Service Pack をインストールしようとすると発生します。このバージョンのツールキットには、Windows XP SP3 との互換性がありません
エラーの場合?

このエラーは、"Windows XP 用の更新プログラム (KB925877)" がコンピュータにインストールされている場合に発生します。この更新プログラムには、リモート デスクトップ接続 6.0 (ターミナル サービス クライアント 6.0) 用 Multilingual User Interface Pack (MUI) が含まれています。この MUI パックには、Windows XP SP3 との互換性がありません。
?サードパーティ製のワイヤレス ネットワーク アダプターを使用している場合は、そのアダプターがサポートされていることを確認する
?ウイルス対策ソフトウェアを実行している場合は無効にする
Windows XP SP3 インストール前に やっておきたいこと
?コンピューター上のファイルの完全バックアップを外部の場所に保存する
?Windows XP Professional を実行している場合は、自動システム回復 (ASR) セットを作成する
?使用している Internet Explorer のバージョンを確認
*ブラウザーのバージョンを調べるには、[ヘルプ] メニューの [バージョン情報] をクリック
Internet Explorer 7 または Internet Explorer 8 を使用している場合は
Windows XP SP3 にアップグレードすると  Internet Explorer 6 には戻せなくなる

Windows XP SP3 インストール前に必ずする手順
 コンピューターを起動し、管理者としてログオンする
 コンピューターを電源コンセントに接続する
 バッテリ電源を使用してコンピューターを実行している場合は
インストール中にコンピューターに電力が供給されなくなるのを防ぐため
エラーの場合
 他のユーザーがすべてログオフしたことを確認する
 同時に複数のユーザー アカウントがログオンできるようなコンピューターの場合
 開いているすべてのプログラムを終了する
[ 2011年02月21日 16:56 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

昨日(2/11) ちょっと 書いたメモリについて

昨日 メモリのところで
「Vistaは 最低1GBは欲しい 画像を使用する方は 2~4GB 」
と、書きましたが
セキュリティソフトなどが、入っている場合は、1GBでは、足りません

Vistaで、あなたのパソコンが どの程度 メモリを使っているか
確認するには
方法1
「Ctrl」+「Alt」+「Del」キーを押してタスクマネージャを起動し
「パフォーマンス」タブを開く

方法2
 パソコンのデスクトップ右下の時刻表示のところ
ここを、右クリック
 右クリックメニュー から [タスクマネージャー]をクリック

 [タスクマネージャー]ダイアログボックスが表示される
はじめてのときは、[アプリケーション]タブなので、[パフォーマンス]タブをクリック
 [パフォーマンス]タブ
見た通り 上が CPUの使用状況 下が メモリの使用状況
※ この時、他のソフトを起動していません なのに、メモリが1GBを超えています
ちなみにパソコンは CPU:Intel(R) Core(TM)2 CPU 630 @ 1.86GHz 1.87GHz のメモリ(RAM):2.00GB
デュアルコアCPUのパソコンなので、CPU使用率のグラフが、2つになっています

見方は もうわかったとは思いますが 
下のメモリの欄で 一番上までバーが描画されている
グラフで、グラフ領域の一番上使用量100%付近に 表示されている場合

メモリを 増設 物理的に 増やさないと 不足している状況だという事

CPUの方が ソフトを起動したら 100%近い場合は パソコンの買い替えです
※CPUの交換は かなりパソコンに詳しい人しかできませんし、詳しいからできるとは限りません 
メモリの増設も 大きい電気店にパソコンを持っていき 作業してもらう方がよい
メモリにもいろいろな種類があり 相性が合わないと 起動しなくなります
自分でやって 壊すより プロにやってもらってください
[ 2011年02月12日 16:11 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

Word の エラーメッセージ


Word で文書を保存するとエラー メッセージが表示される、またはプログラムが応答を停止する

 ディスクの空き容量またはメモリが不足しているため、操作を完了できません
 ディスクの空き容量、またはメモリが不足しています。余分なウィンドウから作業中の文書を保存してください
 メモリまたはディスクの空き容量が不足しています。アプリケーションを終了してください(Path File_name)
このプログラムは不正な処理を行ったので強制終了されます。終了しない場合は、プログラムの製造元に連絡してください。
 ファイル アクセス権エラーのため保存できません

など のエラーメッセージ
注意 Word が、ちゃんと サービスパックを適応してある場合
Word2003 ならば、SP3 Word2007 ならば、SP2 (2011/2/11 現在)
サービスパックを適応していない場合 メモリが足りていてもなる場合があります

簡単に言ってしまうと 
パソコンの性能が 足りない


十分なメモリ
※確認の仕方    ※参考 ココ  
 マイコンピュータを右クリック [プロパティ]クリック

 ***RAM ← の ***が メモリ
 下の場合 0.98GB (=1GB(ギガ)のメモリ)
 初めの頃は XPならば 256MBあれば良いと言われていたが
 セキュリティソフトが、メモリを使うようになり 最低512MBは必要になってしまった
 ですから、画像などを使用する場合があるので 私は 1GBにしてある
 ちなみに Vistaは 最低1GBは欲しい 画像を使用する方は 2~4GB
 Windows7も 2~4GBは 欲しい

余裕のある保存場所

(例:HDD(ハードディスク)やフロッピー・SDカード・USBメモリなど)
いわゆるパソコンに保存する方(デスクトップやマイドキュメント)は
マイコンピュータをダブルクリックし 
ローカルディスク(C)と書いてあるものを、右クリック [プロパティ]クリック
空き容量を調べる
目安は よくメモリの容量くらいと言われていた
メモリが256MBのころは 空き容量が 256位 
今は 1GBのメモリなので最低1Gの空き容量が欲しい


原因

この問題が発生するのは、
Word やその他の Microsoft Windows 用プログラムで作業中に、
Windows ページ ファイルのサイズが増加した場合です
ページ ファイルが大きくなると、
利用可能なディスクの空き領域の大半またはすべてが使い果たされることがあります

注 : この問題は、特定のバージョンのウイルス対策ソフトウェアを実行しているコンピュータで発生することが報告されています。
また、空き領域のないフロッピー ディスクにファイルを保存する場合にも発生することがあります。
解決方法


この問題を解決するには、
ディスク ドライブの増設やディスク圧縮ユーティリティの使用により、ディスクの空き領域を増やします。
注 : ウイルス対策ソフトウェアを実行中の場合は、無効にします。
これで問題が解決した場合は、ウイルス対策ソフトウェアの製造元に、更新プログラムや回避策の有無について確認してください。


回避方法


この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用します。
必要のないプログラムを終了することにより、ディスクの空き領域を増やします。
必要のないプログラムを終了後、ページ ファイルのサイズが変更されるまでには、数分間かかる場合があります。
必要のないファイルを削除してディスクの空き領域を増やします。
たとえば、次の手順に従ってディスク クリーンアップを実行します。

注 : ディスク クリーンアップは
Microsoft Windows 98、Microsoft Windows Millennium Edition (Me)、Microsoft Windows 2000、および Microsoft Windows XP で利用できます。
[スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]
(Windows XP の場合は [すべてのプログラム]) をポイントし、
[アクセサリ]、
[システム ツール] の順にポイントし
[ディスク クリーンアップ] をクリック
[ドライブの選択] ダイアログ ボックスで、
クリーンアップを実行するドライブ (たとえば、[C:]) をクリックし、[OK] をクリック

[ディスク クリーンアップ] タブで、ファイルを削除する項目を選択
[OK] をクリック

フロッピー ディスク ドライブまたはネットワーク ドライブにファイルを保存します。
十分な空き領域のある別のフロッピー ディスクにファイルを保存します。
[ 2011年02月11日 19:08 ] カテゴリ:office | TB(0) | CM(0)

OpenOffice.org の開き方・保存について

?スタートセンターから [開く]

?メニューから[ファイル]→[開く]

?[標準]ツールバーの開くボタンをクリック


[開く]ダイアログボックスで ファイルを選択
[開く]ボタンをクリック


名前を付けて保存する


メニューから[ファイル]→[名前を付けて保存]を選択

[名前を付けて保存]ダイアログボックスで、
?保存する場所を選択
?ファイル名 入力
?[保存]ボタンクリック

上記の場合
[ファイル]の種類は、ODF表計算ドキュメント(.ods)(*.ods)でした
※表計算Calc だったので この拡張子は OpenOffice.org の表計算の保存形式です

他の人が この表計算ファイルを MicrosoftのOffice(Excel)で 開く可能性のある場合は

ファイルの種類[ODF表計算ドキュメント(.ods)(*.ods)  |▼]の▼をクリックし
Microsoft Excel 97/2000/XP (.xls)(*.xls) を選択

ファイルの種類を 変更する必要がある (Excel2003までの場合)
※Excel2007・2010は開くことが出来る


※できれば OpenOffice.orgの形式で マスターとして保存
 その上で、Microsoftのファイル形式でも 保存するほうが良い
互換性はありますが 完全互換ではないので 何かあった場合両方の形式で保存が望ましい


LibreOffice に 変更しよう!!

LibreOffice 日本語ホームページ 

[ 2011年02月08日 16:42 ] カテゴリ:OpenOffice | TB(0) | CM(0)

3.3

表計算の扱える範囲 OpenOffice 3.3.0 と比較


バージョンを 調べるには
メニューの[ヘルプ]から [OpenOffice.org 情報]

 

?スタートメニューから 作成したいドキュメントを選択
 [スタート]→[すべてのプログラム]→[OpenOffice 3.3.0]

Drawのアイコンが無いようですが、機能は あります

?デスクトップに作成されたスタートリンク(ショートカットアイコン)から起動 スタートセンター


別のOpenOffice.org が、起動している場合は
?メニューの[ファイル]→[新規作成] 表示されたメニューから選択

?[標準]ツールバーの[新規作成]ボタンクリック



LibreOffice に 変更しよう!!

LibreOffice 日本語ホームページ 

[ 2011年02月08日 15:00 ] カテゴリ:OpenOffice | TB(0) | CM(0)

OpenOffice.org 3.3.0 日本語版 リリースのお知らせ

OpenOffice.org日本語プロジェクトは

『OpenOffice.org 3.3.0 日本語版』を

2011年2月2日に リリースしました


対応
  ・ Windows (2000/XP/2003/Vista/7)
  ・ Linux (x86/x86-64)
  ・ MacOSX Intel/PowerPC (Tiger以降)
一部 変更部分の紹介
Calc の「標準」書式での自動小数点位取り

OpenOffice.org Calc で「標準」書式を利用する際に、
必要な分の小数点の位取りで数字を表示できるようになりました
以前のバージョンでは、
「標準」書式では小数点 2 桁までしか数字を表示することができませんでした
100万行に 表計算Calc

Calc での行数が、65,536 行から 1,048,576 (およそ100万) 行に増えました

Calc での CSV (コンマ区切り数値) インポート時の新しいオプション

特定の文字で区切られたデータが含まれている CSV ファイルをインポートする際に、新しく 2 つのオプションが利用できるようになりました
これらのオプションにより、
引用符で囲まれたデータをテキストとしてインポートするかどうかや、
日付、時間や科学表記といった特別な書式を含む数字の書式を
OpenOffice.org Calc が自動的に検出するかどうかを設定することができるようになります
検出機能は、使用する言語の設定に依存します

グラフへの図形の挿入

グラフの機能が強化され、図形を挿入することができるようになりました
描画ツールバーを使うことで、グラフに図形を挿入することができます
線、四角形、文字などの簡単なものだけでなく、
立方体、記号、ブロック矢印、フローチャートや星形などの、
複雑な図形を使うことができます
図形オブジェクトは、コンテキストメニューから開くことのできるダイアログボックスで編集することができます
また、テキストオブジェクトのフォントと書式も変更することができます

グラフでの階層的な軸ラベル

表計算シートの複数の列や行からデータを得るようなグラフでは、
最初の連続なデータの向きが検出されます。
もし、最初の連続なデータが列になっているのであれば、カテゴリーは複数の列に分離されます。
その他の場合は、カテゴリーは複数の行へ分離されます。分離されたカテゴリーは、横軸上にある別々の階層的なラベルとして適用されます。

その他の機能は 、OpenOffice.org 3.3 New Features(英語) を翻訳したページ  を見て下さい


LibreOffice に 変更しよう!!

LibreOffice 日本語ホームページ 

[ 2011年02月04日 14:07 ] カテゴリ:OpenOffice | TB(0) | CM(0)
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR