FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  2012年03月

差し込み印刷 3

今まで、2回差し込み印刷を行いました

作業途中で、Writer に データソースを登録しました

登録したデータは、削除しない限り登録されたままです

今回のような練習のデータや今後使わない不要なデータは、削除しましょう

[表示]→[データソース]クリック

  

データソースが表示されたら 削除したいデータを選択
右クリックし 表示される[登録されたデータベース]をクリック

  

[登録されたデータベース]が表示される
削除したいデータを選択し、下にある[削除]クリック


確認のダイアログボックスが表示される
「その項目を削除しますか?」
[はい]クリック


[登録されたデータベース]の一覧から 削除される
[OK]クリック



もう1つすることがあります

自動で作成されたデータベースファイルを削除しなければいけません

Calc のデータを Writer に登録した際 自動的に Base が作成されます

デフォルトでは、「マイドキュメント」に作成されるようです


[ライブラリ]→[ドキュメント]

作成された Base ファイル(.odb) を 選択

削除する


 

.
スポンサーサイト



[ 2012年03月31日 09:11 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

差し込み印刷 2

ちょっと別なパターン


完成イメージ




元になるファイルは 2つ
 受講票 Writer の「差し込み印刷LW02.odt」 
 受講者リスト Calc の「受講リスト.ods」 

 
受講票 Writer の「差し込み印刷LW02.odt


受講者リスト Calc の「受講リスト.ods




1.元になる受講票 Writer の「差し込み印刷LW02.odt」 を開く
2.[編集]→[データベースの交換]クリック


3.[データベースの交換]画面が表示される
  [検索]をクリックする


4.[開く]ダイアログボックスが表示される
  「受講リスト.ods」 が、保存してあるフォルダでファイルを選択し[開く]クリック
5.[データベースの交換]画面の「使用できるデータベース」欄に 「受講リスト」と表示される
  [閉じる]クリック


6.[表示]→[データソース]クリック

  

7.本文の上に、「データソース」が表示される
  「受講リスト」を展開し、「テーブル」-「Sheet1」をクリックする


8.「データソース」欄にある項目名「会社名」を 本文の会社名欄へドラッグする


9.「氏名」欄へ 「氏名」をドラッグ <氏名>になったら、スペース+「様」を入力
  「コース名」欄へ 「コース名」をドラッグ
  「ご受講日」欄へ 「受講日」をドラッグ
  「受講料」欄へ 「受講料」をドラッグ <受講料>になったら、「円」を入力


10.[ファイル]→[印刷]クリック
  メッセージが表示される
  [はい]をクリックする


11.[差し込み印刷]画面
  「出力」欄で 【 ○ ファイルとして 】にチェックを入れ
  [OK]クリック


12.[名前を付けて保存]画面
  任意の名前を付けて、保存する



.
 
[ 2012年03月30日 20:06 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

差し込み印刷 1

LibreOffice で、差し込み印刷


作成するイメージから


元になるファイルは 2つ
 案内文 Writer の「差し込み印刷LW01.odt」 
 送信相手のリスト Calc の「会社リスト.ods」 


会社リストは 8件



1.元になる案内文 ( 差し込み印刷LW01.odt ) を開く
2.[編集]→[データベースの交換]クリック

  

3.[データベースの交換]画面が表示される
  今までに データベースを利用したことがある場合は
  右側の「利用できるデータベース」欄に利用したデータベースが表示される
  その一覧に 今回利用する会社リストがない場合は
  [検索]をクリックする


4.[開く]ダイアログボックスが表示される
  「会社リスト.ods」 が、保存してあるフォルダでファイルを選択し[開く]クリック
5.[データベースの交換]画面の「使用できるデータベース」欄に 「会社リスト」と表示される
  [閉じる]クリック


6.[表示]→[データソース]クリック

  

7.本文の上に、「データソース」が表示される
  「会社リスト」の前にある 田 をクリックする


8.「クエリー」と「テーブル」と表示される
  「テーブル」の前の 田 をクリックする


9.「Sheet1」と表示される
  「Sheet1」を選択する
  右側に [Sheet1]の内容が表示される



「会社リスト」で、案内文書に挿入したいものは
「会社名」と「部署名」・「担当者名」

「案内文書」の 2行目に 「データベース」の項目名「会社名」をドラッグする


10.ドラッグした場所に、<会社名> と表示される


11.3行目に、「部署名」をドラッグ


12.<部署名> が表示されたら、スペースを挿入する


13.「担当者名」をドラッグする


14.<部署名> <担当者名>が出来たら 「スペース」「殿」を入力する



 この場合8枚の文書が出来上がります
  この8枚になった文書を保存する


15.[ファイル]→[印刷]クリック
  メッセージが表示される
  [はい]をクリックする


16.[差し込み印刷]画面が表示される
  「出力」欄で、【 ○ ファイルとして 】にチェックを入れる
  [OK]クリック


17.[名前を付けて保存]画面が表示されるので、任意の名前を付けて保存する

  差し込み印刷保存.odt 



.
[ 2012年03月29日 10:06 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

フォントワーク

自分はあまり使わないのですが

フォントワークを縦書きに


どのようなケースなのか?

まったくイメージがわかなかったので

無理やりのサンプル



右端に 「十訓抄」と縦にフォントワークを挿入する
※ Microsoft では、「ワードアート」と呼んでいる

「図形描画ツールバー」にある


(フォントワークギャラリー)を クリックする



[フォントワークギャラリー]が表示される
左上端の「お気に入り1」を選択 [OK]クリックする


画面の左端に 表示される


この状態を覚えておく
 周りに  (ハンドル)が表示されている
 [フォントワーク]ツールバーが表示される

この状態の時に ハンドル内(「Fontwork」の上)にマウスを持っていくと
マウスポインタの形が  になる そこでダブルクリックする
「Fontwork」が表示され、文字入力が可能になる


「Fontwork」を消し、「十訓抄」と入力する


ツールバーにある 「文字の体裁:上から下へ」をクリックする


内側の「十訓抄」が縦になり 外側は縦書きの横になった状態になる


フォントワークの枠内マウスポインタが  の時に右クリックして
表示される一覧から[位置とサイズ]をクリックする


[位置およびサイズ]画面が表示される
[位置およびサイズ]タブ 「アンカー」欄で、【 ○ ページに(P) 】にチェックを入れる


[回転]タブ 「回転角」欄
右側にある 「デフォルト設定」の画像の「下の真ん中」○をクリックする


すると
角度欄が、「270.00度」になる [OK]クリック


確認すると


ハンドルをドラッグして、サイズを調整する


最後に ツールバーで 色を設定する



フォントの種類を変えたり 表面の設定で、「影」を付けたりすると


.
[ 2012年03月28日 06:42 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

Impress について 2

LibreOffice 3.4.5 Impress


Music 挿入TEST


拡張子 mp3・wav を 挿入

スライドショーを実行

正常に 音楽が流れる

サンプル MusicTEST.odp 

このファイルを Microsoft PowerPoint 97/200/XP/2003(.ppt)(*.ppt) で、保存する



挿入したはずの Music が なくなる


LibreOffice 3.4.5 で Music を 挿入し作成した(.odp)ファイルを
LibreOffice 3.5.1 で 開き スライドショーを実行すると クラッシュする



Movie 挿入 TEST

拡張子 wmv・mpg・avi のファイルを挿入

スライドショーを実行

正常に 動画が再生される


※ 動画の拡張子(.mpg)は、MPEGⅡ
サンプル MovieTEST.odp 
サンプル2 wmvTEST.odp 

このファイルを Microsoft PowerPoint 97/200/XP/2003(.ppt)(*.ppt) で、保存する



挿入したはずの Movie が なくなる


LibreOffice 3.4.5 で Movie を 挿入し作成した(.odp)ファイルを
LibreOffice 3.5.1 で 開き スライドショーを実行すると クラッシュする


LibreOffice Impress で

動画や音楽を挿入した場合

Microsoft Office との互換性はない 可能性が高い

ODF プレゼンテーション(.odp)(*.odp)で 保存し

LibreOffice 3.4.5 で、実行するほうがよい


あくまでも 「oji3」個人の意見です

.
[ 2012年03月27日 15:04 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

Impress について

LibreOffice 3.5 系では、

Impress に 不具合があるようです





過去のバージョンでも 注意してほしいのが

Microsoft の形式で保存したい場合です


これは Impress に限りませんが

まず ODF 形式で 保存して


その後 Microsoft 形式での保存を行ってください

※ マスター文書として ODF 形式で保存する


ファイル作成し
「ファイルの種類」で Microsoft 形式を選択して保存すると
画面は そのままなので、ちゃんと保存できているように見えますが
一度 そのファイルを閉じて 
再度 Microsoft 形式のそのファイルを開くと 表示できない部分がある

マスター文書が 保存してあれば 良いのですが
いきなり Microsoft 形式で保存し 閉じると それまでやったことがすべて消える可能性もあります

特に わかりやすいのが Impress での music や movie の挿入したファイル

そして、LibreOffice 3.5 系の不具合は、作成時は見えているが
スライドショーを行うと クラッシュしたり 画像が見えない状態がある

あくまでも 私の場合ですが

LibreOffice 3.5.1 Impress の場合


 Movie を入れた場合 
  
  スライドショーを行うと クラッシュする

 Music を挿入した場合

  スライドショーを行うと クラッシュする

注意:Movie・Music の拡張子ごとの確認がまだ

※ ODF プレゼンテーション(.ODP) で保存し、
  LibreOffice 3.4.5 で スライドショーを行うと 音楽・動画は再生する
  拡張子(.wav)(.mp3) ・ (.avi)(.mpg)



 Movie を入れた場合

  拡張子(.ppt)で保存すると Movie が消える

 Music を挿入した場合

  拡張子(.ppt)で保存すると Music が消える

 この症状は、LibreOffice 3.4.5 でも同じ



 画像(.jpeg)が、スライドショーで見えない

 しかし、入っているので

  LibreOffice 3.4.5 で スライドショーを行うと見える

  (.ppt)形式で、保存すれば、PowerPoint でも見える

 (.png)(.gif)の画像は大丈夫でした



LibreOffice 3.5.2 では

JPEG 画像も見えるようになりました


音楽や動画は まだ、駄目なようです






.
[ 2012年03月26日 12:40 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

LibreOffice 3.4.5 を Portable で 使う

LibreOffice 3.5.1 が、リリースされました




LibreOffice 3.4.5 の方が良い場合もあります


2つの LibreOffice を パソコンに入れることはできません

そこで、LibreOffice 3.4.5 を USB や SDカードに入れて 両方のバージョンを使いこなす

LibreOffice 3.4.5 の Portable は 
LibreOffice の 本家ホームページ Downroad Portable
LibreOffice Portable このページに、3種類の LibreOffice があります ( 2012/03/27 現在 )


1.【 LibreOffice 3.4.5 Portable MultilingualNormal 】を クリック
  「LibreOfficePortable_3.4.5_MultilingualNormal.paf.exe 」を ダウンロードする

  
2.「LibreOfficePortable_3.4.5_MultilingualNormal.paf.exe 」を 展開、インストールする


3.[実行]を、クリックする
4.[ Installer Language ]が表示される
  「日本語」であることを確認し、[OK]クリック


5.[ LibreOffice Portable | PortableApps.com Installer ]
  [次へ]クリック


6.「コンポーネントを選んでください。」の画面
  そのまま 何もせず [次へ] クリック


7.「インストール先を選んでください。」の画面
  「インストール先フォルダ」欄の右側にある[参照]をクリック


8.[フォルダの参照]画面
  LibreOffice Portable をインストールする USB や SDカード (フォルダ)を選択
  [OK]クリック


9.「インストール先を選んでください」画面
  インストール先フォルダ欄が 選択した場所の「LibreOfficePortable」のフォルダになる
  [インストール]クリック


10.「インストール」画面
  インストールの状況が 緑のバーで表示される


11.インストールが終わると 画面が変わる
  [完了]クリック




これは LibreOffice 3.5.1 と同じパソコンで使用することが前提なので
Java を 同じ USB や SDカードに入れる必要はない

しかし、持ち歩いて 別のパソコンで使用する可能性のある方は
Javaのポータブル版(jPortable) を 同じ USB や SDカードに入れたり
参考:USB 起動 用 LIbreOffice 
インストールし出来たフォルダ(LibreOffice Portable) の
「App」「libreoffice」 「Basis」 「share」 「fonts」「truetype」に
フォントを入れたりしてください

3.5.1 を やめて、3.4.6 にしたい方は

LibreOffice 3.5.1 を アンインストールしてから


ここから LibreOffice 3.4.6 

意外と見つけにくかった



.
[ 2012年03月25日 17:24 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

LibreOffice Calc で、二重入力規則 3

今回は 蛇足

D3 セルへの設定


1.「名前ボックス」の ▼ クリック
  「名前の管理」を選択

 

2.[名前の管理]画面が表示される
  [追加]をクリック


3.[名前の定義]画面になる
  「範囲」欄が選択されている状態で、セル範囲 H2:N2 を選択する


4.「名前」欄に、「総務課」と入力する
  [追加]をクリックする


5.[名前の管理]画面に戻る
  一覧に「総務課」が追加される
  [追加]をクリックし 残りの「課」すべての「名前」を付ける
 
すべての課が終了し、一覧に追加されたら [OK]をクリック


6.D3 セルを選択
  [データ]→[入力規則]クリック


7.[データの入力規則]画面
  [条件]タブ
  「入力値の種類」欄 [すべての値 |▼] ▼ をクリック


8.表示される一覧から「セルの範囲」を選択


9.「ソース」欄に 「 INDIRECT(C3) 」と入力する
  [OK]クリック


10.D3 セルに、リスト設定がされた 矢印が表示される

  

11.矢印をクリックすると リストが表示される


12.C3 の「課名」が変わると リストも変わる



注意

参照しているセルが空欄の場合エラーになる




.
[ 2012年03月24日 18:20 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

LibreOffice Calc で、二重入力規則 2

今回は C3 セルへの設定

前回 B3 セルへ リスト設定したことにより 
「総務部」「営業部」「開発部」が、B3 セルに表示される


今回の設定は、
B3 セルが、「総務部」の場合は
C3 セルの選択肢が 「総務部」の「総務課」・「経理課」・「人事課」
B3 セルが、「営業部」の場合は
C3 セルの選択肢が 「営業部」の「営業1課」・「営業2課」・「営業3課」・「営業4課」
B3 セルが、「開発部」の場合は
C3 セルの選択肢が 「開発部」の「開発1課」・「開発2課」・「技術開発課」
こうなるようにする

最初は、名前の定義
1.「総務部」の各課名が入力されているセル範囲 G2:G4 を選択
2.「名前ボックス」に 「総務部」と入力 [Enter]キーを 2回押す


※ 同じ方法で、あと2つの「名前」を付けても良いのですが
  せっかくですから 別の「名前の定義」の設定方法
3.[名前ボックス]の ▼ をクリック
  一覧が表示される
  「名前の管理」
  「総務部」 (今、設定した名前)
  「部名」  (前回、設定した名前)
  「名前の管理」を クリックする

  
4.[名前の管理]画面が表示される
  [追加]をクリックする


5.[名前の定義]画面に変わる


6.範囲欄が 選択されている
  そのまま、今度名前を付けるセル範囲 G5:G8 を選択する
  ※ ドラッグし始めると、[名前の定義]画面が小さくなる


7.ドラッグが終わると 元の大きさになる
  「範囲」欄が、$Sheet1.$G$5:$G$8 となる


8.「名前」欄に 「営業部」と入力
  [追加]をクリックする


9.すると、[名前の管理]画面に戻る
  一覧に今設定した「営業部」が入った
  もう一度 [追加]をクリックし 「開発部」の名前を設定する



10.「名前の定義」の設定は終了


11.C3 セルを選択
  [データ]→[入力規則]クリック
  

12.[データの入力規則]画面が表示される
  [条件]タブ
  「入力値の種類」欄で、「セルの範囲」を選択
  「ソース」欄に
INDIRECT(B3) と 入力

  [OK]クリック


13.C3 セルに、リスト設定がされた 矢印が表示される

  

14.B3 セルを 「総務部」にして C3 セルの矢印をクリックすると
  「総務課」・「経理課」・「人事課」と表示される


15.B3 セルを 「営業部」にして C3 セルの矢印をクリックすると
  「営業1課」・「営業2課」・「営業3課」・「営業4課」と表示される


16.B3 セルを 「開発部」にして C3 セルの矢印をクリックすると
  「開発1課」・「開発2課」・「技術開発課」と表示される




あとは、繰り返し

一応 次回 D3 セル 氏名の設定


.
[ 2012年03月23日 16:56 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

LibreOffice Calc で、二重入力規則 1

どこかに書いたと 思うのですが

リストから リスト選択表示


Excelで、
入力規則を設定してドロップダウンリストからデータを入力できるようにする
このドロップダウンリストから入力させる機能を、2つのリストを連動させる

※ 以前 OpenOffice.org の古いバージョンでは 出来なかった(と思う)
  OpenOffice.org 3.2.0 以降 では、できます

例えば一つ目のリストに「総務部」「営業部」「開発部」と表示されるようにし
この中から「総務部」を選んだときに
二つ目のリストに総務部に所属する課だけが表示され
「営業部」を選んだときには 営業部の課
「開発部」を選んだときには 開発部の課だけが表示されるようにする


LibreOffice Calc での 設定方法

サンプル LC001.ods 



設定する内容

 B3 セルに、部の名前を入力(選択)する
 C3 セルのドロップダウンリストには、
   B3 セルで選択した部に属する「課」のリストが、選択肢に表示される
 D3 セルのドロップダウンリストには
   C3 セルに選択した「課」に所属する「氏名」のリストが、選択肢に表示される

 B3 セルに、「部名」のドロップダウンリストを作成する
1.セル範囲 F2:F11 を選択


2.名前ボックスに、「部名」と入力する
  ※ 「部名」と入力後 文字確定の[Enter]キー もう一度「名前の定義」の[Enter]キー
    2回の「Enter]キーを押す


3.B3 セルを選択
4.[データ]→[入力規則]クリック


5.[データの入力規則]が表示される
  [条件]タブ
  [すべての値  |▼]の ▼ をクリック
  表示される一覧から 「セルの範囲」を選択する


6.「ソース」欄に、先ほど「名前」を付けた「部名」と入力する
  [OK]クリック


7.B3 セルに、リスト設定が設定された矢印が表示される

  

8.矢印をクリックすると リストが表示される

  

9.これで、B3 セルには、部名「総務部・営業部・開発部」から選択するリスト設定が完了した


長くなりそうなので 今回は、ここまで

次回は、C3 セルへの設定



.
[ 2012年03月22日 15:03 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

積み上げ・集合グラフ  LibreOffice Calc

よくある質問・検索で

積み上げグラフと集合グラフの複合グラフ


このようなデータから


このようなグラフを作成する



サンプルのデータが多すぎるので
ちょっと減らして
サンプル グラフ0015.ods  


元データを編集する


このように行を追加
仮にデータを入力する
項目名は、「A」「B」「C」「D」
数値は、すべて「0」
初めから空欄だと認識されないので、仮入力です

セル範囲 A3:E16 を選択し 積み上げ棒グラフを作成する




グラフが出来たら 

仮データ B4・B8・B12・B16を削除する



グラフも変化する


[データ系列]の書式設定を表示して

「設定」欄 間隔を 0% にする



すると グラフ間の隙間がなくなる


最後にちょっとグラフを編集する



参考



サンプル完成 グラフ0015_1.ods 


注意

邪魔だからと言って 追加した行を「表示しない」にするとグラフが変化してしまう
行の高さを 可能な限り低くする



.
[ 2012年03月21日 15:11 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

「Web 質問箱」 4

前回の場合は LibreOffice Base で 「パーマ」の場合だけの対応でした

「条件」行に 入力する文字列を 変更して 
それぞれに 別のクエリ名を付けて保存すれば
それぞれの顧客名・住所が 表示できます


もう1つ方法があります

クエリ実行時に


表示したい「対応内容」を入力する

パラメータクエリを 作成する




1.最初から クエリを作成してもよいのですが
  できている「パーマ」クエリを編集する方法もあります
2.「クエリ」で 「パーマ」を右クリック
  一覧の「編集」をクリック
3.「対応内容」欄の「条件」行の「'パーマ'」を削除

  【 LIKE:対応内容を入力 】と入力する

4.[ファイル]→[名前を付けて保存]クリック
5.[名前を付けて保存]で
  クエリー名欄に 「対応内容を入力」とする [OK]クリック
6.LibreOffice Base : Query Design を 閉じる
7.「クエリー」欄に 「対応内容を入力」ができる
8.ダブルクリックする
9.[パラメータの入力]画面が表示される


10.「 値 」欄に 例えば「カット」と入力してみる
  [OK]クリック


11.表示される



この場合は 対応内容を表示したほうがよいかもしれません

後 入力する内容を間違えないこと

対応内容

1.カット
2.カラー
3.シャンプー
4.ストレート
5.トリートメント
6.パーマ
7.メイク
8.着付け

.
[ 2012年03月20日 17:37 ] カテゴリ:データベース | TB(0) | CM(0)

「Web 質問箱」 3

パーマ顧客管理についての3回目になってしまった

前回までで 「顧客名簿」テーブルが 1つできた

今回は 前回と同じ手順で テーブル「対応リスト」を作成する
画像は面倒なので、省略
1.Calc の「パーマ顧客管理.xlsx」のシート「対応リスト」を開く
  ※ B 列の幅が狭く、「 ### 」になっているかもしれない 列幅を調整して下さい
2.セル B2 をクリック
   [Ctrl]+[Shift]+[→] そして [Ctrl]+[Shift]+[↓]で 
  対応リスト一覧を選択する
3.青く選択された部分を  
  Base の「パーマ顧客管理.odb」の「データベース」欄の「テーブル(A)」へ ドラッグする
4. [テーブルのコピー]画面が表示される
  「テーブル名」欄を 「対応リスト」に変更し [次へ]クリック
5.[列の適用]画面
  真ん中の上から2番目 [ ≫ ]クリック
6.項目がすべて右側に移動する 
  [次へ]クリック
7.[タイプの書式設定]画面
  [完了]クリック
8.「プライマリキー」に関するダイアログボックスが表示される  
このデータベースでは、レコード認識に一意な
インデックスあるいはプライマリキーが必要です。
この構造条件のうちどちらか1つが満たされると
テーブルにデータ入力できます。

プライマリキーを作成しますか。

  [いいえ]を選択(クリック)
9. Base の「パーマ顧客管理.odb」の「テーブル」欄に
  「対応リスト」が追加される


10.テーブルが 2つ出来たので、Calc の「パーマ顧客管理.xlsx」は、閉じる


11.念のため 出来たテーブルを確認する
  「テーブル」欄の 「顧客名簿」をダブルクリックする


12.Table Data View が表示される


13.「対応リスト」テーブルも確認する


14.「プライマリキー」を設定するので 
  「テーブル」欄の「顧客名簿」を右クリック
  一覧から「編集」をクリックする


15.[パーマ顧客管理.odb:顧客名簿-LibreOffice Base: TableDesign]
  「顧客番号」の左側にある  を右クリック
  一覧で、「プライマリキー」をクリック


16. に 鍵のマークがつく 


17.保存して 閉じる
18.「対応リスト」テーブルも同様に設定する
  [パーマ顧客管理.odb:対応リスト-LibreOffice Base : Table Design]
  「顧客番号」の左側を クリック


19.「顧客番号」の左側に のマークが付く
  右クリック 
  一覧で、「プライマリキー」をクリック


20.保存して 閉じる


21.[データベース]欄で、「クエリー(B)」をクリック
  [タスク]欄で、「デザイン表示でクエリーを作成」をクリック


22.「パーマ顧客管理.odb:クエリー1-LibreOffice Base:Query Design」
  「テーブルまたはクエリ―の追加」
  この 2つが表示される
  
  「テーブルまたはクエリ―の追加」で、
  「顧客名簿」が選択された状態で [追加]をクリック


23.「対応リスト」を選択し [追加]をクリック
  「テーブルまたはクエリ―の追加」は 閉じる
24.「パーマ顧客管理.odb:クエリー1-LibreOffice Base:Query Design」で
  太い横線をマウスで選択 マウスポインタが  になる
  下へ ドラッグする




25.表示された上の欄にある
  「顧客名簿」の「顧客番号」をクリック
  「対応リスト」の「顧客番号」までドラッグする


26.リレーションが設定された


要望は 
顧客の中から パーマをかけた人だけの名前、郵便番号、住所を抽出する

  なので、クエリで 下へ 表示させるのは
  「氏名」「郵便番号」「「都道府県」「住所」
  そして、検索条件として「対応内容」
27.「氏名」「郵便番号」「「都道府県」「住所」「対応内容」を ダブルクリックする


28.下の欄で 「対応内容」欄の「条件」行に
  「パーマ」と入力する


29.[クエリーデザインツールバー]の「クエリーの実行」をクリック


30.表示される


31.保存して 閉じる


32.[名前を付けて保存]
  クエリー名欄「クエリー1」を 「パーマ」に変更し [OK]クリック


33.「クエリー」欄に 「パーマ」ができる


34.「パーマ」をダブルクリックする


※ 「パーマ」を表示したくない場合は [編集]で Query Design を表示
  「対応内容」対応内容」欄 「表示」行のチェックを外す


保存して もう一度開くと




一応 これで良いと思いますが

次回は


「パーマ」以外のものを表示したい場合


.
[ 2012年03月19日 14:55 ] カテゴリ:データベース | TB(0) | CM(0)

前回「Web 質問箱」の続き

前回は Excel 2010 で やってみましたが

LibreOffice の データベースアプリケーション



Base で、行うとどうなのか?



1.LibreOffice を起動します

2.[データベース]をクリックします



3.[データベースウィザード]画面
  「ステップ」 「1.データベースの選択」
  【 ○ 新規データベースの作成 】にチェックが入っている
  [ 次へ(N)≫ ]クリック


4.[データベースウィザード]画面
  「ステップ」 「2.保存して続行」
  【 ○ はい登録します(Y) 】にチェックが入っている

  ☑ データベースを開いて編集します(A)
  [ 完了(F)≫ ]クリック


5.[名前を付けて保存]画面が表示されるので 
  任意の場所に 任意の名前を付けて保存する
  (例)「パーマ顧客管理」とした
6.LibreOffice Base ファイル名「パーマ顧客管理.odb」が表示される




「テーブル」を作成する

Excel のデータがあるので LibreOffice Calc で開き インポートする

パーマ顧客管理.xlsx

7.[ファイル]→[開く] クリック


8.[開く]ダイアログボックスが表示される
  「パーマ顧客管理.xlsx」を選択し [開く]クリック
9.Calc の「パーマ顧客管理.xlsx」と Base の「パーマ顧客管理.odb」の2つが表示される
  両方が見えるように配置する


10.Calc の「パーマ顧客管理.xlsx」で、セル B2 をクリック
  [Ctrl]+[Shift]+[→] そして [Ctrl]+[Shift]+[↓]で 
  顧客名簿一覧を選択する


11.Calc の「パーマ顧客管理.xlsx」で選択され、青くなった部分をドラッグし
  Base の「パーマ顧客管理.odb」の「データベース」欄の「テーブル(A)」へ ドラッグする
  マウスポインタの形が  になっている


12.[テーブルのコピー]画面が表示される
  「テーブル名」欄を 「顧客名簿」に変更し [次へ]クリック


13.[列の適用]画面
  真ん中の上から2番目 [ ≫ ]クリック


14.項目がすべて右側に移動する 
  [次へ]クリック


15.[タイプの書式設定]画面
  データベースに詳しい方は ここで、「フィールドの種類」や「長さ」などを設定する
  しかし 詳しくない方は そのまま [完了]クリック


16.「プライマリキー」に関するダイアログボックスが表示される
  
このデータベースでは、レコード認識に一意な
インデックスあるいはプライマリキーが必要です。
この構造条件のうちどちらか1つが満たされると
テーブルにデータ入力できます。

プライマリキーを作成しますか。


[いいえ]を選択


17. Base の「パーマ顧客管理.odb」の「テーブル」欄に
  「顧客名簿」と表示される



長くなりそうなので 今回はここまで 

続く


.
[ 2012年03月18日 12:58 ] カテゴリ:データベース | TB(0) | CM(0)

Web 質問箱の 質問

Web 質問箱に このような質問が



現在美容室の顧客10000件程をエクセルで管理しております。
今回やりたいことは、
顧客の中から パーマをかけた人だけの名前、郵便番号、住所を抽出する

このようなことに適したソフトはありませんでしょうか?

以前は ワイドベースで似たようなことをしていたのですが
Wwindows7 64bitで動作しないため
別の方法を考えていました

また、弥生顧客も試しましたが、
インポートの時点で修正が莫大にあり断念しました

尚、エクセルには下記のような順番入力しております

1.「顧客番号」「氏名」「フリガナ」「郵便番号」「住所」 「生年月日 」「性別」「メール」
2. 000000001 花子 ハナコ 111-1111 東京都 1999/9/9 女 1@1111.com

更に 別シートには 対応リストがあります

1.「対応日」 「顧客番号」「顧客名」「スタイリスト」「対応内容」
2. 22/03/18 000000001 ハナコ 鈴木 パーマ


私ならば、最初に

Excel で、できないか?


と考えると思います

顧客数は、1万件 この程度ならば Excel でも十分対応可能でしょう

抽出を行うことができるか?

説明によると シートは2枚

  顧客名簿

  対応リスト


  対応リストの「対応内容」が、「パーマ」の人の「顧客番号」を抽出
    VLOOKUP 関数で、「名前」・「郵便番号」・「住所」を取り出す

何の問題もなく できそうです



やってみましょう

サンプルデータ パーマ顧客管理.xlsx 

この方は、Excel のバージョンを書いてありませんが
この方に回答しているわけではないので Excel 2010 で やってみます

1.顧客名簿


2.対応リスト



まぁこんな感じかな?



これらのデータはこれからも増えていくので
この2つの一覧は 「テーブル」に変更しておく

「テーブル」に変更しておけば データが増えた場合に 
いちいち範囲の変更設定しなくても 自動で 範囲を増やしてくれる

1.シート「顧客名簿」の 名簿一覧内のセルをクリック
2.[ホーム]タブ 「スタイル」グループ
  「テーブルとして書式設定」をクリック
  任意のスタイルを選択する
3.ただし、オートフィルタは邪魔なので 解除しておく



Sheet3 に、抽出する予定

何を抽出するのか A1 セルに 表示させる

A1 セルに 「パーマ」と入力

シート「対応リスト」に、作業列を作成します
G3 セルに 【 =IF(F3=Sheet3!$A$1,ROW(A1),"") 】と入力する


[テーブル」に設定してあるので 書式が拡張される
この作業列に意味は 「パーマ」の行を特定するために必要
「パーマ」の場合には ROW 関数で 行番号を表示して ほかの行との区別をする
下へ オートフィルする
「テーブル」なので、数式を入力した場合
数式を入力したセルの右下に

  が、表示される

クリックすると

この列のすべてのセルをこの数式で上書き」と表示される
これをクリックする


下へ 数式がコピーされる




Sheet3 へ、表示したい列見出しを入力しておく

B2 セルに 「顧客番号」
C2 セルに 「氏名」
D2 セルに 「フリガナ」
E2 セルに 「郵便番号」
F2 セルに 「都道府県」
G2 セルに 「住所」
と 入力する

 


必要な3か所に 「名前」を付ける

 シート「対応リスト」の作業列

 シート「対応リスト」の顧客番号の列

 シート「顧客名簿」の一覧表


それぞれ 「作業列」「顧客番号」「顧客名簿」と名前にする

Sheet3 の セル B3 には、

=IFERROR(INDEX(顧客番号,SMALL(作業列,ROW(A1))),"")


Sheet3 の セル C3 には

=IF(B3="","",VLOOKUP($B3,顧客名簿,COLUMN(B1),0))


C3 セルを G3 まで 右へ オートフィル

後は下へオートフィル





罫線ですが B3:G10000 まで選択し
 
条件付き書式で B 列が空欄でない場合に 罫線を表示する設定を行う

意外とこんな簡単なこともわからない人がいるので

蛇足ですが


B3:G10000 を選択 というのは データが 1万件あるというので 一応
ありえないでしょうが 十分なゆとりで設定

条件付き書式設定では 

「数式を使用して」を選択


数式欄には


=$B3<>""


「セルの書式設定」 [罫線]タブ
[外枠]すべてに線を表示

パーマ顧客管理結果.xlsx 

.
[ 2012年03月17日 22:59 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

LibreOffice フォーラムへの投稿方法 3

LibreOffice フォーラム へは



わからないことの質問や


不具合の疑いを 投稿すると思います



LibreOffice は、いろいろな人が使用しています

  世界中の色々な国 (言語)

  さまざまな OS   Mac や Linux など

  更新が早いので いろいろなバージョン


質問する際には

日本人で、日本語で利用している方は

LibreOffice フォーラムも 日本語へ

投稿には、OS ・ バージョンを 必ず記入

不具合かな? の場合

その操作手順を なるべく詳しく

その症状が起きたファイルを添付


他の人が、同じ操作を行い確認できるように


「ファイルの添付」方法

新規投稿の場合

1.「題名」を入力
2.「フォーラム」を確認(選択)
3.「言語」を確認
4.「本文」を入力
  ここで、OS・バージョンを必ず記入
  出来るだけ詳しく手順を入力
5.ファイルを添付する
   ファイルの添付 を クリック


6.「ファイルの添付」が展開する



この投稿にファイルを添付したい場合は、
「参照」ボタンでファイルを選び、
「添付」ボタンを押してアップロードしてください。
添付ファイルの「リスト」欄にチェックを入れると、
この投稿が表示される際、添付ファイルリストとして一緒に表示されます。
リストの1番目のファイルはRSSフィードに含められます。
ファイルを削除したい場合は、「削除」欄にチェックを入れてください。
なお、添付ファイルに対する変更は、
この投稿を送信するまで適用されませんので注意してください。

最大アップロードサイズは 10 MB です。
アップロードが許可されるファイルの拡張子:
jpg jpeg gif png txt doc docx xls pdf ppt pps odt ods odp rtf zip odg



注意事項

ファイルのサイズ 最大10MB

ファイル名 半角英数にする

拡張子の確認


最初、私も困ったのが、許可される拡張子が少ないこと
例えば、Excel 2007 以降の(.xlsx)や Base (.odb) などが許可されていない


許可されていないファイルを添付したい場合は

圧縮ソフトを利用し、(.zip)にします

Zip ファイルにすれば、添付できます

※ 解凍・圧縮ソフトは、フリーソフトがあります 「Lhaplus」・「+Lhaca」など

 Windows Vista ・Windows 7 では、特別なソフトなしで、圧縮できます
 圧縮したいファイルを右クリック
 表示される一覧から
  「送る」→「圧縮(Zip 形式)フォルダー」クリック


 選択したファイルがあった場所に Zip ファイル(フォルダ)ができる
※  出来たZip ファイルのアイコン

7.[ファイルを選択]をクリック

  

8.[開く]ダイアログボックスが表示されるので、作成したZipフォルダを選択
  [開く]クリック
9.[ファイルを選択]の右側に、添付したいファイル名が表示される
  [添付]をクリック


添付中

10.[ファイルの添付]欄に、添付されたファイル一覧が表示される
  ※ 添付したいファイルがまだある場合は、同じ操作を繰り返す
11.すべて添付し終わったら 下の[CAPTCHA]欄
  「この質問はあなたが人間かどうかをテストし、
自動化されたスパム投稿を防ぐためのものです。」
数式の設問
  その都度、数式が変わります
  注意:半角数字で、入力すること 全角ではエラーになります
 
  入力が終わったら、

  一番下の[投稿]をクリックする





.
[ 2012年03月16日 03:37 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

LibreOffice フォーラムへの投稿方法 2

LibreOffice フォーラムが 変わっていました

投稿したい場合


左側の下のほうに 「ユーザーログイン」という欄があります



はじめての場合は ここの「アカウントの作成」をクリック


User Login  のページになる


User Login
サイトルール
アカウント登録を完了することをもって本ルールに同意したものとみなします。
秩序を乱すことや不正行為をしないでください。
悪質な場合はアカウントを削除させていただきます。
本フォーラムで汚い言葉を使用しないでください。
本フォーラムでのスパム行為を禁止します。スパム者は、起訴します。
本フォーラムでの不法行為にを利用を禁止します。犯罪者は、起訴します。
トピックに関する回答のメールで通知を受け取ることができます。
大いに楽しんでください!

このように 特に難しいルールはありません
常識のある方ならば メールアドレスさえ持っていれば登録できます

[アカウントの作成]をクリックすると メールが送られてきます



送られてきた パスワードを使いログインすると


真ん中の部分が 以下のようになっています


主な項目が 4つ

  LibreOffice の 事始め
  LibreOffice アプリケーション
  LibreOffice 拡張機能とカスタマイズ
  LibreOfficeForum.org コミュニティー


それぞれの項目内で また 項目があります


本題

新規の投稿を行いたい場合

その細かな内容の項目を選択します


例えば、Calc について投稿したい場合

【LibreOffice アプリケーション】の下にある


Calc (スプレッドシート)をクリック


すると Calc (スプレッドシート)に関する投稿のページになります


ここで、フォーラム という文字の下にある

Post new Forum topic を クリックする



すると フォーラムトピックの作成 (for Calc)のページ になる



この場合は 投稿したい項目から 投稿を選択したので
「フォーラム」欄は 既に選択されている



ten さん 本当にありがとうございました

m(__)m



.
[ 2012年03月15日 23:58 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

LibreOffice フォーラムへの投稿方法 1

「LibreOffice」に登録はしたのですが、
            報告の仕方がわかりません。
もしよろしければ、お教え願えませんか?


こういった内容のコメントがあり 

LibreOfficeForrum.org を確認したら

リニューアルされていて

新規投稿の方法がわかりませんでした

とりあえず

以前の投稿を編集する形で 


質問しておきました

今しばらくお待ちください



お待たせいたしました

フォーラムの質問に 返答がありました

しかし 管理者からではなく


投稿の常連さん(ten さん)からでした


現時点:2012年 3月16日(金曜日) 20:35 では

フォーラムのどこをクリックして良いのかわかりません

 失礼しました m(__)m

 ten さんの書いて下さった内容をちゃんと読んでいませんでした
投稿したいトピックのカテゴリを選択 =>
       Post new Forum topicをクリック

次回に書きます




とりあえず、

「アカウント」を作成し 

ログインした状態で


ここをクリックしてください



「フォーラムトピックの作成」 


そして 良ければ 「お気に入り」に登録してもらえれば と思います

注意

ログインしていない場合


となります



こんな感じのページです



 「題名」は、メールの件名のような感じで 短めに 要点を

 「フォーラム」では、
 ▼ をクリックして 投稿する内容にあったものを 一覧から選択する

   

 「言語」では、「日本語」でしょう (このブログを見ている人は)

 「本文」質問などを 入力してください

添付できるものがある場合は、下にある  をクリック

 この投稿にファイルを添付したい場合は、
 「参照」ボタンでファイルを選び、
 「添付」ボタンを押してアップロードしてください。
  添付ファイルの「リスト」欄にチェックを入れると、
 この投稿が表示される際、添付ファイルリストとして一緒に表示されます。
 リストの1番目のファイルはRSSフィードに含められます。
 ファイルを削除したい場合は、「削除」欄にチェックを入れてください。
  なお、添付ファイルに対する変更は、
 この投稿を送信するまで適用されませんので注意してください。


 最大アップロードサイズは 10 MB
 アップロードが許可されるファイルの拡張子:
 jpg ・ jpeg ・ gif ・ png ・ txt ・ doc ・ docx ・ xls ・ pdf
 ppt ・ pps ・ odt ・ ods ・ odp ・ rtf ・ zip ・ odg


[プレビュー]で確認し 良かったら [投稿]をクリックする


.
[ 2012年03月14日 10:24 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

Microsoft Excel のグラフを 開く 確認 

前回までは、LibreOffice Calc で作成したものを MS Excel で開いた場合でした

今回は、逆の場合を検証してみようと思います

Microsoft Excel で作成した グラフを、LibreOffice 3.5.0 Calc で開いた場合


 MS Excel 2003 で作成したグラフ ブーケ新聞紙.xls



LibreOffice 3.5.0 Calc で開いた場合


LibreOffice 3.5.0 の場合のサイズ
 高さ(縦) 7.14cm  幅(横) 12.19cm



 MS Excel 2010 で作成したグラフ 1 ブーケ紙.xlsx 


LibreOffice 3.5.0 Calc で開いた場合


LibreOffice 3.4.5 Calc で開いた場合



 MS Excel 2010 で作成したグラフ 2 色指定.xlsx 



LibreOffice 3.5.0 Calc で開いた場合



LibreOffice 3.4.5 Calc で開いた場合



元のサイズは
 高さ(縦) 7.14cm  幅(横) 13.34cm
LibreOffice 3.5.0 では
 高さ(縦) 7.17cm  幅(横) 11.79cm
LibreOffice 3.5.0 では
 高さ(縦) 7.14cm  幅(横) 11.75cm








ファイルを受け渡す可能性がある場合は

色を指定して作成したほうが無難


グラフの位置が 少し上に上がる?
.
[ 2012年03月03日 14:48 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

LibreOffice のグラフを 開く 確認 2

前回の 「LibreOffice のグラフを開く 確認」

LibreOffice Calc で作成した グラフ
※ ビットマップ「水面」と「つぶつぶした面」を利用し、
Microsoft Excel 97/2000/XP/2003 (.xls) 形式で 保存したファイル

水面つぶつぶした面ME.xls 

Excel 2010 では、エラー表示が現れ

開くことができなかった


どうにかして、開くことができないか?


いろいろやってみました



私が、開くことに成功したケース

Excel 2010 の設定を いじりました

この方法は、別のサイトで確認していません
正しいのか? わかりません
この 「正しい」 とは、【パソコンに、悪影響を与えない】という意味です

1.[ファイル]クリック [オプション]クリック
  
2.[Excel のオプション]ダイアログボックス
  左側で、[セキュリティセンター]をクリック


3.[Excel のオプション][セキュリティセンター
  右側の一番下「Microsoft Excel セキュリティセンター」欄
  [セキュリティセンターの設定]をクリック


4.[セキュリティセンター]画面
  左側の[信頼できる場所]をクリック


5.[セキュリティセンター][信頼できる場所
  右側の下のほうにある[新しい場所の追加]をクリック


6.[Microsoft Office の信頼できる場所]画面
  真ん中にある[参照]をクリックする


7.[参照]ダイアログボックスが 表示されるので
  「マイドキュメント」を開き 「新しいフォルダー」をクリック 作成する
  ※ 新しいフォルダの名前は、ほかのフォルダと確実に区別できる名前にする
  (例)「信頼できるフォルダ」(そのままですがわかりやすい 忘れても思い出す)
  [OK]クリック

8.[Microsoft Office の信頼できる場所]画面
  【 C:¥User¥ユーザー名¥Documents¥信頼できるフォルダ 】
  となる 
  [OK]クリック


9.[セキュリティセンター]画面
  「信頼できる場所」「パス」欄 一番上に、今追加したフォルダが表示される
  [OK]クリックして、[セキュリティセンター]を閉じる


10.[Excel のオプション]も[OK]クリックして閉じる

このフォルダ(「信頼できるフォルダ」)に、水面つぶつぶした面ME.xls を移動する

そして、Excel 2010 で、水面つぶつぶした面ME.xls を開く

何の注意表示も現れずに開く




今のところ(2012/02/29 現在)は、この方法なら開きました
※ この場合は、アドインが有効でも開きました

フォルダではなく、そのファイルを設定できれば もっと安全だと思うが、
まだ その方法は、わかりません _l ̄l○lll ガクッ

.
[ 2012年03月02日 20:34 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)

LibreOffice のグラフを 開く 確認

LibreOffice で、グラフを作成

いろいろな保存形式で保存


再度 LibreOffice で、開きなおした場合

元のファイル グラフTEST.ods を編集
 「グラフの表面」「表面」を ビットマップ「水面」
 「グラフの壁面」「表面」を ビットマップ「つぶつぶした面」を利用した場合
 水面つぶつぶした面.ods 


このファイルを 次のファイル形式で保存し、再度 LibreOffice で開いた場合

 Office Open XML 表計算ドキュメント(.xlsx) 形式
 Microsoft Excel 2007/2010 XML(.xlsx) 形式
 Microsoft Excel 97/2000/XP/2003 (.xls) 形式 


 Office Open XML 表計算ドキュメント(.xlsx) 形式 水面つぶつぶした面OOX.xlsx 


 Microsoft Excel 2007/2010 XML(.xlsx) 形式 水面つぶつぶした面ME_XML.xlsx 


 Microsoft Excel 97/2000/XP/2003 (.xls) 形式  水面つぶつぶした面ME.xls 




ビットマップが残るのは、

Microsoft Excel 97/2000/XP/2003 (.xls) 形式」の場合



Excel 2010 で、このファイルを開く

エラー表示が、表示される


Microsoft Excel
ファイルが破損しているため開くことができません。



※ この Excel 2010 には、アドインを設定していません


同じファイルを、Excel 2003 で開いてみる

注意文が表示される


 Microsoft Excel
  このファイルを開こうとしたときに、
  Office ファイル検証機能によって問題が検出されました。
  このファイルを開くのはセキュリティ上危険である可能性があります。
  [開く] [キャンセル]


 [開く]をクリックすると 開きます




参考



.
[ 2012年03月01日 17:19 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR