FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  2011年07月
月別アーカイブ  [ 2011年07月 ] 

≪ 前月 |  2011年07月  | 翌月 ≫

行数と文字数の設定 42字x34行 LibreOffice Writer

LibreOffice Writer 42字x34行 の設定

1.Writer を開いたら [ツール]→[オプション]
2.オプションで LibreOffice Writer - 全般 選択
3.設定 [ 文字の罫線に正方形のマスを使用する ]のチェックが入った状態にする
4.[書式]→[ページ] クリック
  ページスタイル:標準  [ページ]タブ
  配置 「 横 」を選択
  文字方向 「右から左へ」(縦書き)を選択
  余白を すべて(左・右・上・下) 「2.00cm」にする
5.[行数と文字数]タブ
  グリッド線欄 【 行数と文字数を指定する 】 を選択

6.[行数と文字数の設定]欄
  最初に [行単位の文字数]を 「42」にしたいのですが
  設定可能範囲が (1-35)になっている
  この場合は [1文字の最大サイズ]の数値を 小さくする

  ここは カン で 「11.00pt」にする


この状態で [OK] クリック 

一度 [ページスタイル:標準]を閉じる

[書式]→[ページ] クリック

再度 [ページスタイル:標準]を 開く

何故か? 設定可能範囲が (1-43)になる


[行単位の文字数]を 「42」にする

[ページ単位の行数]を 「34」にする
[OK] クリック


確認する


出来てはいるが 左右の余白が 広すぎる
もう一度 [書式]→[ページ]
[ページスタイル:標準] [行数と文字数]タブを開く
[ルビ文字の最大サイズ]の数値を [ページ単位の行数]の設定可能数値を見ながら
(1-34)になるまで 数値を大きくする
今回は 「9.40pt」でした

[OK] クリック
再度確認する


原稿用紙にした場合


スポンサーサイト
[ 2011年07月31日 02:56 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

行数と文字数の設定 34字x42行 LibreOffice Writer

LibreOffice Writer 行数と文字数を設定する場合

重要なこと

1.LibreOffice Writer - 全般で 


[ 文字の罫線に正方形のマスを使用する ]にチェック


2.用紙の向き・文字方向・余白を先に設定

3.行単位の文字数を先に設定

4.ルビ文字の最大サイズで 行数設定範囲を調整する

LibreOffice Writer 34字x42行 の設定

1.Writer を開いたら [ツール]→[オプション]
2.オプションで LibreOffice Writer - 全般 選択
3.設定 [ 文字の罫線に正方形のマスを使用する ]のチェックが入った状態にする
4.[書式]→[ページ] クリック
  ページスタイル:標準  [ページ]タブ
  配置 「 横 」を選択
  文字方向 「右から左へ」(縦書き)を選択
  余白を すべて(左・右・上・下) 「2.00cm」にする

5.[行数と文字数]タブ
  グリッド線欄 【 行数と文字数を指定する 】 を選択
6.[行数と文字数の設定]欄
最初に [行単位の文字数]を 「34」にする

7.[ページ単位の行数]を 「42」にしたいが 設定可能範囲が (1-36)になっている
  そこで [ルビ文字の最大サイズ]を 設定可能範囲を確認しながら 小さくする

今回の場合 「3.15pt」になった時点で (1-42)になった

[ページ単位の文字数]を 「42」にする
[OK] クリック


確認する



原稿用紙用に 罫線を表示した場合


[ 2011年07月30日 02:11 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

ピポットテーブル ?  LibreOffice Base

Access の教本には ピボットテーブルが 項目として入っている

そこで
 

LibreOffice Base の場合は どうするか?


LibreOffice の場合 Base で ピボットテーブルを作成するのではない
Base のファイルを データベースとして 登録して Calc で ピボットテーブルを作成する
自分で作成した場合は 自動的に 登録されているかもしれないが
人からもらった場合などは 登録されていない

そこで 今回 売上管理o_2.odb  を ダウンロードした場合
保存した場所を 覚えておく
1.Calc を 開く (別に Base でも可)
2.[ツール]→[オプション]


3.オプション - LibreOffice
  田 LibreOffice Base の 田の部分をクリック


4.LibreOffice Base が開き 「接続」と「データベース」が表示される
  「データベース」をクリックする


5.すでに 登録したものがある場合は [登録したデータベース]に 表示される
  今回は 実験のため すべて削除した
  そこで 今回の「売上管理o_2.odb」を登録するために [新規作成]をクリック


6.[データベースリンクを作成]画面が表示される
  [ブラウズ]をクリックする


7.[開く]画面が開くので 保存したフォルダを開き ファイルを指定
  [開く] クリック


8.[データベースリンクを作成]画面 登録名欄に 「売上管理o_2」と表示される
  [OK] クリック


9.[登録されたデータベース]欄に 「売上管理o_2」が表示される
  [OK] クリック


データベースを登録出来た


ピボットテーブルの作成

1.[データ]→[ピボットテーブル]→[作成] クリック


2.[ソースの選択]画面が表示される
  【 LibreOffice Base に登録したデータソース 】 に チェックを入れる
  [OK] クリック


3.[データソースの選択]画面が表示される
  [種類]欄の [シート |▼] の ▼ をクリックする


※ ここが 「シート」のままだと テーブルしか選択できない
  今回は 「売上Dクエリー」を利用したいので 「クエリー」を選択する
  [OK] クリック




[データパイロット]画面が表示される


 「商品名」を 「行フィールド」へ ドラッグ
 「担当者名」を 「列フィールド」へ ドラッグ
 「金額」を 「データフィールド」へ ドラッグ
  [OK] クリック


ピボットテーブルが 出来た



参考 : 売上管理o_2.ピボット.ods 


LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月29日 15:11 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

売上集計 クエリー  LibreOffice Base

売上金額を 「商品」ごとに 集計する

今までと同様に  「売上Dクエリー」から クエリーを作成する
「商品CD」「商品名」「金額」のフィールドを ダブルクリック 登録する

「商品CD」の関数欄を クリックすると [(関数なし) |▼]と表示される

▼ を クリック 一覧から 「GROUP」を選択する

「商品名」欄も同様にする
「金額」欄では 一覧から選択するのは 「SUM」を選択する

[クエリーデザイン]ツールバーの[クエリーの実行]  をクリック
商品ごとの集計が表示される

名前を付けて保存する


今できた 「売上集計クエリー」を印刷用に レポートを作成する
[データベース]ペインで 「レポート」を選択
[タスク]ペインで 「ウィザードを使用してレポートを作成」を選択

レポートウィザード ステップ1.フィールド選択
[テーブルまたはクエリ―]で 「クエリー:売上集計クエリー」を選択

すべてを選択し [次へ] クリック

ステップ2.ラベル付けフィールド
SUM(SYSTEM_SUBQUERY."金額")フィールドのラベルを 「合計金額」にする
[次へ] クリック

ステップ3.グループ化
何もせず [次へ]クリック

ステップ4.並べ替えオプション
何もせず [次へ]クリック

ステップ5.レイアウトの選択
表形式
縦方向 に する

ステップ6.レポートの作成
レポートのタイトル欄に 「売上集計表」と入力
[完了]クリック

レポートが表示される

[合計金額]の数値を 通貨表示に変えたいので 一度閉じて
[レポート]ペインの「売上集計表」を右クリック [編集]を選択

合計金額のテキストボックスを選択

プロパティで 書式設定の右端  をクリック

[数の書式]が表示されるので 「通貨」を選択
 [OK] クリック

プロパティでは 書式設定欄が 「1,235」となる
横方向の配置に関しても 右にする

ついでに 「合計金額」も 右配置にする
上書き保存して 閉じる
再度表示してみる

何か 表題のようなものが欲しい
そこで もう一度 編集で開く
[レポートコントロール]ツールバーの「ラベルフィールド」をクリック

ページヘッダー欄に ドラッグし 枠を作成

プロパティで タイトル欄の「Label」を 「商品別集計」にしてみる

フォント欄で 右端の  をクリック
[文字設定]で わかりやすく フォント「HGP創英角ポップ体」サイズ「24」にする

横方向の配置を 「中央」にして 上書き保存 閉じる
再度開く


参考 : 売上管理o_2.odb 


LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月28日 14:13 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base

前回は ピンポイントで 日付でしたが 
今回は ~から~まで と 期間を指定し データを抽出する
例として 2001/11/1 ~ 2001/11/30 の 期間

前回と同様に 「売上Dクエリー」から クエリーを作成する
選択するのは すべてのフィールドに加えて 「売上日」を 2つ追加する
ただし [表示]欄のチェックは外す

その「売上日」フィールドの条件欄に それぞれ
「 >=:期間開始日を入力 」 と 「 <=:期間終了日を入力 」 を入力する
※ この入力も ちょっと違うと エラー表示になる

[クエリーデザイン]ツールバーの[クエリーの実行]  をクリック
[パラメータの入力]画面  
「パラメータ」欄で 「期間終了日を入力」が選択されている
「値」欄に 「2001/11/30」と入力
[次へ] クリック

[パラメータ]欄が 「期間開始日を入力」が選択されている
「値」欄に 「2001/11/1」と入力
[OK] クリック


2001/11/1 ~ 2001/11/30 の データが抽出される



ちょっと パラメータの順番が気に入らないが とりあえず 出来た


パラメータ内の順番の変更

理由はわからないが
条件欄に入力する内容を
「 >=:期間開始日を入力 」 を 「 >= :A期間開始日を入力 」
「 <=:期間終了日を入力 」 を 「 <= :B期間終了日を入力 」
変更すると 順番が変わった



参考 : 売上管理o_1.odb 


LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月27日 15:35 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base

レポート 3 LibreOffice Base では レポートを表示する際に
日付ごとに 区切って 表示するように設定した  
レポート「売上データ(日付区切り)」 を 作成した

今回は 指定した日付のデータだけを 表示するクエリーを作成する
※ 今回も 作成しながら アップするので 間違えるかもしれません


パラメータクエリー の 作成

参考 : 売上管理n_6.odb 
[データベース]ペインで 「クエリー」
[タスク]ペインで 「デザイン表示でクエリーを作成」選択
[テーブルまたはクエリ―の追加]で 【 クエリー 】にチェックを入れる
「売上Dクエリー」を選択
[追加] クリック

すべてのフィールドを 選択 ダブルクリックし 登録する

[日付] フィールド[条件]欄に 「 :日付を入力 」と入力する
※ この「:日付を入力」で 何度か失敗した 微妙な違いで エラーになる

[クエリーデザイン]ツールバーの[クエリーの実行]  をクリック

[パラメータの入力]画面が表示される
「 値 」欄に カーソルがあるので データがある日付を入力
例:2001/12/3 [OK] クリック

2001/12/3 のデータが表示される

名前を「日付指定クエリー」として保存する



LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月26日 13:44 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く

まず最初に LibreOffice 3.4.1 では無理ですので

LibreOffice 3.3.3 で 試してください

試すファイル
Access 2003 以前のファイル形式 売上管理旧Access.mdb 
Access 2007 以降のファイル形式 売上管理Access.accdb 
テーブル
  
クエリ
  
フォーム
  
レポート
  
LibreOffice Base を 起動する
[データベースウィザード] ステップ1.データベースの選択
[実行する処理を選択してください]で 
 【 既存のデータベースに接続 】 にチェックを入れる

[ JDBC |▼]で ▼をクリック
[Microsoft Access] を 選択  ※ Access 2003 以前の場合(拡張子 .mdb)
[Microsoft Access 2007] を 選択 ※ Access 2007 以降の場合(拡張子 .accdb)

[次へ]クリック
ステップ2.Microsoft Access 接続のセットアップ
[Microsoft Access データベースファイル]欄
右端の {ブラウズ]をクリック

[開く]画面が開くので 「売上管理旧Access.mdb」を選択
[ 開く ] クリック

[ 次へ ] クリック

ステップ3.保存して続行
デフォルトのまま
 LibreOffice にデータベースを登録する
 データベースを開いて編集します
[ 完了 ] クリック

[名前を付けて保存]が 開く
「旧Access」という名前で [保存]クリック

LibreOffice Base 「旧Access」が 開く

ところが Access では クエリーだったものが 
「テーブル」として登録されてしまう
「クエリー」には 何もない

「フォーム」にも 何もない

「レポート」にも 何もない

同じように Access 2007以降のデータでも 試しましたが 結果は同じでした
  フォームは 一つも Base に ならなかった
  レポートも 一つも Base に ならなかった
  クエリーは パラメータを設定したものは Base には ならない
   Q売上データ(期日指定)
   Q売上集計表・商品別(期日指定)
   Q売上集計表・担当者別(期日指定)
   Q売上集計表・得意先別(期日指定)
   Q得意先マスター(担当者指定)


LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月25日 20:00 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

レポート  3   LibreOffice Base

「売上日」で区切った 商品売上レポートを作成する

1.売上管理n_5.odb   を 開く
2.[データベース]ペインで 「レポート」を選択
3.[タスク]ペインで 「ウィザードを使用してレポートを作成」 クリック
4.[レポートウィザード] ステップ1.フィールド選択
  テーブルまたはクエリーで ▼ クリック
  「クエリー:売上Dクエリー」を 選択
 [使用可能なフィールド]欄から
 「売上日」「商品CD」「得意先CD」「商品名」「単価」「数量」「金額」
  順次 選択
  真ん中の  を クリック
 [レポートのフィールド]欄に 順次 設定する
 [ 次へ ] クリック

5.ステップ2.ラベル付けフィールド
  ここは何もせずに [ 次へ ] クリック

6.ステップ3.グループ化
 [フィールド]欄で 「売上日」を 選択
  真ん中の  を クリック
 [分類]欄に 「売上日」が 表示されたら [ 次へ ] クリック

7.ステップ4.並べ替え
 [並べ替え基準]は 自動的に 「売上日」になっていて 変更はできない
 [次の並べ替え基準]欄で 「商品CD」を 選択
 [ 次へ ] クリック

8.ステップ5.レイアウトの選択
 [データのレイアウト]欄は 「表形式」
 [方向] 縦
 [ 次へ ] クリック

9.ステップ6.レポートの作成
 [レポートのタイトル]欄に 「売上データ(日付区切り)」と入力
 ※ (日付区切り)は 区別するため なんでもいいのですが
  (日付別)は 別の意味・方法で 作成する予定なので 使用しない
 今回は 【 レポートをただちに作成する 】に チェック
 [ 完了 ] クリック


レポートが 表示される


編集する
* 「単価」「金額」を 通貨表示にする
* 文字列の配置を 「中央揃え」や「右揃え」を 利用する
一度 レポートを閉じて 
[データベース]ペイン 「レポート」
[レポート]ペイン 「売上データ(日付区切り)」を右クリック [編集]選択

表示された Oracle Report Builder で 「単価」のテキストボックスを選択

この時に プロパティが表示されていない場合は
[レポートコントロール]ツールバーの  をクリック プロパティを表示する
 

[単価]のテキストボックスのプロパティ [全般]タブ
[書式設定]欄右端の  クリック


[数の書式]が表示されるので 分類で「通貨」選択 [OK]クリック

ついでに [横方向の配置]欄で 「右」を選択する
「金額」のテキストボックスも同様
「商品CD」「得意先CD」は 「中央」 「数量」も 「右」にする
設定して 確認する際には [標準]ツールバーの「レポートを実行」  をクリック

レポートが表示される
確認しながら 微妙な調整を行う

さて ここからが やりたかったこと 

各日付ごとに 集計を表示させる


[表示]→[並べ替えとグループ化]選択(クリック)

[並べ替えとグループ化]ガイアログボックスが表示される
[プロパティー]欄にある
「グループフッター」が [存在しない|▼]になっているので
▼ をクリック 「存在する」を選択

[並べ替えとグループ化]を閉じる
すると Oracle Report Builder で 先ほどまでなかった「売上日 フッター」が表示されている
 
[レポートコントロール]ツールバーの「テキストボックス」   をクリック

マウスポインタの形が  に 変化する
先ほど表示した[売上日 フッター]の欄の右端 [詳細]にある「金額」の下あたり
ドラッグし テキストボックスを作成する

プロパティー [全般]で 通貨表示・右揃えにした後
[データ」タブに移動する
[データフィールドの種類]欄で ▼ クリック 「関数」を選択

[データフィールド]欄では 「金額」を選択

すると 今まで グレー表示で 選択できなかった[関数]が選択出来るようになる
▼ クリックし 「集積」を選択

すると 自動的に [範囲]欄が 「グループ:売上日」になる

そうしたら  [標準]ツールバーの「レポートを実行」  をクリック レポートを表示する

売上日ごとに 集計された金額が表示される


参考 : 売上管理n_6.odb 


LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月25日 10:42 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

めも

今回は 単なる私個人の メモです


SELECT "名簿"."フリガナ", "名簿"."ID", "名簿"."姓", "名簿"."名", "名簿"."会員種別", "名簿"."郵便番号", "名簿"."住所1", "名簿"."住所2", "名簿"."電話番号", "名簿"."性別" FROM "名簿" WHERE ( ( ( "名簿"."フリガナ" )IN ( SELECT "フリガナ" FROM "名簿" AS "Tmp" GROUP BY "フリガナ" HAVING COUNT( * ) > 1 ) ) ) ORDER BY "名簿"."フリガナ"
データの読み取り SELECT
SELECT 文は SQL の主役

SELECT フィールド名(列名) FROM テーブル名 条件

SELECT * FROM "名簿" の意味は
「*」(アスタリスク)は ワイルドカードで フィールド名(列名)にすると
テーブル内のすべての列を検索する


[名簿]テーブルの
「フリガナ」・「ID」・「姓」・「名」・「会員種別」・「郵便番号」・「住所1」・「住所2」・「電話番号」・「性別」
フィールドを表示
条件は (WHERE)
「名簿」テーブルの「フリガナ」フィールド
「フリガナ」が 2以上(>1)


IN ( SELECT "フリガナ" FROM "名簿" AS "Tmp" GROUP BY "フリガナ" HAVING COUNT( * ) > 1 ) ) ) ORDER BY "名簿"."フリガナ"
WHERE に関わる IN の使い方

SELECT "フィールド名"
FROM "テーブル名"
WHERE "フィールド名" IN ('値一', '値二', ...)
括弧の中に一つ又は複数の値があり その数値相互の間にコンマで分けます
値は 数値や文字でもよい
もし、括弧の中に値が一つだけある場合、次のようになります
WHERE "フィールド名" = '値一'

GROUP BY
グループ化とは、SELECT 文 で 抽出したデータを 指定したキーワードで 分類する

As Tmp GROUP BY は ひとつのセット?

グループ化したデータをHAVING句で絞り込む
HAVING COUNT( * ) > 1 
HAVING句を利用すると、GROUP BY句によってグループ化されたデータに対し
検索条件を指定し絞り込むことが可能です
絞り込みといえば「WHERE」句も絞り込みを行いますが
WHERE句はグループ化されたデータに対して絞り込みを行うことはできません
WHERE句とGROUP BY句を併用した場合
WHERE → GROUP BYの順でクエリが評価されるため
グループ化された結果をWHERE句の段階で利用できないのです
HAVING句とGROUP BY句を利用した場合
GROUP BY → HAVINGの順でクエリが評価され
グループ化された結果に対し条件を指定することが 可能です


WHERE句やORDER BY句とともにGROUP BY句を使用する

WHERE句やORDER BY句とともにGROUP BY句を使用することもできます
この場合
WHERE → GROUP BY → ORDER BY の順に 記述する必要があります

レコードの並び替え (ORDER BY)


SQL は 難しくて 真剣に じっくりやらないと駄目みたい
[ 2011年07月24日 12:10 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

一致(重複)クエリー?  成功?  LibreOffice Base

「重複条件」クエリーを作成後
「重複条件」を基にして 「名簿」テーブルと比較し
この条件が 真となる結果を抽出するクエリー「重複クエリー」を作成
「フリガナ」の「条件」欄に 

IN ( SELECT * FROM [重複条件] ) 入力

もう一度 試したところ 

上手く行きました


でも 理由がわからない
どこか微妙に違って入力していたかも??????

上手く行ったもの


実行すると


ついでに SQL 表示の場合



今回作成したクエリーは 「重複クエリーOK」としました
参考 : 名簿_4.odb 



LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月23日 23:47 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base

今やっているので わからないクエリーが

一致・不一致クエリー



説明によると
「重複クエリー」というそうです
たとえば 名簿テーブルなどで 違うIDに 同じ人を登録した場合など
重複しているデータを抽出する
たとえば このような名簿があったとする


4件のレコードが 重複している
説明が書いてあるものによると 「フリガナ」の「フィールド」が見つけやすい
そのまま 説明通り
「フリガナ」フィールドを グループ化して 集計する
そうすると 重複するレコードがあると 数は「2」以上になるそうです
ここまでは 理屈でも理解できる
そこでやってみた

名簿.odb  を 開く
テーブルは 「名簿」だけです


[データベース]ペインで 「クエリー」選択
[タスク]ペインで 「デザイン表示でクエリーを作成」を クリック


Query Design と [テーブルまたはクエリーの追加]が 開く 


[テーブルまたはクエリーの追加]で [追加]クリック [閉じる]クリック
Query Design だけになる 


「名簿」テーブルの「フリガナ」をダブルクリック
下のフィールドに 「フリガナ」が入る
もう一度 「フリガナ」をダブルクリック
先ほどの隣に 「フリガナ」が 入る


1列目の「フリガナ」の[関数]欄を クリック


▼ を クリック
[ GROUP ] を 選択

2列目の「フリガナ」の[関数]欄を クリック
▼ を クリック
[ COUNT ] を 選択

2列目の「フリガナ」の「条件」欄に 「>=2」と入力する


2列目の「フリガナ」の「表示」欄の チェックを外す
「重複条件」と 名前を付けて保存し Query Design を閉じる
※ 参考手引きの通り 「重複条件」で保存


元の画面で [クエリー]ペインにできた「重複条件」を ダブルクリック

 
表示されるのが 重複している「フリガナ」


ここまでは 順調だったのですが
その後 「重複条件」を基にして 「名簿」テーブルと比較し
この条件が 真となる結果を抽出するクエリー「重複クエリー」を作成
ここからが全く分かりません
SQL の IN 演算子を用いると

IN(SELECT*FROM[重複条件])

IN 演算子は かっこの中の式を評価し 条件が一致すれば真を返す
とあるのですが...
手引書通りにやった場合


名前を「重複クエリー」で 保存した
出来た「重複クエリー」を ダブルクリックした



何も抽出できない ?????



そこで 最初の時点で フリガナが 表示されているのだから
一緒に 「ID」「姓」「名」「住所1」などを 表示できるのでは?

まずは 失敗した「重複クエリー」を 削除する
右クリックし メニューで [削除]選択


確認

[重複条件]を 右クリック メニューで[編集]クリック


Query Design が表示されたら
[名簿]テーブルの 「ID」「姓」「名」「住所1」「住所2」を 順番に ダブルクリックする




これで 保存して開いたら


データ内容が読み込めませんでした
Not in aggregate function or group by clause:org.hsqidb.Ezpression@1d2b8e
in statement[SELECT"フリガナ","ID","姓","名","住所1","住所2"FROM"名簿"
GROUP BY"フリガナ"HAVING((COUNT("フリガナ")>=2))]
と表示されてしまった
よく わからないし 翻訳する気もない

そこで 気が付いた グループ化したら出るのか?
やってみた


これで 上書き保存して 開いてみた
さっきと全く同じでした


もしかしたら 「ID」を 無くしたら
「ID」を右クリック [削除]クリック


これで 保存
開く
一応 表示した でもなんかすっきりしない



同じように 重複を調べるのを Access 2010 で行うと



誰か 詳しい方いらっしゃいましたら 教えて下さい
参考 : 名簿_2.odb 



LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月23日 18:04 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base

 (東京都)抽出クエリー
 住所が 東京都から始まるデータを抽出
 AND抽出クエリー
 担当者が 山木 由美 かつ DM を送る データを抽出
 OR抽出クエリー
 担当者が 山木 由美 または DM を送る データを抽出
 担当者CDパラメータ抽出クエリー
 最初に 担当者CDを入力するダイアログボックスが表示され入力すると
 入力した担当者CDの データが抽出される
 抽出クエリー
 山木 由美 のデータを 抽出する
 抽出クエリーDM
 DM 送信するデータを抽出する

参考 : 売上管理n_5.odb 

作った順番

1.抽出クエリー
2.抽出クエリーDM
3.AND抽出クエリー
4.OR抽出クエリー
5.(東京都)抽出クエリー
6.担当者CDパラメータ抽出クエリー
元は 「得意先Mクエリー」
[データベース]ペインで 「クエリー」選択
[クエリー]ペインで 「得意先Mクエリー」右クリック [編集]選択
そのまま 先に[名前を付けて保存]で これから作る名前に変更する
【 1.抽出クエリー 】の場合 「担当者CD」の条件欄に 「110」と入力
[Enter]キーをしたら 「110」が「'110'」に変化する
そうしたら 上書き保存


2.抽出クエリーDM の場合も 「得意先Mクエリー」右クリック [編集]選択
そのまま 先に[名前を付けて保存]で これから作る名前に変更する
今度は DM での条件欄に 「True」と入力
[Enter]キーをしたら 「True」が「TRUE」に変化する
そうしたら 上書き保存


3.AND抽出クエリー の場合
 「抽出クエリー」右クリック 編集 選択
 [名前を付けて保存]で 名前を変更
 DM での条件欄に 「True」または「-1」と入力 [Enter]キーを押す 
 上書き保存


4.OR抽出クエリー の場合
 「抽出クエリー」右クリック 編集 選択
 [名前を付けて保存]で 名前を変更
 DM での条件欄の下の[あるいは]欄に 「True」または「-1」と入力 [Enter]キーを押す 
 上書き保存


5.(東京都)抽出クエリー の場合
 「得意先Mクエリー」右クリック [編集]選択
そのまま 先に[名前を付けて保存]で これから作る名前に変更する
 「住所1」の[条件]欄に 「東京都*」と入力
 [Enter]キーを押すと 「東京都*」が「'東京都'」となる
 そうしたら その前に「LIKE」を入力する
 結果 「LIKE'東京都*'」になったら 保存して閉じる


6.担当者CDパラメータ抽出クエリー の場合
 「抽出クエリー」右クリック 編集 選択
 [名前を付けて保存]で 名前を変更
 [担当者CD]の[条件]欄を 一度消し 
 「LIKE:担当者CDを入力」と 入力
 保存して 閉じる


この場合 「担当者CDパラメータ抽出クエリー」を ダブルクリックすると


[パラメータの入力]画面が表示される


値 欄に 存在する担当者CDを 入力
[OK] を クリックすると 入力した担当者のデータが表示される
例:140 と入力


担当者CD 140 の 吉岡 雄介 のデータが表示された




LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月22日 17:18 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

レポート  2   LibreOffice Base

得意先マスターのレポート作成

1.売上管理n.odb を 開く
2.[データベース]ペインで 「レポート」を選択
3.[タスク]ペインで 「ウィザードを使用してレポートを作成」 クリック
4.[レポートウィザード] ステップ1.フィールド選択
  テーブルまたはクエリーで ▼ クリック
  「クエリー:得意先マスタークエリー」を 選択
5.レポートのフィールド欄に
 ・「得意先CD」
 ・「得意先名」
 ・「フリガナ」
 ・「〒」
 ・「住所1」
 ・「住所2」
 ・「TEL」
 ・「担当者CD」
 ・「担当者名」
 が 表示された状態になったら [次へ]クリック


6.ステップ2.ラベル付けフィールド
  そのまま [次へ]クリック


7.ステップ3.グループ化
  そのまま [次へ]クリック

 
8.ステップ4.並べ替えオプション
  [並べ替えの基準]欄で ▼クリック 「フリガナ」を選択
  「昇順」であることを確認
  [次へ] クリック


9.ステップ5.レイアウトの選択
  [表形式]選択
  方向は 今回フィールドが多いので 「横」を選択
  [次へ]クリック


10.ステップ6.レポートの作成
  [レポートのタイトル]欄に 「得意先マスター」と入力
  自動レポート 「レポートレイアウトの変更」選択
  [完了]クリック


11.ウィザードが閉じる
12.このままでは 得意先名やフリガナ・住所1などが 入りきらないので
  配置を変更した この場合 モデル(参考ファイル)があるので
  得意先名の下へ フリガナ 住所1の下へ 住所2 
  得意先CD・〒・TEL・担当者CDの配置を中央揃えにした

13.保存して 閉じる
14.開きなおす



微妙に気に入らない

何とか 修正してみる

得意先名や・フリガナ・住所1などが長いので 2行にするため
得意先名の下へ フリガナ 住所1の下へ 住所2 としてみたが
あまり良くなかった
素直に フォントサイズを小さくして 表示させた






参考 : 売上管理n_2.odb 


LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月22日 13:40 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

レポート     LibreOffice Base

レポートを作成 書きながら 試します 
なんせ 初めてなので 失敗するかも
Base  レポートウィザードが 備えられている
集計欄の作成が レポートウィザードでは難しい?
参考 : Sun Report Builder という 拡張機能 ?

Sun Report Builder の ダウンロードは ココ 
以上は OpenOffice.org での 説明文
参考 : 売上管理m.odb 

1.売上管理m.odb を 開く
2.[データベース]ペインで 「レポート」を選択


3.[タスク]ペインで 「ウィザードを使用してレポートを作成」 クリック



問題発覚!!

(私の) LibreOffice 3.4.1 では エラーになった!!




失礼しました m(_ _)m

LibreOffice サポートフォーラム
 に相談し

アドバイス通り [修復] を 行なったら

正常に ウィザードは 起動しました


追記です


4.そこで LibreOffice 3.3.3 Base で 同様の操作
  [タスク]ペインで 「ウィザードを使用してレポートを作成」 クリックした場合

  レポート1 Oracle Report Builder
  レポートウィザード
 2つが 表示される


5.[レポートウィザード] ステップ1.フィールド選択
  テーブルまたはクエリーで ▼ クリック
  「テーブル:商品マスターテーブル」を 選択


6.使用可能なフィールド欄に 「商品CD」「商品名」「単価」「写真」が 表示される
  真ん中の  を クリック


7.レポートのフィールド欄に すべてが表示される
  でも 今回 写真はいらないので 選択し  クリック


8.[次へ] クリック


9.ステップ2.ラベル付きフィールド
  今回は デフォルトのまま [次へ]クリック


10.ステップ3.グループ化
  今回は グループ化しないので そのまま [次へ] クリック


11.ステップ4.並べ替えオプション
  今回は 並べ替えも しないので そのまま [次へ] クリック


12.ステップ5.レイアウトの選択
  データのレイアウト欄では [表形式]選択
  ヘッダーとフッターのレイアウト欄は default
  方向欄 縦 選択
 ※ フィールドが 3つなので 横にする必要がない
  [次へ] クリック


13.ステップ6.レポートの作成
  レポートのタイトル欄 「商品マスター」と入力
  自動レポートで
  【 レポートレイアウトの変更 】にチェック
  [完了] クリック


14.レポートウィザードが閉じる
  商品マスター Oracle Report Builder になる


今までの経験から ここで 文字列の配置や 書式を 設定する
とりあえず
詳細にある 「=単価」を選択
右の欄で [全般]タブ 一番下 書式設定 右端  クリック


16.[数の書式]画面
  分類欄で 「通貨」選択 [OK] クリック


17.ついでに [横方向の配置]欄も ▼クリックし 「右」を 選択


こんな感じで とりあえずは 保存して 閉じる
18.元の画面 「レポート」ペインに 「商品マスター」が 表示されている
  「商品マスター」を ダブルクリック



「単価」の文字位置を 右揃えにしたいけど そこそこ カンジはつかめた
今回はここまで 参考 : 売上管理n.odb 



干支田さんから
LibreOffice 3.5 ( OS : Vista(SP2)) で 使用しています
「有効なレポートテンプレートが見つかりませんでした」
のエラーが出ます。
修復インスツールを行いましたが、同じようにエラーが出ます。


このような報告がありました

私は LibreOffice の正式なサポートメンバーではありません
もしこのような不具合を見つけた方がいらっしゃいましたら
LibreOffice フォーラム  に 報告していただいたほうが より良いと思います

ちなみに 私が試した状況では

拡張機能「Oracle Report Builder」を ダウンロードして
拡張機能マネージャーで、追加すると
レポートウィザードが表示されました


「Oracle Report Builder」は、
最初のほうに書いてあった「Sun Report Builder」だったもの

OpenOffice.org Extensions

Oracle Report Builder by Oracle 

ダウンロードすると 「oracle-report-builder.oxt」です
拡張機能マネージャーで、追加して 
「ウィザードを使用してレポートを作成」を クリックすれば ウィザードが起動します

.
LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月22日 10:28 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

参照整合性の設定 LibreOffice

今回は 丸写しで 自分はまだ理解しきっていません
勉強中の方の参考になれば と思い アップします
Access の「参照整合性」にあたる機能
「リレーションシップを設定すると表示される接続線」を ダブルクリックする


[リレーション]ダイアログボックスが 表示される


デフォルトでは 
[更新オプション][削除オプション]とも 【 アクションなし 】 が 選ばれている

2つのテーブル間の関係性を保つため
参照整合性の制約として 整合性を維持できないフィールドの値の変更はできない
そのため 初期設定が 「アクションなし」になっている
しかし
下位テーブルに対し 上位テーブルのレコードを削除した場合
下位テーブルの関連するレコードは 不要になる
そのような場合 「削除オプション」の[カスケードの削除]を選択すると良い ・・・(らしい)

Access の場合では
 「フィールドの連鎖更新」は 「更新オプション」の「カスケードの更新」
 「レコードの連鎖削除」は  「削除オプション」の「カスケードの更新」

リレーションシップに用いられるフィールドは
このように参照整合性による制約が求められるので
通常は プライマリキー(主キー)が 設定されているなど
一意なデータが 格納されているフィールドを 選びます
もし それ以外のフィールドを選ぶ場合は
そのフィールドに あらかじめ ユニーク属性を与えておくなどの工夫が必要



LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月21日 13:51 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

リレーションシップの設定 2  LibreOffice Base

2011/07/09 【リレーションシップの設定】 アップ 後 
「リレーションシップ」 だけの 設定方法を 見つけました

1.売上管理f.odb  を 開く
2.[ツール]→[リレーションシップ] クリック

3.[ Relation Design ] と[ テーブルの追加 ]が 開く

4.それぞれ 1つずつ選択して [ 追加 ] クリック すべてを追加する

5.[テーブルの追加]を 閉じる
  各テーブルの配置を 変更 すべてのフィールドが見えるようにする

6.[担当者マスターテーブル]の「担当者CD」を マウスでドラッグ
  [得意先マスターテーブル]の「担当者CD」の上へ ドロップする

7.マウスのボタンを 離すと 
  リレーションシップが設定されたことを示す 接続線 が 表示される

前回の【リレーションシップの設定】 と違うのは 
接続線 のテーブル側に それぞれ「1」 と 「n」 が 表示される
これは テーブルの関係を表している
※ 「n」 は 日本語では 「多」を意味する
テーブルの関係
 「1対多」
 一方のテーブルの1つのレコードが 他方のテーブルの複数のレコードと一致する
 [担当者マスターテーブル]には 同じ「担当者CD」を持つレコードは 1つ
 [得意先マスターテーブル]には 同じ「担当者CD」を持つレコードは 複数ある
 「1対1」
 一方のテーブルのレコードが 他方のテーブルのレコードと 1対1で一致する
 たとえば [得意先マスターテーブル]を 次のように 2つに分けた場合
  1.[得意先情報]:「得意先CD」「得意先名」「フリガナ」「担当者CD」「DM」
  2.[得意先連絡先]:「得意先CD」「〒」「住所1」「住所2」「TEL」
 この場合 [得意先情報]と[得意先連絡先]は 1対1の関係になる
 「多対多」
 2つのテーブルに 共に複数のレコードが存在する関係
 [得意先マスターテーブル]と[商品マスターテーブル]の関係が 
 [売上マスターテーブル]をリンクテーブルとした 多対多
続きもやって見る
 [得意先マスターテーブル]の「得意先CD」をドラッグ
 [売上マスターテーブル]の「得意先CD」の上へドロップ
 [売上マスターテーブル]の「商品CD」をドラッグ
 [商品マスターテーブル]の「商品CD」の上へドロップ



LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月21日 11:06 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

フォーム  8 LibreOffice Base

「売上データフォーム」を 編集する

1.「売上データフォーム」を右クリック [編集]をクリック

2.Form Design で 「商品CD」のテキストボックスを 選択 
  [Delete] キーを押し 削除する
  ※ グループ化してある場合は グループ化を解除する

3.この場合は 左側にある[フォームコントロール]ツールバー
  [ウィザードのオン/オフ]  が オンであることを確認
  ※ オフの場合は クリックし オンにする 凹んでいる感じがオン
  [リストボックス]  を クリック

4.マウスポインタの形が 変化する 
  先ほど削除したテキストボックスの位置で ドラッグし作成する

5.マウスボタンを離すと [リストボックスウィザード - テーブルの選択]が表示される  

6.「商品マスターテーブル」選択
  [次へ] クリック

7.フィールドの選択
  「使用できるフィールド」欄で 「商品CD」を 選択
  表示フィールド欄に 「商品CD」と表示される
  [次へ] クリック

8.フィールドのリンク
  「数値テーブルからのフィールド」欄
  「商品CD」を 選択
  「リストテーブルからのフィールド」欄
  「商品CD」を 選択
  [完了] クリック

9.保存して 閉じる
 
10.元の画面で 「売上データフォーム」を ダブルクリック

11.「新しいレコード」を クリック

12.次のデータを 入力する
  
  「売上日」で 「2001/12/20」と入力 [Enter] キーを押す
  「得意先CD」に移動 「10180」と入力 [Enter] キーを押す
  入力のカーソルは 「数量」に移動する 「10」と入力
  「商品CD」で ▼ をクリックする

13.一覧が表示されるので 「1030」を選択する

14.一度 前のレコードへ行き また戻る
  すべてのフィールドが 表示されている
  閉じる

15.元の画面 [データベース]ペインで 「テーブル」を 選択
  [テーブル]ペインで 「売上マスターテーブル」を ダブルクリック

16.[最終レコード]を クリック

17.今回入力したものが 入力されている

やり方が わかったら 「得意先CD」のテキストボックスも変更してみる
今度は 次のデータを 入力してみる
  

今回は クエリー 「売上Dクエリー」で確認する


参考 : 売上管理m.odb 


LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月20日 10:36 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

フォーム  7 LibreOffice Base

担当者マスターフォームの作成

1.売上管理k.odb を 開く
2.「タスク」ペインで 「ウィザードを使用してフォームを作成」をクリック
3.「Form Design」と「フォームウィザード」が開く
  [フォームウィザード] ステップ 1.フィールドの選択
  フォームのフィールドを選択
  「テーブルまたはクエリ―」欄 ▼をクリック
  「テーブル:担当者マスターテーブル」を選択
  真ん中の  を クリック
  [次へ] クリック
4.ステップ 2.サブフォームの設定
  サブフォームを設定するかどうかを決定
  何もせずに [次へ] クリック
5.ステップ 5.コントロールの整列
  フォーム上のコントロールを整列
  「メインフォームの整列」欄で 「データ表として」選択
  [次へ] クリック

6.ステップ 6.データエントリの設定
  データ入力モードを選択
  【 フォームにはすべてのデータが表示されます 】に チェックが入っている
  [次へ] クリック
7.ステップ 7.スタイルの適用
  フォームスタイルを適用
  好みの色・フィールド枠を選択
  [次へ] クリック

8.ステップ 8.名前の設定
  フォーム名の設定
  「フォーム名」欄に 「担当者マスターフォーム」と入力
  「フォームの作成後の処理を指定してください]欄で
  【 フォームの変更 】 を 選択
  [完了] クリック

9.「フォームウィザード」画面が 閉じる
  Form Design 画面 

確認すると 入力するのは 「担当者CD」と「担当者名」なのに 幅が 広すぎる
現在の項目(担当者)は 5人だけなので 高さも 長すぎる
そこで 幅・高さを 狭くする
この場合 グレーの 表の部分をクリック(選択)
マウスポインタの形が 変わる
表の周りに ハンドルが表示される (アンカーも表示される)

ハンドルを ドラッグし 幅・高さを 狭める
とりあえずは 感で 適当に  (確認後微調整する)

この状態で 保存 一度閉じる
元の画面で 
「フォーム」ペイン 「担当者マスターフォーム」をダブルクリック

Form Design が 表示される

まぁ こんな感じで よさそうですが 担当者名の列幅を 少し広げる
Form Design を 閉じる
元の画面で 「担当者マスターフォーム」を右クリック
[編集]をクリック

Form Design で 「担当者名」の列幅を 広げる

保存し 閉じて また開きなおす

最初より 「安藤 百合子」の後ろに 余裕があり すっきりした
このまま 終了


参考 : 売上管理l.odb 


LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月19日 10:22 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base

こんなに早く しかも Base について 質問があるとは思わなかった

前回の最後 参考 : 売上管理k.odb  を 開いた状態と 前回の最後が違う 指摘されました
そうなんです 実は 違うのです
前回の最後

売上管理k.odb を 開いた場合

まさか もう気が付くとは 思いませんでした I(o_O)i オドロキ!
 「売上日」 : 「01/10/01」を 「2001/10/01」表示にした
 「売上日」 : 配置を 中央揃えにした
 「得意先CD」 : 配置を 右揃えにした
 「担当者CD」 : 配置を 右揃えにした
 「商品CD」 : 配置を 右揃えにした
 「数量」 : 配置を 右揃えにした
 「単価」 : 配置を 右揃えにした
 「金額」 : 配置を 右揃えにした
 「金額」 : 通貨表示にした ※ 「75000」→「¥75,000」
簡単に 手順
1.最初の画面 「フォーム」ペインで 「売上データフォーム」を右クリック
  メニューから 「編集」クリック

2.Form Design 画面で 「売上日」のテキストボックスを右クリック
  メニューから 「コントロール」を 選択

3.[属性 日付フィールド]が開く

4.少し下へ スクロールする
  真ん中あたりに [日付の書式]という項目がある

5.▼ を クリック
  一覧が表示されるので 今回の「YYYY/MM/DD」を選択した
  ※ 最初は 「標準(短い)」だったかな?


次は 配置

6.一番下まで スクロールする
  [配置]という項目がある

7.▼ を クリック
  一覧から 「中央揃え」を選択した

 ※ 配置に関しては 各テキストボックスで 「右揃え」選択に変えたりする

次は 「通貨表示」


1.「金額」のテキストボックスを 右クリック
  メニューから 「コントロール」を選択

2.[属性 書式設定されたフィールド]が 表示される

3.少し下へ スクロールする
  [書式設定]という項目がある

4.右端にある  を クリック

5.[数の書式]が 表示される
  「分類」欄で 「通貨」を選択
  [OK] クリック

6.[属性 書式設定されたフィールド]画面を 閉じる
7.Form Design  保存  して 閉じる


以上です

注意事項は

最初に 「グループ化」を 解除する

選択は テキストボックスだけを選択する



LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月18日 09:22 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(1)

フォーム  6-2  LibreOffice Base


この中を検討する
同じフィールドが あるので 確認する

 「NO」
 「売上日」
 「得意先CD」
 「商品CD」
 「数量」
上が 「売上マスターテーブル」からのフィールド
下が 「売上Dクエリー」からのフィールド
下の「売上Dクエリー」からのフィールドの重なっているものを削除する
削除する方法は 選択し [Delate] キーを押す
 
各フィールドを ドラッグ&ドロップし 配置を変える

一度 保存し 閉じる

元の画面で 「フォーム」ペイン 「売上データフォーム」をダブルクリック

Form Design が 開く 確認する

あとはセンスで テキストボックスの位置・幅などを修正する
まぁ 適当に こんな感じかな

テキストボックスなどを 移動する際に 便利・目安になるのが
[フォームデザイン]ツールバー 今回は 下に格納されている


  グリッド線を表示
  グリッド線で位置合わせ
  移動時の補助線
「移動の補助線」がオンになっていると 上下左右に目安の補助線が表示される

次は 入力しなくてよいフィールドを アクティブでなくす
1.「NO」は 自動入力なので 非アクティブでよい
2.「得意先名」は 「得意先CD」が入力されれば 自動的に決定する
3.「担当者CD」「担当者名」も 「得意先CD」が入力されれば 連動して 決定する
4.「商品名」は 「商品CD」が入力されれば 自動的に決定する
5.「単価」も 「商品CD」が入力されれば 自動的に決定する
6.「金額」は 「数量」が入力されれば 「単価」がわかっているので 計算される
結果
入力しなければいけないのは
 「売上日」
 「得意先CD」
 「商品CD」
 「数量」
他のフィールドは 入力しなくてよいので 非アクティブに設定する
「NO」のテキストボックスを 右クリック
メニューから [コントロール]選択

[属性 書式設定されたフィールド]が 表示される
「アクティブにする」欄 ▼ クリック 「いいえ」を選択

[属性 書式設定されたフィールド]画面を閉じる
同様の作業を 「得意先名」「担当者CD」「担当者名」「商品名」「単価」「金額」で行う
[保存]を行い Form Design を 閉じる

元の画面で 「フォーム」ペインで 「売上Dフォーム」を ダブルクリック
[新しいレコード]  を クリック

次のデータを 入力する
   
レコード「162」
「NO」欄は グレーで <オートナンバー>と書かれている
「売上日」のテキストボックスに「01/12/20」と入力 [Enter] 押す
「得意先CD」のテキストボックスに「40020」と入力 [Enter] 押す
すると カーソルが 「商品CD」のテキストボックスに移動する

「5020」と 入力 [Enter] 押す
「数量」のテキストボックスに カーソルが移動する

「 4 」と 入力 [Enter] 押す
レコード「163」(新しいレコード)に 移動する
「前のレコード」  を クリック

レコード「162」を 確認する

すべてのデータが入力されている
   
Form Design を 閉じる
「データベース」ペインで 「クエリー」を 選択
「クエリー」ペインで 「売上Dクエリー」を ダブルクリック
最終レコード  を 確認する
レコード「162」で しっかり表示されている

参考 : 売上管理k.odb 


LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月17日 01:33 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

フォーム  6  LibreOffice Base

「売上データ」の入力画面(フォーム)を作成する

前回 失敗しました
基準を フォームにしたら 新規レコードが 入力できませんでした
そこで 今回は 同じフィールドのフォームを テーブルから作り 
新規レコードを 入力できるように 作成したいと思います

作りながら このブログに アップしているので 失敗したり 間違うことがあります
あまりに 変だと思った場合は コメントで 教えてください

参考 : 売上管理j.odb 

1.売上管理j.odb を 開く
2.「タスク」ペインで 「ウィザードを使用してフォームを作成」をクリック

3.「Form Design」と「フォームウィザード」が開く
  [フォームウィザード] ステップ 1.フィールドの選択
  フォームのフィールドを選択
  「テーブルまたはクエリ―」欄 ▼をクリック
  「テーブル:売上マスターテーブル」を選択

4.真ん中の  を クリック

5.「フォーム内のフィールド]欄に すべてのフィールドが移動したら [次へ] クリック

6.ステップ 2.サブフォームの設定
  サブフォームを設定するかどうかを決定
  【 サブフォームの追加 】 に チェックを入れる
  [次へ] クリック

7.ステップ 3.サブフォームフィールドの追加
  サブフォームのフィールドを選択
  テーブルまたはクエリー ▼ クリック
  「クエリー:売上Dクエリー」を選択
    を クリック
※ この段階で 選択してもいいのかもしれませんが よくわからないので 一応 すべてを選択 
8.「フォーム内のフィールド]欄に すべてのフィールドが移動したら [次へ] クリック

9.ステップ 4.フィールドの結合
  フォームを結合を選択
 「最初に結合されたサブフォームフィールド」欄で 「得意先CD」
 「最初に結合された標準フォームフィールド」欄で 「得意先CD」
 「2番目に結合されたサブフォームフィールド」欄で 「商品CD」
 「2番目に結合された標準フォームフィールド」欄で 「商品CD」
  選択したら [次へ] クリック

10.ステップ 5.コントロールの整列
  フォーム上のコントロールを整列
  「メインフォームの整列」欄で 「横で、ラベル書きは左に」選択
  「サブフォームの整列」欄でも 「横で、ラベル書きは左に」選択
  [次へ] クリック

11.ステップ 6.データエントリの設定
  データ入力モードを選択
  【 フォームにはすべてのデータが表示されます 】に チェックが入っている
  [次へ] クリック

12.ステップ 7.スタイルの適用
  フォームスタイルを適用
  好みの色・フィールド枠を選択
  [次へ] クリック

13.ステップ 8.名前の設定
  フォーム名の設定
  「フォーム名」欄に 「売上データフォーム」と入力
  「フォームの作成後の処理を指定してください]欄で
  【 フォームの変更 】 を 選択
  [完了] クリック

14.「フォームウィザード」画面が 閉じる
  Form Design 画面 
  ※ 今回は LibreOffice 3.3.3 で 作成したので バックに色がついている


つづく


LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月16日 23:44 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base

「売上データ」の入力画面(フォーム)を作成する

今回は 基準が テーブルではなく クエリーを フォームにする
参考 : 売上管理j.odb 

1.売上管理j.odb を 開く
2.「タスク」ペインで 「ウィザードを使用してフォームを作成」をクリック

3.「Form Design」と「フォームウィザード」が開く
  [フォームウィザード] ステップ 1.フィールドの選択
  フォームのフィールドを選択
  「テーブルまたはクエリ―」欄 ▼をクリック
  「クエリー:売上Dクエリー」を選択

4.「使用可能なフィールド」欄に フィールド名が表示される
   を クリック

5.「フォーム内のフィールド」欄に すべてのフィールド名が移動したら [次へ]クリック

6.ステップ 2.サブフォームの設定
  サブフォームを設定するかどうかを決定
  今回は 設定しないので そのまま [次へ] クリック

7.ステップ 5.コントロールの整列
  フォーム上のコントロールを整列
  「メインフォームの整列」欄
  「欄でラベル書きは左に」を選択
  [次へ] クリック

8.ステップ 6.データエントリの設定
  データ入力モードを選択
  【 フォームにはすべてのデータが表示されます 】にチェックが入っている
  [次へ] クリック

9.ステップ 7.スタイルの適用
  フォームスタイルを適用
  好みのスタイルとフィールド枠を 選択
  [次へ] クリック

10.ステップ 8.名前の設定
  「フォーム名」欄に 「売上Dフォーム」と入力
  「フォームの作成後の処理を指定してください」欄
  【 フォームの変更 】にチェックを 入れる
  [完了] クリック

11.「フォームウィザード」が 閉じる
  Form Design 画面になる

12.「得意先CD」を 入力すると 自動的に 「得意先名」「担当者CD」「担当者名」は 決まる
  「商品CD」を入力すると 自動的に 「商品名」「単価」は決まってくる
  「数量」を 入力すると 自動的に 「金額」は 決まる
  新たに入力する必要はない そこで 入力しない設定にする
  「担当者名」を 右クリック
  [コントロール]を クリック

13.[属性 複数選択]画面が 表示される
  「アクティブにする」欄で ▼ を クリック
  「いいえ」を 選択

14.[属性 複数選択]画面を 閉じる
  「得意先名」の表示が 薄いグレー表示になる

15.同様の作業を 「担当者CD」「担当者名」「商品名」「単価」「金額」で 行う
 
16.[標準]ツールバーの「保存」  クリック
   Form Design 画面を 閉じる

17.元の画面で 「フォーム」ペインで 「売上Dフォーム」を ダブルクリック

18.確認する


(°〇°;) おおっ?

失敗! 失敗!

新規レコードが 入力出来ない


でも せっかくここまで 書いたので そのまま残す

今回は 失敗の巻



LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月15日 14:17 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

フォーム  5-2  LibreOffice Base

前回の続き
前回は ここまで

配置を 縦 1列に変更し 「担当者CD」が 2つあるので 1つ 削除する
1.離れて2つある「担当者CD」と「担当者名」を 右に移動する

2.「 〒 」 の下へ 「住所1」「住所2」「 TEL 」「担当者CD」を 移動する
 ※ まとめて移動させる場合は 
   [フォームコントロール]ツールバー の 選択  を 使い 一括選択し 移動する

3.最初に 右に移動した「担当者CD」を 選択 [Delete] キーを押す 削除する

4.「担当者名」を選択 「担当者CD」の下へ 移動する

5.「 DM 」を 「担当者名」の下へ 移動する

6.[標準]ツールバーの「保存」  クリック

7.Form Design を 閉じる

8.元の画面 [フォーム]ペインで 「得意先Mフォーム」をダブルクリック

9.確認する

10.新規レコードを 入力してみる

っと 失敗 失敗 その前に
 


「担当者名」は 「担当者CD」が入力されると 自動的に 表示されるので
入力できないというか 入力しなくてよい設定にしなければいけなかった

そこで 一度 閉じて 
11.元の画面 [フォーム]ペインで 「得意先Mフォーム」を 右クリック
  メニューから [編集] を クリック

12.Form Design で 「担当者名」を選択 右クリック
  メニューから [コントロール]を 選択

13.[属性 複数選択]画面が 表示される
  「アクティブにする」欄の [はい  |▼]の▼をクリック
  「いいえ」を選択する

14.[属性 複数選択]画面を 閉じる

15.[標準]ツールバーの「保存」  クリック
 ※ 何か 変更した場合は この  アイコンが アクティブになる
  Form Design を 閉じる

16.[フォーム]ペインで 「得意先Mフォーム」をダブルクリック
  確認する
担当者名は 表示されているが グレーになっている
17.新規レコードを入力してみる
  
  レコード移動ボタンで 「新しいレコード」  をクリック

18.入力する
 この段階では 「担当者名」は表示されないが 一度 前のレコードを見て 戻ると表示されている



19.Form Design を閉じる
20.[データベース]ペインで 「テーブル」を選択
  [テーブル]ペインで 「得意先マスターテーブル」を ダブルクリック

21.「得意先マスターテーブル」に 今入力したものが 挿入されているか 確認する

参考 : 売上管理j.odb 


LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月15日 06:09 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

フォーム  5  LibreOffice Base

「得意先マスター」の入力画面(フォーム)を作成する

今回のフォームは 参照となるテーブルが 1つではない場合
参考 : 売上管理i_4.odb 

1.売上管理i_4.odb を 開く
2.「タスク」ペインで 「ウィザードを使用してフォームを作成」をクリック

3.「Form Design」と「フォームウィザード」が開く

4.[フォームウィザード] ステップ 1.フィールドの選択
  フォームのフィールドを選択
  「テーブルまたはクエリ―」欄 ▼をクリック
  「テーブル:得意先マスターテーブル」を選択

5.「使用可能なフィールド」欄に 「得意先マスターテーブル」のフィールドが表示される
  真ん中の  を クリック

6.「フォーム内のフィールド」欄に すべてのフィールドが表示される
  [次へ] クリック

7.ステップ 2.サブフォームの設定
  サブフォームを設定するかどうかを決定
  【 サブフォームの追加 】 にチェックを入れる
  [次へ] クリック

8.ステップ 3.サブフォームフィールドの追加
  サブフォームのフィールドを選択
  「テーブルまたはクエリ―」欄で ▼ を クリック
  「テーブル:担当者マスターテーブル」を選択

9.「使用可能なフィールド」欄に 「担当者CD」「担当者名」が表示される
  真ん中の  をクリック

10.「フォーム内のフィールド」欄に 「担当者CD」「担当者名」が表示される
  [次へ] クリック

11.ステップ 4.フィールドの結合
  フォームの結合を選択
  「最初に結合されたサブフォームフィールド」欄で ▼
をクリック
  「担当者CD」を 選択

12.「最初に結合された標準フォームフィールド」欄も ▼ クリック
  「担当者CD」を 選択
  [次へ] クリック

13.ステップ 5.コントロールの整列
  フォーム上のコントロールを整列
  「メインフォームの整列」欄で 「欄で、ラベル書きは左に」を選択する

14.「サブフォームの整列」欄でも 「欄で、ラベル書きは左に」を選択する

15.[次へ] クリック

16.ステップ 6.データエントリの設定
  データ入力モードを 選択
  【 フォームにはすべてのデータが表示されます 】 にチェックが入っている
  [次へ] クリック

17.ステップ 7.スタイルの適用
  フォームスタイルを適用
  「スタイルの適用」欄では 好みの色を選択
  「フィールド枠」欄でも 好みのスタイルを選択
  [次へ] クリック

18.ステップ 8.名前の設定
  フォーム名の設定
  「フォーム名」欄に 「得意先Mフォーム」と入力 ※ 任意の名前
  「フォームの作成後の処理を指定してください。」欄で
  【 フォームの変更 】 にチェックを入れる
  [完了] クリック

19.「フォームウィザード」が 閉じて 「Form Design」になる


長くなったので 続く



LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月15日 04:21 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

フォーム  4  LibreOffice Base

フォームの編集

前回までの状態

このままで 気にならねければ そのままでのいいのですが
「商品CD」と「商品名」の テキストボックスの大きさが長すぎる
「写真」のオブジェクトフレームも画像に比べ幅が長すぎる
今回は これを修正してみる

「商品CD」は フィールドの設定で 長さ: 4 
「商品名」は フィールドの設定で 長さ:30
「単価」は フィールドの設定で 長さ :10
これ以上の 長さは 余分になる
画像は プロパティを 見ると 220×168 以上の画像は無い
以上のことを踏まえて

参考 : 売上管理i_3.odb 
[フォーム]ペインの「商品Mフォーム」を 右クリック
表示されるメニューから 「編集」を選択

Design Form が デザインビューで 開く

「商品CD」のテキストボックスの位置で クリックする

ハンドルが 表示される

この段階では ラベルとテキストボックスは グループ化されている
試しにドラッグすると 「商品CD」とテキストボックスが 一緒に移動する

ですから 先に グループ化を解除する
右クリック
メニューから [グループ化]→[グループ解除]クリック

一度 別の場所をクリックしてから テキストボックスをクリック
今度は ハンドルの位置が テキストボックスの周りに変わっている

「商品CD」のテキストボックスの幅を 4文字分まで 狭める
※ 目安は 上のルーラーの数字 これは 文字単位になっている


ルーラーの単位の確認方法
ルーラーで 右クリック
文字に チェックが入っている

次が 微妙なのですが 設定上 「商品名」は 「30」としてあるので
テキストボックスの幅も 「30」にしておく
手順は 同様
 1.グループ化解除
 2.テキストボックスの幅を 上のルーラーを見ながら「30」にする

同様に 「単価」を 幅 「10」にする
そうしたら
それぞれを また グループ化する
1.[フォームコントロール]ツールバー

 これが 今回の場合 左側に縦に入っている

[フォームコントロール]ツールバーにある「選択」  を クリック
>
2.「商品CD」(ラベル)とテキストボックスを含むようにドラッグする

3.マウスボタンを離すと 両方が選択されている

4.選択された範囲内で 右クリック
  表示されたメニューで [グループ化]→[グループ化]クリック

 あと2ヵ所も同様に グループ化しておく

次は 「写真」(ラベル)とオブジェクトフレームですが
最初は グループ化の解除 を 行う
今度は 文字ではないので 大きさの目安が欲しい
そこで 画像を挿入し 大きさの目安にする
1.[挿入]→[画像]→[ファイルから]クリック

2.[画像の挿入]画面が表示される
  なんでもいいのですが 1010.gif を選択 [開く]クリック

3.画像が挿入される

4.挿入された画像を オブジェクトフレームの左上を合わせるように移動する

5.オブジェクトフレームの高さを ドラッグし 画像に合わせる

6.オブジェクトフレームの幅を ドラッグし 画像の幅に合わせる

7.画像を選択 画像を移動 [Delete]キーを押す 画像削除する

8.「写真」とオブジェクトフレームを 選択  で 選択
 グループ化する

9.[保存]  して 閉じる
10.「商品Mフォーム」をダブルクリック 開く

11.Form Design が開く 確認する


参考 : 売上管理i_4.odb 


LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月14日 07:58 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

フォーム  3  LibreOffice Base

画像の挿入

「写真」オブジェクトフォームに 画像ファイルを挿入する
テーブルのデータシートビューでは 表示出来ない画像をフォームでは表示できる

画像データ 12ファイル (任意のフォルダに保存する)
  1010.gif 

 1020.gif 

 1030.gif 

 2010.gif 

 2020.gif

 2030.gif

 3010.gif 

 3020.gif 

 4010.gif 

 4020.gif 

 5010.gif 

 5020.gif


参考 : 売上管理i_2.odb

[商品Mフォーム] を 開く



「写真」オブジェクトフレームを ダブルクリックする


[図の挿入]画面が 開く 先ほど画像を保存したフォルダを選択する


「1010.gif」 を 選択 [開く] クリック


「写真」オブジェクトフレームに 画像が 表示される


同様の作業を 各レコード 順番に行う
今の時点では 「候補11」となっているが レコード12 まであるので すべて挿入する



右上の を クリック Form Design を閉じる
注意画面が表示されたら [はい]をクリック 保存する



参考 : 売上管理i_3.odb 



LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月13日 23:01 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

フォーム  2  LibreOffice Base

[商品マスター]のフォームを 確認する

参考 : 売上管理i_1.odb [emoji:e-210]

1.売上管理i_1.odbを 開く
  「フォーム」ペインに 「商品Mフォーム」があるので ダブルクリック(開く)


2.Form Design が 開く


  「商品CD」「商品名」「単価」「写真」などを ラベルという
   タイトルや説明文を 表示する
  「1010」「バット(木製)」「18000」などを テキストボックス
   文字や数値などのデータを 入力する領域
  「写真」の下の領域 オブジェクトフレーム
   オブジェクト型のデータを挿入する領域
  コントロール ・・・ 上の3種類の各要素の総称
  レコード移動ボタン レコードを移動するときに 使用する

  
  
  
  現在あるレコード総数が 「11」で 現在表示しているのは「2」番目という意味 
   (最初のレコード) 先頭のレコードへ移動する
   (前のレコード) 前のレコードへ移動する
    (次のレコード) 次のレコードへ移動する
   (最後のレコード) 最終レコードへ移動する
   (新しいレコード) 最後のレコードの次の新規レコードへ移動する


データの入力

このフォームを使い 新規データを 入力する
入力するデータは
  
1.レコード移動ボタンの[新しいレコード]  をクリック


2.新規レコードが開く
  レコード移動ボタンを見ると レコードが「12」 候補が「12」になっている
 「商品CD」のテキストボックスに 「5020」と入力 [Enter]キー
 「商品名」のテキストボックスに 「ポロシャツ」と入力 [Enter]キー


最後 「単価」のテキストボックスで「5500」と入力後 
  [Enter]キーを押すと 次のレコード 「13」へ 移動するが そのまま閉じる


今 入力したものが 商品マスターテーブルに 格納されているか確認する
3.元の画面 [データベース]ペインで 「テーブル」を選択


4.[テーブル]ペインで 「商品マスターテーブル」をダブルクリック


5.「商品マスターテーブル」の Table Data View が 開く


  最後の行に 入力したデータが 表示されている
  候補は 「12」になっている 
参考 : 売上管理i_2.odb 



LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月12日 06:03 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

フォーム   LibreOffice Base

1.フォームの概要

「フォーム」とは
効率よくデータを入力したり 更新したりするためのオブジェクト

テーブルやクエリのデータシートビューで データを入力出来ますが
フィールドが多い場合には
1レコードが 横に長く並んで データの位置がわかりにくくなる
そのために 入力ミスが 起こりやすくなる
フォームを作成すると
 ※ 1レコードを 1画面に表示したり 
 ※ 帳簿形式で 表示したり
データの入力が 容易になる
※ データシートビューでは 表示出来ない画像を 表示することが出来る

[商品マスター]のフォームを作成する

最初は ここに書かれている通りに行い
自己流は、一度 確実に完成してから行ってください
ちょっとした違いが、ミスにつながることがあります


参考 : 売上管理i.odb 

1.売上管理i.odb を 開く
  [フォーム]ペインで 
  「ウィザードを使用してフォームを作成」を クリック(選択)


2.[Form Design]と[フォームウィザード]が 表示される


3.ステップ 1.フィールドの選択
  「テーブルまたはクエリ―」欄で 「▼」をクリック
  「テーブル:商品マスターテーブル」を 選択


4.「使用可能なフィールド」欄に 「商品CD」「商品名」「単価」「写真」が表示される
  すべて使用するので 真ん中の上から2番目  をクリック


5.「フォーム内のフィールド」欄に すべてが表示されたら [次へ] クリック


6.ステップ 2.サブフォームの設定 になる
  今回は サブフォームを設定しないので そのまま [次へ] クリック


7.ステップ 5.コントロールの整列 になる
  「メインフォームの整列」欄で
  
  「欄で ラベル書きは上に」を 選択  ※ 「欄で ラベル書きは左に」でも良い
  [次へ] クリック


8.ステップ 6.データエントリの設定 になる
  データ入力モードを選択
  今回は 既存のデータも変更するし 新規データも追加するので
  「フォームにはすべてのデータが表示されます」 に チェックが入っている状態で
  [次へ] クリック


9.ステップ 7.スタイルの適用 になる
  フォームのスタイルを適用
  「スタイルの適用」欄で 色を選択
  「フィールド枠」欄で 今回は 3D ルック を 選択
  [次へ] クリック
10.ステップ 8.名前の設定 になる
  フォーム名の設定
  「フォーム名」欄に 「商品Mフォーム」と入力
  「フォームの作成後の処理を指定してください」で
  【 フォームの変更 】に チェックを入れる
  [完了] クリック

201506240006.png

[フォームウィザード]が 閉じる
[Form Design]に 「商品CD」「商品名」「単価」「写真」それぞれの欄が表示される


変更したい箇所がある場合は ココで変更する

とりあえず 閉じる
※ 変更の保存画面が表示されたら [保存]クリック


元の画面に 戻る
「フォーム」欄に 「商品Mフォーム」が 出来ている
「商品Mフォーム」を ダブルクリック (開く)


確認する


今回は ここまで


LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月11日 19:53 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

クエリー( query ) 3  LibreOffice Base

複数のテーブルを結合し 仮想テーブルを編成する
  ※ 得意先マスターテーブルと担当者マスターテーブルを結合
   → 得意先マスタークエリーを 作成する

参考 : 売上管理h.odb  

1. 売上管理h.odb を 開く
2.[データベース]ペインで 「クエリー」を 選択(クリック)
  ※ 開いた時は 「フォーム」が選択されている


3.[タスク]ペインで 「デザイン表示でクエリーを作成」をクリック
  ※ [クエリー]ペインには 今まで作成した 2つのクエリーが 表示されている


4.[ Query Design ] と [テーブルまたはクエリ―の追加]が開く


5.[テーブルまたはクエリ―の追加]画面
  「得意先マスターテーブル」を選択
  [追加] クリック
  「担当者マスターテーブル」を選択
  [追加] クリック
  [テーブルまたはクエリーの追加]画面を 閉じる
 ※ それぞれのウィンドウが 見えない場合は それぞれ 調整して見えるようにする


6.[担当者マスターテーブル」の「担当者CD」フィールドをドラッグ
  [得意先マスターテーブル]の「担当者CD」フィールドへ ドロップする


 テーブル間に 結合線が 表示される
7.デザイングリッドに フィールドを追加する
  
 各フィールドを 順番に ダブルクリックする


8.ツールバーの保存  クリック
9.[名前を付けて保存]画面が表示される
  「得意先Mクエリー」と入力 ・・・→「得意先マスタークエリー」では長いので省略
  [OK] クリック


10.Query Design 画面を閉じる
  元の画面で 「得意先Mクエリー」が追加されていることを確認
  「得意先Mクエリー」を ダブルクリック(開く)


11.Table Data View が開く
  すべて表示されていることを確認する


 今回はここまで すべて閉じておく
参考 : 売上管理i.odb 



LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月10日 19:09 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

クエリー( query )  2  LibreOffice Base

あるテーブルから必要なフィールドを選択し 仮想テーブルを編成する

  ※ 得意先マスターテーブル から 得意先名・フリガナ・TEL だけを 選択
   → 得意先電話帳クエリー を 作成する
参考 : 売上管理g.odb 

1. 売上管理g.odb を 開く
2.[データベース]ペインで 「クエリー」を 選択(クリック)
  ※ 開いた時は 「フォーム」が選択されている

3.[タスク]ペインで 「デザイン表示でクエリーを作成」をクリック

4.[ Query Design ] と [テーブルまたはクエリ―の追加]が開く

5.[テーブルまたはクエリ―の追加]画面
  「得意先マスターテーブル」を選択
  [追加] クリック

※ 今回の場合 追加されたかどうか見えない
  境目に マウスポインタを合わせ 形が  になったら 下へドラッグする


6.「得意先マスターテーブル」が表示されていることが確認できたら 
[テーブルまたはクエリーの追加]画面を 閉じる

7.「得意先マスターテーブル」の内容が一部しか見えないので すべて見えるように ドラッグする

8.「得意先マスターテーブル」のフィールド名がすべて見えるようになったら
  「得意先名」を ダブルクリックする

9.下の [デザイングリッド] と呼ばれるところの
  フィールド欄に 「得意先名」 テーブル欄に 「得意先マスターテーブル」と表示される

10.「フリガナ」を ダブルクリックし 追加
  「 TEL 」を ダブルクリックし 追加する

11.ツールバーの保存  クリック
12.[名前を付けて保存]画面が表示される
  「得意先電話帳クエリー」と入力
  [OK] クリック

13.ツールバーの[クエリーの実行]  をクリックする

14.プレビューとして 表示される

15.確認し [ Query Design ] 画面 右上の  をクリック 閉じる
  注意画面が表示された場合は [はい]をクリック

16.元の画面  「得意先電話帳クエリー」が追加されている


参考 : 売上管理h.odb 


LibreOffice Base について

 ※ Base を 使う場合は 安定版 の方が良い
    最新版は 不具合が出る可能性がある


過去の Base の記事一覧

Base について  1 LibreOffice Base
Base について  2 LibreOffice Base
Base について  3 LibreOffice Base
Base  テーブル 1 LibreOffice Base
Base  テーブル 2 LibreOffice Base
Base  テーブル 3 LibreOffice Base
Base  テーブル 4 LibreOffice Base
Base  テーブル 5 LibreOffice Base
Base  テーブル 6 LibreOffice Base
Base  テーブル 7 LibreOffice Base
Base  テーブル 8 LibreOffice Base
Base  テーブル 8-2 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 1 LibreOffice Base
リレーションシップの設定 2 LibreOffice Base
クエリー( query ) 1  LibreOffice Base
クエリー( query ) 2  LibreOffice Base
クエリー( query ) 3  LibreOffice Base
フォーム  1  LibreOffice Base
フォーム  2  LibreOffice Base
フォーム  3  LibreOffice Base
フォーム  4  LibreOffice Base
フォーム  5  LibreOffice Base
フォーム  5-2  LibreOffice Base
フォーム  6 失敗の巻 LibreOffice Base
フォーム  6  LibreOffice Base
フォーム  6-2  LibreOffice Base
フォーム  6 について質問が?  LibreOffice Base
フォーム  7 LibreOffice Base
フォーム  8 LibreOffice Base
参照整合性の設定 LibreOffice
レポート  1  LibreOffice Base
レポート  2  LibreOffice Base
抽出などを行うクエリー   LibreOffice Base
一致(重複)クエリー?   LibreOffice Base  SQL 表示 使用
一致(重複)クエリー?  つづき  LibreOffice Base
めも SQL?
レポート  3   LibreOffice Base
Access のデータベースを LibreOffice Base で 開く
ピポットテーブル ?  LibreOffice Base
売上集計 クエリー  LibreOffice Base
期間を指定し データを 抽出する  LibreOffice Base
日付別 データを 抽出する  LibreOffice Base


[ 2011年07月10日 14:35 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR