FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  2011年03月
月別アーカイブ  [ 2011年03月 ] 

≪ 前月 |  2011年03月  | 翌月 ≫

OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 3

今回は コンピュータサービス技能評価試験 表計算 2級の問題で
課題1 

ちょっと待って やってみる


「均等割り付け」と「列の数値」以外では 

罫線の設定で 点線(破線)が 選択肢にない


ですから この場合 細い線で 「青い色」で 設定しました
実線は 意図的に 太目にしました
参考情報

OpenOffice.org から 出た Office 

LibreOffice Calc では

[セルのフォーマット] 

 [配置]タブ 

横に 均等割付  縦に 均等割付


 [外枠]タブ 線 形状 に 

点線 2種類 が あります




正解例

前回 出来ないことで

グラフタイトルに 影はつけられない

ありましたが それらしく見せる方法が ありました
図形を作成し テキストを入力
図形を右クリック [表面]クリック

[領域]画面 [影]タブ □影を使う に チェックを付ける
 影の位置は プレビューで 確認し 下の位置で チェックする場所を変更する
今回は 位置が離れすぎていたので [間隔]の数値を 小さくし
色も [黒]では濃すぎるので[灰色]にしました

これで 図によるグラフタイトルが 出来たので 元のグラフタイトルを削除し
図によるグラフタイトルを 移動する

今回の問題で ちょっと 手間取ったのが 表題のところ
文字の配置 縦、横共に中央揃え

入力していて ついうっかり 改行していたらしく 図形内で 2行になっていたのに気が付かず 文字が縦の中央にならなかった
? 図形の挿入 図形描画ツールバーの四角形横に▼が付いている 基本シェイプをクリック

一覧から [四角形、丸い]を選択

B3セルからドラッグし J4セルまで
図形に 文字入力ができるように クリックし
入力状態になったら ツールバーで フォントの設定を行う MSゴシック・14ポイント・太字
文字を入力する  入力が終わったら 右クリック
メニューから [表面]クリック

[領域]画面 [領域]タブで、塗りつぶし欄で 「白」を選択
テキストの縦での中央の設定は 右クリックして表示されるメニューの[テキスト]クリック
[テキスト]画面で [テキスト]タブ [テキストアンカー]欄
 ○にチェックを入れた位置にテキストが揃う

OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 1
OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 2

OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 4

OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 5
 


LibreOffice に 変更しよう!!

LibreOffice 日本語ホームページ 

スポンサーサイト



[ 2011年03月31日 16:09 ] カテゴリ:OpenOffice | TB(0) | CM(0)

OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 2

OpenOffice.org3.3.0 で コンピュータサービス技能評価試験 表計算 を やってみて
Microsoft Office との 違いを 確認してみようと思った

前回は 3級の試験で 出来ないことを確認しました (互換の確認)
まとめ
  グラフタイトルに 影はつけられない
  凡例の順番が逆になる
 ※色の違いは ご愛嬌
  絶対参照 は [Shift]+[F4]
  セル内改行は [Ctrl]+[Enter]
  均等割り付けがない
  列幅の数値が合わない 数値の基準の違い
 ※ 行の設定の場合は 同じ基準らしく 指定の数値で 上手くいく
 
 ε=ε=ε=ε=ε=┏( @_@)┛     確認!!
 
Excel での数値は

 列の幅は、

   標準フォントで入力できる

半角文字の「文字数(ピクセル数)」


 行の高さは、  「ポイント(ピクセル数)」



要するに Excel の場合 列と行で 基準が違う 【 文字数 と ポイント 】
OpenOffice.org の場合 ポイントで設定した場合 列も行も 同じポイントで設定できる
ポイント以外では 
 * ミリメートル
 * センチメートル
 * インチ
 * パイカ  ・・・????(なんだろ?)

Excel と Calc で 列幅を設定する際の変換表
Excelの標準フォントが MSPゴシック 11ポイントの場合
 1 が 13ピクセル
 2 が 21ピクセル
10 が 85ピクセル

ですから 13+8×(文字数-1)ピクセル 一覧にしてみました

そして 私のパソコンでは 10ピクセル=7.5ポイントなので 1ピクセル=0.75ポイント


1(文字数)=13ピクセル=13×0.75 (ポイント)=9.75 ポイント 


 注意!! 私の場合です 参考にして ご自分の場合は 確認して下さい

OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 1
OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 3

OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 4

OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 5
 


LibreOffice に 変更しよう!!

LibreOffice 日本語ホームページ 

[ 2011年03月31日 15:57 ] カテゴリ:OpenOffice | TB(0) | CM(0)

OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 1

OpenOffice.org 3.3.0 で CS技能評価試験 表計算 3級の課題3をやってみた


結果

注意


  グラフタイトルに 影はつけられない
  凡例の順番が逆になる
 ※色の違いは ご愛嬌  この程度ならば 良しとしなければ
ついでに 課題1

結果

  絶対参照 は [Shift]+[F4]
  セル内改行は [Ctrl]+[Enter]
  列幅の数値が合わない 数値の基準の違い
課題2

結果

  均等割り付けがない
こちらの 設問3にある 行の高さ「15」は 15pt で 同じでした
参考情報:OpenOffice.org から 出た Office LibreOffice Calc では、
[セルのフォーマット] 
 [配置]タブ 横に 均等割付  縦に 均等割付  あります 設定できます
 
LibreOffice 3.3 をダウンロードするには
 ・・・→ ココ 
OSの選択 ・・・→ 例えば Windows
言語の選択 ・・→ ja-日本語

OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 2
OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 3

OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 4

OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 5
 


LibreOffice に 変更しよう!!

LibreOffice 日本語ホームページ 

[ 2011年03月30日 23:42 ] カテゴリ:OpenOffice | TB(0) | CM(0)

グラフの作成 6 OpenOffice.org 3.3.0

前回 折れ線グラフで グラフエリアに 色を付けた
 残念なことに 自分の画像をグラフエリアに設定することが出来ない

見た目それらしくはできる

グラフと同じ大きさの画像を

グラフの下に置き

グラフの表面を 透明にする

このグラフで やってみる

?グラフの大きさを 確認する B3:H21 セル範囲
?グラフをドラッグし B3:H21 セル範囲を空けるように 移動する

?グラフのバックにしたい画像を Calc に 挿入し 
 B3:H21 セル範囲に合わせる

?グラフをドラッグし 画像に重ねる

?すると 画像の下に グラフが 入ってしまった

?そのまま 画像の上で 右クリック 
 メニューから 整列 ▶ [最前面へ移動]クリック

?これで、グラフが前面 画像が背面になった

?グラフ上でダブルクリック(選択)し 右クリック [図領域の書式]クリック

?[グラフの表面]画面で [透過性]タブ ○透明化 に チェックを入れ
 [ 100% ]にする
 [OK]クリック

?すると 何の変化もないように見える

?しかし どこか グラフの範囲以外のセルをクリックすると 完成!!

※?と?では、ツールバーも変化している
補足

移動する可能性がある場合

画像とグラフを グループ化しておくとよい

図形描画ツールバーを 表示してある場合は
一番左にある 矢印のマーク([選択])をクリック

画像・グラフの範囲を選択(ドラッグ)

その状態で グラフの上で 右クリック
 メニューから [グループ化]→[グループ化]クリック

これで 画像とグラフが グループ化されたので 移動する(ドラッグした)場合 一緒に動く
図形描画ツールバーを 表示してない場合
[表示]→[ツールバー]→[図形描画]をクリック
 すると 図形描画にチェックが付き 表示される


LibreOffice に 変更しよう!!

LibreOffice 日本語ホームページ 

[ 2011年03月29日 22:29 ] カテゴリ:OpenOffice | TB(0) | CM(0)

グラフの作成 5 OpenOffice.org 3.3.0

折れ線グラフで グラフエリアを塗りつぶす
元のグラフ

まずは グラフエリアの色を変更

グラフをクリックしても 周りが の場合は 右クリックしてもダメ

上のような状態の場合は グラフエリアで ダブルクリックすると 下図のようになる

このようになってから 右クリック
メニューから [図領域の書式]クリック

[グラフの表面]画面 [表面]タブで 塗りつぶし欄 [色  |▼]
 「▼」クリック メニューが表示
 なし     ・・・ 色なし
 色      ・・・ 色を選択
 グラデーション ・・ メニューにあるグラデーションから選択
 ハッチング  ・・・ いわゆる網掛け10種類から選択 
 ビットマップ ・・・ Excelだと「テクスチャ」と呼んでいたもの

[ 色 ] では、「明るい灰色」を選択した場合で

[グラデーション] では、「線状 青/白」の場合で

[ハッチング] では、「黒 45度」の場合で

[ビットマップ] では、「白大理石」を選択
 プレビュー欄で 確認
[OK]クリック


同じような操作で 
Excelでは、プロットエリアと呼んでいる「グラフの壁面」も色も設定できる
「グラフの表面」と「グラフの壁面」の色を変えた場合
※グラフエリアとプロットエリアの色を変えた場合
 「グラフの表面」を ビットマップ「デージー」
 「グラフの壁面」を、色「明るい灰色」 
 「凡例の表面」も 「白」に設定



LibreOffice に 変更しよう!!

LibreOffice 日本語ホームページ 

[ 2011年03月29日 11:51 ] カテゴリ:OpenOffice | TB(0) | CM(0)

グラフの作成 4 OpenOffice.org 3.3.0

折れ線グラフで 線の編集(太さ・色などの変更) マーカーの編集(形・色など)
前回(グラフの作成 3 OpenOffice.org 3.3.0)のグラフで 1年生青の線を変更する
最初に 青色の線を選択(クリック)
選択されると マーカーに が 表示される

右クリック メニューから [データ系列の書式]を選択

[データ系列]の画面で [線]タブ
 線の属性欄 形状で [-実線 |▼] 「▼」をクリックすると
 実線以外のいろいろの線の種類が 表示される 好みの線種を選択できる
 試しに 「極細の破線」にしてみる

 色 で [グラフ1 |▼] 「▼」をクリック
 いろいろな色を選択できる
 試しに 「明るい青」にしてみる

 幅 で 線の太さを決めることが出来る
 試しに 「0.05cm」にしてみる

 透明化 100% は 透明 徐々に色が濃くなり 0% で 完全表示
 今回は 0% のまま
今度は マーカー(Excelでの呼び方)
[データ系列] [線]タブ アイコン欄
 [ 選択 |▼] 「▼」をクリック

*シンボルなし ・・・ マーカーなしにする
*自動     ・・・ 今の状態(それぞれに 自動的に異なったマーカーを付ける)
*ファイルから ・・・ 自分のパソコンに取り込んである画像を指定出来る
*ギャラリ   ・・・ OpenOfficeのギャラリにあるマーカーから選択
*シンボル   ・・・ マーカーの形の一覧
※参考:ギャラリの一部

※参考:シンボル

今回は ギャラリで  にする
 幅・高さ で マーカーの大きさを変更できる
 今回は 「0.25」から「0.30」に変更してみる
 [OK]クリック
※変更すると下のプレビューで確認できる

変更後のグラフ



LibreOffice に 変更しよう!!

LibreOffice 日本語ホームページ 

[ 2011年03月29日 10:37 ] カテゴリ:OpenOffice | TB(0) | CM(0)

グラフの作成 3 OpenOffice.org 3.3.0

グラフの作成 2 OpenOffice.org 3.3.0 のつづき
出来たグラフ

確認すると 縦軸ラベルの「冊」の文字が 横向いている
まずは 修正する方法
「冊」をクリック
 選択されると 周りに■ が表示される

右クリック メニューから [タイトルの書式]を選択

[Y軸タイトル]画面 [配置]タブで、文字の方向を 「90」を「0」に変更する
[OK]クリック

「冊」が 正常になった

「冊」の位置を 変更するには 選択した状態で ドラッグすればよい




LibreOffice に 変更しよう!!

LibreOffice 日本語ホームページ 

[ 2011年03月29日 10:02 ] カテゴリ:OpenOffice | TB(0) | CM(0)

グラフの作成 2 OpenOffice.org 3.3.0

グラフの作成 (基本) その2
今日は [グラフの種類を選択]で、「線」の場合
データは これ で やってみます

 B4セルから ドラッグし G10セルまで 選択する

 標準ツールバーの グラフ を クリック

 [グラフウィザード]が表示される
 ステップ 1.グラフの種類 グラフの種類を選択欄で 「線」を選択

今回の「線」の場合は 今までと 少し違う
右側の欄を 確認すると 
 ※上段の種類が 4種類
 ? 点のみ   ・・・ Excelでは、散布図
 ? 点および線 ・・・ マーカー付き折れ線
 ? 線のみ   ・・・ 折れ線
 ? 3Dの線  ・・・ 3D折れ線
 ※下段では
 □系列の積み上げ *「積み上げ」と「パーセント」
 □線の平準化

ですから 上の4種類のグラフで 標準・積み上げ・100%積み上げが選択できる
 「点および線」を選択 [次へ]クリック

 ステップ 2.データ範囲 になるが たぶん 分からないと思うので 
   この段階では そのまま [次へ] クリック

 ステップ 3.データ系列 
   データ系列欄(Y軸)を見ると 文学・科学・社会・娯楽・その他 となっている
データの系列(Y軸)は 1年生~6年生にしたい 修正するため [戻る]をクリック

 データ範囲を選択で [列内のデータ系列]だったので
   [行内のデータ系列]にチェックを付け直す [次へ]クリック
※作りたいグラフによって 違うので 修正できることが わかればよい

 ステップ 3.データ系列 に戻る
   今度は データ系列が 1年生~6年生になった [次へ]クリック

 ステップ 4.グラフ要素
   タイトル、凡例、およびグリッド線の設定の選択
 今回は タイトルとY軸ラベルを 入力
 *タイトル 「学校図書館図書貸し出し数」と入力
 *Y 軸  「冊」と入力
 凡例を表示 には チェックを付け 右 にする
 グリッド線を表示欄では Y軸 のみにチェック (Y軸だけ表示)
 [完了]クリック

 グラフが 表示される

今日はここまで 出来たグラフの修正は 後日


LibreOffice に 変更しよう!!

LibreOffice 日本語ホームページ 

[ 2011年03月28日 12:11 ] カテゴリ:OpenOffice | TB(0) | CM(0)

グラフの作成 OpenOffice.org 3.3.0

OpenOffice.org で グラフ作成を 最初からという希望がありました

最初は簡単なものから このデータで

?B2からD14まで ドラッグ 選択する

?標準ツールバーにある グラフのアイコンをクリック


?グラフが表示され その上へ重なるように [グラフウィザード]が表示される

?[グラフウィザード]1.グラフの種類
 ここで グラフの種類を 選択する
 種類には 現在(2011/3/26 現在) 以下の10種類から選択する
 
 今回は 「縦棒」で [次へ]
?2.データ範囲 複雑な一覧表など 細かな設定が必要な場合 ココで設定

?3.データ系列 データ系列の名前とデータを設定する
 単純な一覧では そのままでよい

?4.グラフ要素 ここでは グラフのタイトルやサブタイトル
 横軸・縦軸の軸ラベルの設定をする

今回は 練習なので 
タイトルは 練習用グラフ
サブタイトルは 最初のグラフ
横軸ラベル 月
縦軸ラベル mm
として 入力する
グリッド線は Y軸方向だけで [OK]クリック

?とりあえず グラフ完成


これは 縦棒の標準です Microsoft の場合は 集合棒グラフと呼ばれている
積み上げ棒グラフの場合は

積み上げパーセントの場合は

横棒(標準)の場合は

積み上げ横棒の場合は

積み上げパーセント横棒の場合は

円グラフですが この場合 系列が 2つ あるので 
円グラフと分解円グラフは 省略
ドーナツグラフの場合

分解ドーナツグラフの場合

標準表面グラフの場合

積み上げ表面グラフの場合

積み上げパーセント表面グラフ

今日は とりあえず ここまで


LibreOffice に 変更しよう!!

LibreOffice 日本語ホームページ 

[ 2011年03月26日 15:05 ] カテゴリ:OpenOffice | TB(0) | CM(0)

日付を入力するのに カレンダーから 入力したい

どうかな? と 思う 質問ですが
ワードで 日付を入力するのに カレンダーの日付をクリックすると
その日付が 入力できるような機能は無いか?


これが あるんですね

Word 2010 で 説明
? カレンダーを挿入する位置に カーソルを置きます
? [開発]タブの[コントロール]グループにある[日付選択コンテンツコントロール]ボタンをクリック


? [ここをクリックして日付を入力してください]というものが 表示される

? 右端の[▼]ボタンを クリック
? カレンダーが表示されるので、入力したい日付をクリック

? クリックした日付が挿入されます

? 日付以外の場所をクリックすると 枠や[▼]ボタンが消えて、日付だけが表示される
※ 印刷されるのは 日付だけ

? 日付の表示形式を 、「平成20年7月25日」や「平成二十年七月二十五日」などの形式にする
? 日付中をクリック
? [開発]タブの[プロパティ]ボタンをクリック

? [コンテンツコントロールのプロパティ]ダイアログボックスが開きます

? [日付の表示形式]で表示形式を選択
「平成23年3月26日(土)」の形式を選択
(表示形式の日付はダイアログボックスを開いた日付によって変化します)。
? [OK]ボタンをクリックします

カレンダーを削除する
日付中にカーソルを置いたあと、左端に表示される点が縦に3つ並んでいる箇所をクリック
[Delete]

日付だけを残して、カレンダーの機能だけを削除する
この場合は、日付が通常の文字となり、日付中にカーソルを置いてもカレンダーは表示できなくなります
1. 日付中にカーソルを置きます。
2. 右クリックしてショートカットメニューを開いたら、[コンテンツコントロールの削除]をクリック

3. 日付が通常の文字に変換され、以降、カレンダーは表示されなくなる
蛇足
Word の場合
?「へいせい」と入力

?スペースで 変換 候補の「平成」になる

?[Enter]キー 1回
 すぐ上に 今日の日付が小さく表示される

?もう一回「Enter」キーを押すと、今日の日付が入力できる
[ 2011年03月26日 11:27 ] カテゴリ:ワード | TB(0) | CM(0)

OpenOffice.org 3.3.0 Writer の行数と文字数の設定について  3

OpenOffice.org 3.3.0 Writer の行数と文字数の設定について  つづき
行数と文字数の設定 について OpenOffice.org 
OpenOffice の Q&A は すごい!!
 

これらを 行ったうえで
OpenOffice.org Writer の行数と文字数の設定を 試してみましょう
注意:あくまでも 私 個人での環境ですので 環境が違えば 違う場合もあります

Windows 7 64bit OpenOffice.org 3.3.0
[日本語環境改善拡張機能]を 最初 入れてありました
その後
[ファイル]→[ドキュメントテンプレート]→[管理]で
[ドキュメントテンプレートの管理]ダイアログボックス
[コマンド]→[標準テンプレートを元に戻す]→[文書ドキュメント]をクリック
これで [日本語環境改善拡張機能]のテンプレートは無効になったはずです

?縦向き 横書き 40文字×30行
?横向き 縦書き 42文字×34行
?から 設定 開始
[書式]→[ページ]

[ページスタイル:標準]画面 [ページ]タブ 確認
 [配置]欄  に チェックが付いている
 [文字の方向]欄 左から右へ(横書き) になっている
 [余白]欄 左・右・上・下 すべて 2.00cm に なっている

[行数と文字数]タブ デフォルト(私の場合)

グリッド線欄で ○行数と文字数を指定する に チェックを入れる


違いを確認して下さい


[行数と文字数の設定]欄で
 ページ単位の行数を 30にするため [20]の右の で [▲]の方をクリック


ここで、知らない方は 困る

「24」で 止まってしまう


私は 設定できることを 確信しているので 1文字の最大サイズを 小さくする
しかし 今回は 行単位の文字数 を 変化させてみる
行単位の文字数 欄で  で [▲]の方をクリック 予定の「40」にする
すると 1文字の最大サイズの数値も 同時に 変化し始める
行単位の文字数が 「40」になったら
1文字の最大サイズは、「20.00pt」から「12.00pt」になった

もう一度  ページ単位の行数欄の  で [▲]の方をクリック
今度は 変化するので 「30」に出来た

後は 罫線の表示欄です
ここの設定は 個人の好みと 状況で チェックを入れたり 外したりして下さい

参考は 右上の画像 これが プレビューになっています

もうひとつ 下の ☑罫線を印刷する
このように ☑ の場合は 罫線が印刷されます 
目安のため 罫線を表示したいけど 印刷はしたくない時は
✓ を外して □罫線を印刷する に すれば
編集・入力時には見えるけど 印刷は されません

[OK]クリックで 完成
確認


今度は ?横向き 縦書き 42文字×34行  の 設定
[ページスタイル:標準]画面 [ページ]タブで
配置
欄 ○横 をクリック チェックを入れる
すると 右上のプレビュー画面の画像が変化する

次に 文字の方向欄 [左から右へ(横書き) |▼]「▼」をクリック
[右から左へ(縦書き)]を選択

選択すると プレビュー画面の文字も変化する

次に [行数と文字数]タブ
グリッド線欄で、○行数と文字数を指定する にチェックを入れる

行数と文字数の設定欄で
今度は 先に 行単位の文字数欄の 数値を「42」にする

次に ページ単位の行数欄の数値を 「34」にする
すると 「33」で 止まってしまう

さぁ ここで 問題です

方法が 2つ 

(今思いついた 私の場合)

1.最大サイズを小さくする

2.余白を少なくする


1.最大サイズを小さくする
今回の場合 0.05pt 小さくしただけで 行数を「34」に出来た

2.余白を少なくする
 余白 左・右・上・下を 「1.00cm」に 変更

[行数と文字数]タブに 戻ると 行単位の文字数の数値が 変化している

元の「42」に戻す すると 1文字の最大サイズも変化

ページ単位の行数を「34」にする

2つの方法の 違いは 1文字の最大サイズ
最初の方法では 「11.40pt」
余白の設定では 「12.80pt」
文章中で 「12pt」のフォントを使用する場合 余白の設定のほうがいいかな?
このまま 罫線を表示し 印刷すれば 原稿用紙のようになる




LibreOffice に 変更しよう!!

LibreOffice 日本語ホームページ 

[ 2011年03月25日 12:28 ] カテゴリ:OpenOffice | TB(0) | CM(0)

OpenOffice.org 3.3.0 Writer の行数と文字数の設定について 2

OpenOffice の Q&A は すごい!!

この間 OpenOffice.org 3.3.0 Writer の行数と文字数の設定について
このブログでも 行数と文字数の設定 について OpenOffice.org  で アップしましたが
Q&Aの使い方 - OpenOffice.orgで困ったら   にも 質問を提出しておきました
もう 解答が 出ていました
OOo 3.3.0のWriterで 行数と文字数の設定で うまくゆかないケースがある
 
私の OpenOffice.org 3.3.0 Writer には 「日本語環境改善拡張機能」を入れてあります
「日本語環境改善拡張機能」で用意したWriterのテンプレートでは、
Wordのデフォルト設定とほぼ同じになる
「文字の罫線に正方形のマスを使用する(原稿用紙モード)」が オフ だそうです
 
ですので
[日本語環境改善拡張機能]のテンプレートを使わなければ 良いみたいです
その方法が
[ファイル]→[ドキュメントテンプレート]→[管理]で

[ドキュメントテンプレートの管理]ダイアログボックス
[コマンド]→[標準テンプレートを元に戻す]→[文書ドキュメント]をクリック

これで OpenOffice.org 3.2.1+[日本語環境改善拡張機能]と同じ環境だそうです
参考

 行数と文字数の設定 について OpenOffice.org 
 OpenOffice.org 3.3.0 Writer の行数と文字数の設定について  3 


LibreOffice に 変更しよう!!

LibreOffice 日本語ホームページ 

[ 2011年03月25日 12:02 ] カテゴリ:OpenOffice | TB(0) | CM(0)

特定の項目のデータだけ 別のシートへ

特定の項目のデータだけ 別のシートへ

要は 抽出 なのです

Sheet1に リスト(一覧表)がある それを 別のシートにグループごとに分けたい

参考:このデータは No.198 までです

この例で 行います  

各シートに 担当者別のデータを 表示する


?シートに 大塚・加藤・笹本・田中・邑上・森田のシートを作成する
?Sheet 1 の 列見出し(H2)をコピーし 各シートの A1に貼り付ける

?A2セルへ 各シートの名前(担当者名)を入力
※Sheet 1 と同じように 違うと 抽出できない (コピー貼り付けなら確実)

?まずは、シート「大塚」から
 シート「大塚」の C3セル を クリック
 ※上下左右斜めに 入力済みのセルが無いセルであれば 別に他のセルでも良い
?[データ]タブ→「並べ替えとフィルター」グループ[詳細設定]をクリック

?[フィルターオプションの設定]ダイアログボックスが表示される

?○指定した範囲 に チェックを 入れる
 抽出範囲欄が 入力可能になる

?リスト範囲欄を クリック 入力できるようにする

?Sheet 1 へ行き B2セルをクリック
 
?[Shift]キーと[Ctrl]キーを押しながら 
 [→]キー押し 
 [↓]キーを押す
※リスト範囲が Sheet1!$B$2:$H$200 に なる

?[Tab]キーを押すか 検索条件範囲欄を クリックする

?シート大塚のA1:A2セル範囲を ドラッグする
 検索条件範囲欄が 大塚!$A$1:$A$2 になる

?[Tab]キーを押すか 抽出範囲欄をクリックする
 B4セルを クリック
下に 入力済みのセルが無いように注意する あると 消えてしまう

?[OK]クリック
 抽出される


表を整える


*[担当者]欄は いらないので H列を 削除する
 H列選択 右クリック [削除]クリック


*B列からG列を 選択 幅を 調整する
 B列からG列を選択

列の間に マウスを移動 (マウスカーソルの形が 変わる)

ダブルクリックする (列幅が 調整できる)
 「No」の幅が 狭くなり 製品名の幅が 広がりすべて見えるようになる

同様のことを 各シートで 行う


※1・2行目が 邪魔なようならば 行の削除で 削除しても良い
[ 2011年03月25日 11:00 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

行数と文字数の設定 について OpenOffice.org

質問で 
>オープンオフィスドットオルグで40文字×30行を設定するにはどうすればいいですか?
>OpenOffice.org Writerで39×34に設定したいのですが、ページ単位の行数(34行)にできません
>open office writerを使用しています。縦書き、42字×34行に設定したいのですが、できません。
代表して 3番目の回答として (横向き 縦書き 42字×34行)
[書式]→[ページ]クリック


[ページスタイル:標準]画面
[ページ]タブ
配置 
欄で  ○横向き こちらに チェック

右側にある 文字の方向欄 で ▼をクリック [右から左へ(縦書き) ] にする
下の 余白 欄
全て(左・右・上・下) 1.00cm に 変更する

それから [行数と文字数]タブに行く
○行数と文字数を指定する これにチュックを入れる

行数と文字数の設定欄
ページ単位の行数 34 にする
行単位の文字数 42 にする

罫線は 表示したければ チェックを入れたまま
※印刷も したい場合は チェックを入れ 表示するけど 印刷をしない場合は外す
表示したくない場合は チェックを外す
[OK]クリック
本来なら これで 良かった

はずですが 

確認して 吃驚




なんと 行数が 32行になっている


設定を 確認しても ちゃんと 34行 42文字になっている
他の質問の場合で 確認
1番目 縦向き 横書き 40字×30行

2番目 縦向き 横書き 39字×34行


それぞれ 2行づつ 少なくなっている

1番目 30行の設定で 28行
2番目 34行の設定で 32行

注意:設定が上手くいった方は 無視して下さい
しばらくの間 

あたふた (((^^;)(;^^) ))あたふた

試行錯誤


わかった


[ツール]→[オプション]

[オプション - OpenOffice.org Writer - 全般]画面
 OpenOffice.org Writer の 全般 設定欄
 □文字の罫線に正方形のマスを使用する(原稿用紙モード) に チェックを入れる

[ページスタイル:標準]画面を確認する
画面内の違い
?グリッド線欄で ☑文字に合わせたマスを使用する が 無くなっている
?行数と文字数の設定欄で □ルビを対象文字の下または左に表示 が 増えた
?行数と文字数の設定欄で 「文字幅」が 「ルビ文字最大のサイズ」に変わった

この ページスタイル:標準 で 設定した場合は、ばっちりでした



その他には 

全て合っているのに
 
ページ単位の行数 の 数値を 変更できない

小さくなるが 大きく出来ない
 
その場合 

1文字の最大サイズの数値を 

変更してみてください

例:A4サイズ 縦向き 横書き 
 余白 左:3.00cm/右:3.00cm/上:3.50cm/下:3.00cm の場合
 行数は、36 以上にならない この場合 1文字の最大サイズが 12.00pt になっている
これを 10.50pt にすると ページ単位の行数は 39 まで 増やすことができる

または

先に 行単位の文字数 の 数値を 増やす

と 1文字の最大サイズが 自動的に増え 

ページ単位の行数も増やせる


 注意:入力する文字サイズは 設定したサイズより小さくする
参考
 OpenOffice.org 3.3.0 Writer の行数と文字数の設定について 2 
 OpenOffice.org 3.3.0 Writer の行数と文字数の設定について  3 


LibreOffice に 変更しよう!!

LibreOffice 日本語ホームページ 

[ 2011年03月24日 06:43 ] カテゴリ:OpenOffice | TB(0) | CM(1)

w(゜o゜)w オーッ  報告

Microsoft Answers  というサイトがあるのですが
そこで このブログが 引用されていました \(o⌒∇⌒o)/ ワァイ♪♪♪
[ 2011年03月23日 00:44 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

[合計]と[件数]など 複数項目の集計をしたい

ピボットテーブルで 実際に 集計を行う対象となる「値」フィールドに
複数のフィールドを指定することが出来る

そして、集計方法も [合計]だけでなく [データの個数]や[平均]など
複数の集計方法の中から 指定することもできる



このピボットテーブルの場合で 
最初に [金額]フィールドを [値]エリアに ドラッグ

本シートへ [金額2]の集計が 挿入された

*追加されたフィールドの項目名を右クリック
*[データに集計方法]→[その他のオプション]クリック

[値フィールドの設定]で、[集計方法]タブ 選択したフィールドのデータ欄で
[データの個数]をクリック [OK]クリック

シートを確認する

項目名が「データの個数/金額2」と長いので 「件数」に 変更する

再度確認

これで、合計と件数が 集計されたが 「各月」で 縦に2列になっているので
これを 横 2行に 並べ替える

[列ラベル]の[値]を [行ラベル]にドラッグ&ドロップする

シートを 確認する
かなり すっきりした表現になった
 
[ 2011年03月21日 10:18 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

レイアウトの変更 ピボットテーブル

ピボットテーブルは、「列」「行」「レポートフィルタ」の各エリア間で
自由にフィールドを入れ替えることが出来る

[担当者]フィールドを [商品名]の上になるように ドラッグ&ドロップ

レポートフィルタの[担当者]がなくなり 行フィールドの上に[担当者]が表示される


不要になったフィールドは、フィールドエリア領域外にドラッグ&ドロップすると 削除できる
[商品名]フィールドを エリア外へドラッグ&ドロップする

[商品名]フィールドがなくなる

[商品分類]フィールドを[担当者]の下へドラッグ&ドロップする

[担当者]→[商品分類]の集計表に変わった


ピボットテーブルツール [デザイン]タブ [レイアウト]グループ
[レポートのレイアウト▼]→[表形式で表示]選択(クリック)

一般的な集計表のスタイルになる
[ 2011年03月06日 18:47 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

レポートフィルタを追加 ピボットテーブル

[レポートフィルタ]にフィールドを追加すると 3次元集計が出来る
※[レポーフィルタ]に複数のフィールドを追加できるので4次元、5次元と多次元集計が可能


[担当者]フィールドを、[レポートフィルタ]領域までドラッグする
[レポートフィルタ]欄に [担当者]が入り
シートに[レポートフィルタ]が 追加された
追加された時点では、(すべて)になっている
「▼」をクリックし 担当者名を選択する

沖田さんだけの集計結果が表示される

さらに
[レポートフィルタ]領域に、商品分類フィールドを追加すると

縦にページフィールドが追加される
※横に 表示したい場合は、
 ピボットテーブルツール [オプション]タブ→[ピボットテーブル]グループ
[オプション]→[オプション]

ピボットテーブル オプション ダイアログボックス
[レイアウトと書式]タブ 
レポートフィルタエリアでフィールドの表示 
[上から下|▼]で、「▼」を クリックし [左から右へ]に変更
[OK]クリック

横に並んで 表示される
[ 2011年03月05日 18:11 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

ピボットテーブル その4

ピボットテーブルは、関数による集計とは違い
集計元のデータが変更されていても即座に反映されない
やってみます
既存のデータの最下行の日付を、「1月」(2002年1月1日)に変更してみる

ピボットテーブルのシートに移動する

何も変わっていない
[ピボットテーブルツール][オプション]タブ [データ]グループ [更新]をクリック

「更新」すると、変更したレコードが「1月分」としてピボットテーブルに反映される


今度は、新規レコードの場合
・新しいレコード(No.203)を入力する
・テーブルを適用しているので、テーブル範囲は自動的に広がる

同様に、[更新]ボタンをクリックする
ピボットテーブルが更新され、新しいデータが追加された


データベース範囲を [テーブル]にしておけば
データを修正しても、新規データを追加しても、[更新] を クリックすれば良い
[ 2011年03月04日 23:10 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

ピボットテーブル その3

続き
[売上日]フィールドを 「列ラベル」にドラッグする
・売上日フィールドが、「列ラベル」に追加できる

ワークシートは、こうなります

※日付が横方向に並んで、集計されている
 「列ラベル」は、このように、横方向に集計する項目を指定する
月ごとに、区切ってみる
・[日付]の項目を右クリック
・[グループ化]クリック

[グループ化]ダイアログが表示される
 単位欄で、「月」が選択されていることを確認
 [OK]クリック

結果

クロス集計が出来た
[ 2011年03月03日 22:28 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

ピボットテーブル その2

ε=(´・`。)ホッ
続き

・テーブル/範囲を確認する (今回は、「売上表」という名前にしたある)
・ピボットテーブルを 新規のシートに作成したいので、○新規ワークシートにチェック
・[OK]クリック
新しいシート(Sheet1)が出来る
[ピボットテーブルツール][オプション]タブと[デザイン]タブが表示されている

[フィールドリスト]が、右側に表示される


使用するフィールドをオンにする
とりあえず、「商品名」と「金額」にチェックを入れる
下のフィールドエリア領域も確認する
・行ラベル欄に、商品名
・値欄に、合計/金額

商品ごとの1次元集計表が出来た


※フィールドエリアは、「レポートフィルタ」「列ラベル」「行ラベル」「値」の4つに分かれている
・「値」エリアが、集計対象にする数値フィールドを指定する領域
・「列ラベル」「行ラベル」が集計表の横項目と縦項目にそれぞれ該当する
*表示をオンにしたフィールドは、数値フィールドは「値」エリアになる
 その他のフィールドは、「行ラベル」エリアになる
[ 2011年03月02日 21:41 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

ピボットテーブル その1

ちょっと ピボットテーブルをやってみようかな?
まずは、基準となるデータは、これにしよう 233行まである データの数は229

最初は、言葉から
「ピボットテーブル」⇒「ピボット」=回転できる「テーブル」
集計項目の縦と横を自由に入れ替えて、
いろいろな視点から データの傾向を見ることが出来る


バージョンごとに機能が変更されている
 *Excel200 ⇒ 「ピボットグラフ」機能が追加
 *Excel2002/2003 ⇒ 作成方法が変更
 *Excel2007 ⇒ 各種ウィザードが廃止
 ※2003までは、ウィザードで複数範囲を指定できたが、2007の手順では指定できない

※従来のウィザードを表示したい場合
 クイックアクセスツールバーをカスタマズし、
 [ピボットテーブル/ピボットテーブル ウィザード]ボタンを追加する
 または、[Alt]+[D]を押し、その後 [P]キーを押す
参考 [Alt]キーと[D]キーを同時に、押した後の画像

この画像が、表示されたら、[P]キーを押す と ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザード - 1/3 が、表示される

集計元のデータベースには、[テーブル] を適用しておく
または、テーブル範囲全体に「Database」などの[名前] を付けておく
 これにより、新規データを追加しても、すぐに更新できる
通しナンバーを付け [テーブル]に変更します

準備は、終了したので、

ピボットテーブルを作成します


?テーブル内(データベース内)の任意のセルを選択 (C8セル選択)
?[挿入]タブ [ピボットテーブル]ボタンクリック

?[ピボットテーブルの作成]ダイアログが表示される

ちょっと 失礼 続きは、後で ε=ε=ε=ε=ε=┏( @_@)┛
[ 2011年03月01日 16:22 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR