FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  2013年12月
月別アーカイブ  [ 2013年12月 ] 

≪ 前月 |  2013年12月  | 翌月 ≫

覚書

ページスタイル
 ページ
  「余白」
  左・右・上・下 各20.00mm

 行数と文字数
  「グリッド線」
   行数と文字数を指定する
  「行数ともj奇数の設定」
   1文字の 最大サイズ :12pt
   ルビ文字の最大サイズ : 4pt
   ページ単位の行数  :45
   行単位 の文字数  :40


テキストボックス
  「段落」
   「インデント」
    ・テキストの前 : 2.00mm
    ・テキストの後 : 2.00mm
  「間隔」
    ・段落の上 : 2.00mm
    ・段落の下 : 2.00mm
   「行間」
    ・1行

 「領域」
  「影」
   影を使う
   間 隔 : 1.50mm

 「文字」
  「位置」
   間 隔 : 広くする 間隔(L):2.0pt

 ※ これを行わないとテキストボックス内の文字が読めなかった
  原因は、フォントの設定かもしれませんが、
  201312280011.png


図形描画
 「線」
  線
   線の属性
    「実線」・幅:2.00mm

スポンサーサイト



[ 2013年12月28日 18:19 ] カテゴリ:LibreOffice Writer | TB(0) | CM(0)

Word2010 で「白抜き」の設定

ワープロの試験で、文字の設定で「白抜き」という指示が良くあります
Word2003 までであれば、簡単でした

Word2010で解答する場合
Word2003 のようなものがなくなりました
そこで、コンピュータサービス技能評価試験の場合
Word2010 では、以下のようにするように 補足資料 が添付されています

コンピュータサービス技能評価試験 ワープロ部門 文字飾り(中抜き)について
試験問題概要の「練習問題」の解答に当たり、文字飾り「中抜き」が出題される課題においては、
Word2010で作成する場合、以下の設定例のように設定して作成すること。
なお、実際の試験では、受験会場で別途設定方法が指示された場合、その指示に従うこと
「文字の輪郭」を「線(単色)」とし、
「文字の塗りつぶし」を「塗りつぶし(単色) 」で「白」に設定する。
※1:「文字の輪郭」の「線(単色)」の色は、初期設定の色(青色系)のままとする。
※2:「文字の塗りつぶし」の「塗りつぶし(単色)」の色は、白とする。

文章で書いてあると、わかりにくいのですが、
 [ホーム]タブ 「フォント」グループ 「文字の効果」アイコンをクリック
 表示される一覧の1行目右から2番目の「塗りつぶし-白、輪郭-アクセント1」アイコンをクリックです
 ※ 配色パターンなどを初期設定から変更していない場合です
201312280001.png

配色パターンを変えている場合
1.「フォント」グループの「フォント」と書かれている右端にあるアイコン 201312280003.png をクリック
2.「フォント」画面を表示させる
201312280002.png
3.「フォント」画面「フォント」タブの一番下にある「文字の効果(E)...」をクリックする
  201312280004.png
4.「文字の効果の設定」画面が表示される
  「文字の塗りつぶし」欄では、「塗りつぶし(単色)」にチェックを入れ
  「塗りつぶしの色」の色をクリック
  一覧から左上端の「白色」をクリック選択する
  201312280005.png
5.「文字の輪郭」欄で、「線(単色)」にチェックを入れ
  色をクリック 「標準の色」欄にある「青」をクリック選択する
  201312280006.png
※ 「標準の色」の「青」は、初期設定の「青」と少し違うので、全く同じにしたい方は、「その他の色」をクリック
  201312280009.png
  「色の設定」画面 「ユーザー設定」タブ
  下にある「カラーモデル:RGB」で、「赤」:79・「緑」:129・「青」:189 にする
     201312280008.png

設定した白抜き文字
  201312280010.png



[ 2013年12月28日 10:00 ] カテゴリ:コンピュータサービス技能評価試験 | TB(0) | CM(0)

旧「おジさん学習帳」について

今日(2013/12/22)も まだ、見ることは可能なようです
しかし、
もう σ(^_^) は、ログインができなくなっています
運営側(DTI)が、どのような設定を行うのかわかりませんし
万が一、
訪問者さんが、「秘密のコメント」を書き込んだとしても
σ(^_^) は、見ることができません
出来れば、
こちらへ来ていただいた方が良いと思うのですが
[ 2013年12月22日 15:15 ] カテゴリ:プライベート | TB(0) | CM(0)

LibreOffice 4.1.3.2 で、CS技能評価試験 PartⅡ その8

補足
前回書こうかと思っていながら、長くなってしまい書けなかった
 一番最初に、「以上」の下に1行作成した理由
 表の1列目の文字の配置で、「均等割り付け」する
 ファイルを提供した理由の1つについて


 一番最初に、「以上」の下に1行作成した理由
課題の中に、以下のような部分があります
【 5.課題の最終行が、1ページの設定行数となるようにすること。 】
オーバーした場合は、2ページ目に「以上」が移動するのですぐに理解できると思いますが、
足りなかった場合、わかりにくいからです。
1行余分に作成しておけば、余分な行だけが、2ページになっていれば、ピッタリであることがわかります。
ただし、試験の場合最後に必ず余分な行を削除することを忘れないようにする
※ 現実には、CS技能評価試験を LibreOffice で、受験する方はいないとは思いますが
 表の1列目の文字の配置で、「均等割り付け」する
表内での「均等割り付け」ですから、覚えておいたほうが良いと思い
 1.均等割り付けしたいセルを選択する
 2.「書式(O)」→「段落(A)...」をクリックする
   201312220020.png
 3.表示される「段落」画面の「配置」タブ 「オプション」欄
   「最後の行(L)」の[標準 |▼]の▼をクリック
   「両端揃え」をクリック選択する
   [OK]クリック
201312220021.png
 これで設定した場合の画像
201312220023.png

 ファイルを提供した理由の1つについて
MicrosoftOffice Word と同じようにしようと思った場合
ページ設定が、難しい
余白を同じにすると、「行数」「文字数」の設定をしなければならなくなる
LibreOffice Writer の場合は、極力「行数と文字数を指定する」を使用しないほうが良い
※ σ(^_^) の意見
「ページスタイル」の「行数と文字数」タブ グリッド線で「行数と文字数を指定する(C)」を使用すると
いろいろな部分で、不都合なことが多い 
そのため 余白の設定で、行数と文字数を課題に沿ったように、σ(^_^) が作成し提供しました
余白の設定だけでは、Word と同じようにはならないので、「段落」の設定で、「行間」を「1.5行」にしてあります
このため 今回の課題を試した方が、入力が面倒でコピー&貼り付けなどをした場合
行間が「1.5行」ではなくなり、1ページちょうどにならない可能性もあります

.
[ 2013年12月22日 15:00 ] カテゴリ:LibreOffice Writer | TB(0) | CM(0)

LibreOffice 4.1.3.2 で、CS技能評価試験 PartⅡ その7

最後に、表の罫線の設定および補足

まずは、罫線の確認
201312220001.png

  外枠が太い
  1列目と2列目の2行目と3行目の間の罫線が破線
  4列目の5行目と6行目の間の罫線が破線
  1列目1行目のセルに斜線

 外枠を太線にする
 1.表全体を選択
 2.「表」ツールバーの
hyop.png 「表のプロパティ」をクリックする
201312220002.png
   「表の書式」画面 「外枠」タブ
   「幅(W)」欄を、「0.55pt」にする
   「標準(D)」欄で、左から4番目「外枠と表内のすべての線を設定」をクリック
   [OK]クリック

201312220006.png
   もう一度 hyop.png 「表のプロパティ」をクリック
   「幅(W)」欄を、「1.55pt」にする
   「標準(D)」欄で、左から5番目「表内の線を変更せず、外枠線を設定」をクリック
   [OK]クリック

201312220007.png

 1列目と2列目の2行目と3行目の間の罫線が破線にする
  1列・2列の2行・3行のセル4つを選択
  「表」ツールバーの
hyop.png 「表のプロパティ」をクリックする
201312220008.png
   「表の書式」画面 「外枠」タブ 「線」 「スタイル(Y)」欄 ▼ をクリック
   破線をクリック選択する

201312220011.png
   「幅(W)」欄では、「1.05pt」に設定する
   「線を引く位置」の「ユーザー定義(U)」欄では、他の線に注意しながら横線をクリックする
   [OK]クリック

201312220010.png

 4列目の5行目と6行目の間の罫線が破線にする
   5行目と6行目の4列目のセルを選択
   「表」ツールバーの
hyop.png 「表のプロパティ」をクリックする
201312220012.png
   先ほどと同様に
   「スタイル(Y)」を「破線」・「幅(W)」を「1.05pt」・「ユーザー定義(U)」では、横線に設定
   [OK]クリック

201312220013.png

 1列目1行目のセルに斜線
   LibreOffice Writer の場合、まだ、表の罫線では設定できないようです
   ですから、「図形描画」「線」で設定する
   「図形描画」ツールバーの 「線」をクリックする

201312220014.png
   マウスポインタの形が mousesen.png に変化する
   表の左上の角からセルの右下へ マウスポインタの十をうまく利用しドラッグする

201312220016.png

   「図形描画オブジェクトのプロパティ」ツールバーで、「線の太さ」を「0.49mm」・「線の色」を「黒」にする
  201312220017.png

LibreOffice Writer で作成した表
201312220018.png
表の斜線ができないのが、残念です_| ̄|○ ガクッ...
.
[ 2013年12月22日 06:52 ] カテゴリ:LibreOffice Writer | TB(0) | CM(0)

LibreOffice 4.1.3.2 で、CS技能評価試験 PartⅡ その6

今回は、未設定箇所を設定します
 1.「B級グルメバトル2013」の箇所
  ・ 「B級グルメバトル」では、「網掛け」の設定
  ① 「B級グルメバトル」をドラッグ選択
  ② 「書式(O)」→「文字(H)...」をクリック

201312212025.png
  ③ 表示される「文字」画面で、「背景」タブ 「背景色」欄
     3行目右から2つ目の「灰色10%」をクリック選択
     [OK]クリック

201312212027.png

  ・ 「2013」では、「囲み線」の設定
    「囲み線」は、LibreOffice Writer にはありません
     代用として、図形(四角形)を挿入する
     「図形描画」ツールバーの「四角形」をクリックする
201312212028.png
     マウスポインタの形が、mouseju.png になる
     「2013」を囲う様にドラッグする

201312212029.png
     「図形描画オブジェクトのプロパティ」ツールバーの[色 |▼]の▼をクリック
     「なし」をクリック選択
201312212030.png
     ツールバーの「線の太さ」を「0.5mm」(0.49mm)「線の色」を「黒」にする
201312212032.png

 2.「1.開催日」の箇所
   「開催日」をWord では、4文字分の均等割り付け
   「開催」の2文字をドラッグ選択
   「書式(O)」→「文字(H)...」をクリック

   201312212033.png
    「文字」画面 「位置」タブ
    「間隔」欄で、「広くする」にして、間隔を「10.5pt」の半分「5.25pt」
    [OK]クリック

   201312212034.png
 3.表の1列目 3文字の均等割り付け
   難しく考えず、単純に「当日」と「ゴミ」の2文字の文字列の間に「スペース」を入れる

201312212035.png
 4.2行目4列目のセルで、文字列の配置の設定
   セルを選択
   「書式(O)」→「段落(A)...」

201312212036.png
     「段落」画面 「インデントと行間隔」タブ
    「行間」欄 [1行 |▼]の▼をクリック「1.5行を選択
    [OK]クリック
201312212037.png

 5.表1行目と4\行目の塗りつぶし設定
   1行目を選択
   「表」ツールバーの「背景色」の▼をクリック 「灰色10%」を選択する

201312212039.png
    4行目も同様に設定する
 6.「投票について」の文字列に「囲み線」の設定
   「B級グルメバトル2013」の図形を右クリック・コピーする

   201312212040.png
   「投票について」の付近に貼り付け
   文字列に合わせて調整する

   201312212041.png
 7.「投票について」の文字列に、「斜体」の設定
   「投票について」文字列をドラッグ選択する
   「書式設定」ツールバーの i.png (斜体)をクリック
   201312212042.png

あと残っているのは、次回
表の線種と線の太さの設定

[ 2013年12月21日 22:57 ] カテゴリ:LibreOffice Writer | TB(0) | CM(0)

LibreOffice 4.1.3.2 で、CS技能評価試験 PartⅡ その5

表の部分から

1.表の1行目を選択
  「書式設定」ツールバーにある soroe2.png (中央揃え)アイコンをクリックする

  201312212011.png
2.続けて、「B」(太字)アイコンをクリック
  201312212012.png
3.表の4行目を選択
  先ほどと同じ操作で、「中央揃え」の設定を行う

201312212014.png

4.表の下の文字列「投票について」をドラッグ選択
  「B」(太字)アイコンをクリック

  201312212015.png>
5.次の2行を選択
   「書式(O)」→「段落(A)...」をクリック

  201312212016.png
 「段落」画面が表示される
  「インデントと行間隔」タブで、「インデント」欄
  「テキストの前(B)」の数値を「1.00文字」にする

  201312212022.png
6.「以上」の行にカーソルを移動
  soroe3.png 「右揃え」アイコンをクリックする
201312212023.png


一応ここまでで、確認作業を行う
201312212024.png
未設定箇所
 1.「B級グルメバトル2013」の箇所
  ・ 「B級グルメ」では、「網掛け」の設定
  ・ 「2013」では、「囲み線」の設定
 2.「1.開催日」の箇所
   「開催日」をWord では、4文字分の均等割り付け
 3.表の1列目 3文字の均等割り付け
 4.2行目4列目のセルで、文字列の配置の設定
 5.表1列目と4列目の塗りつぶし設定
 6.「投票について」の文字列に「囲み線」の設定
 7.「投票について」の文字列に、「斜体」の設定


.
[ 2013年12月21日 19:21 ] カテゴリ:LibreOffice Writer | TB(0) | CM(0)

LibreOffice 4.1.3.2 で、CS技能評価試験 PartⅡ その4

今回は、上の方から順に、フォント、フォントサイズ、太字及びセンタリング等の設定を行いたいと思います
1.3行目にカーソルを移動し、「書式設定」ツールバーにある soroe3.png (右揃え)アイコンをクリックする
  201312212001.png
2.7行目にカーソルを移動、「書式設定」ツールバーにある soroe3.png (右揃え)アイコンをクリックする
  201312212002.png
3.9行目カーソルを移動、「書式設定」ツールバーにある soroe2.png (中央揃え)アイコンをクリックする
201312212003.png

4.9行目の文字列 「B級グルメバトル2013」 を ドラッグ選択
  「書式設定」ツールバーの[フォント名|▼]の▼をクリック 「HGS創英角ポップ体」を選択・クリックする

201312212004.png

5.続けて、[フォントサイズ|▼]の▼をクリック 「20」をクリック・選択する
  201312212005.png
6.14行目にカーソルを移動、「書式設定」ツールバーにある soroe2.png (中央揃え)アイコンをクリックする
  201312212006.png
7.16行目から20行目を選択
  「書式(O)」→「段落(A)...」をクリック

  201312212007.png
  「段落」画面が表示される
  「インデントと行間隔」タブで、「インデント」欄
  「テキストの前(B)」の数値を「1.00文字」にする

  201312212020.png
  [OK]クリック
8.18行目「1人前400円」に関しては、
  インデントで設定しても、スペースで位置を下げてもかまわないと思います
  ・ スペースで行う場合 スペース7個分
  ・ インデントで設定する場合は、「テキスト前」合計8文字分
9.19行目「16時」をドラッグ選択
  「書式(O)」→「文字(H)...」をクリック

  201312212009.png
  表示される「文字」画面 「フォントの効果」タブ
  「オプション」で、「下線」の[(なし) |▼]の▼をクリック
  表示される一覧で、「二重線」をクリック選択
  [OK]クリック

  201312212021.png

続く 

.
[ 2013年12月21日 15:58 ] カテゴリ:LibreOffice Writer | TB(0) | CM(0)

LibreOffice 4.1.3.2 で、CS技能評価試験 PartⅡ その3

今回は、表の部分から
表の左斜め上に、マウスポインタを移動すると
形が、斜めの矢印 mouse5.png になり「表全体を選択」と表示されるので、そこでクリックする
20131221o010.png

表が選択されたら、その上で、右クリック
表示されるメニューで、「行(R)」→「高さ(H)...」をクリックする

20131221o011.png

「行の高さ」画面が表示される
   20131221o012.png
「高さ」欄の数値を「8.01」に変更し、[OK]をクリックする
   20131221o013.png
※ 何故?「8.01」にしたのか忘れてしまいました。_| ̄|○ ガクッ...
  何か根拠があったはずなのですが...
  MicrosoftOffice Wordで、表を挿入した場合の初期設定値は、「6.4mm」のはずなのです。
「セルの結合」を行います
 1.1行目の右の2列を選択
 2.「表」ツールバーの seru1.png 「セルの結合」アイコンをクリックする
   20131221o014.png
 3.3列目の2行目と3行目を選択 
 4.「表」ツールバーの seru1.png 「セルの結合」アイコンをクリックする
   20131221o016.png
 5.4列目の2行目と3行目を選択
 6.「表」ツールバーの seru1.png 「セルの結合」アイコンをクリックする
   20131221o017.png
 7.4行目をすべて選択
 8.「表」ツールバーの seru1.png 「セルの結合」アイコンをクリックする
   20131221o018.png
 9.3列目の5行目と6行目のセルを選択
 10.「表」ツールバーの seru1.png 「セルの結合」アイコンをクリックする
   20131221o019.png
 11.7行目の2列目から4列目のセルを選択
 12.「表」ツールバーの seru1.png 「セルの結合」アイコンをクリックする
   20131221o020.png
セル幅の調整は後にして、文字を入力します
20131221o021.png

幅の調整を行います
  1列目と2列目の境目の線にマウスポインタを合わせ、
    形が retsuhaba.png になったら、左へドラッグする
    位置は、改行マークの後ろ付近
   20131221o022.png
  [Ctrl]+[Shift]キーを押しながら、1行目2列目と3列目の境の線にマウスポインタを合わせ
    形が retsuhaba.png になったら、左へドラッグする
    位置は、2行目と3行目の改行マークの後ろ付近
   20131221o023.png
 [Ctrl]キーと[Shift]キーを同時に押しながら行うと
別の位置にある列幅と区別して調整できる

  [Ctrl]+[Shift]キーを押しながら、3行目2列目と3列目の境の線にマウスポインタを合わせ
    形が retsuhaba.png になったら、左へドラッグする
    位置は、改行マークの後ろ1行目と同じ位置
   20131221o024.png
  2行目3列目と4列目の境の線にマウスポインタを合わせ
    形が retsuhaba.png になったら、左へドラッグする
    位置は3列目の改行マークの後ろ付近
   20131221o025.png
  5行目の3列目と4列目の境の線にマウスポインタを合わせ
    形が retsuhaba.png になったら、左へドラッグする
    位置は3列目の改行マークの後ろ付近
   20131221o026.png
とりあえず、こんな感じで
20131221o027.png

次回に続く

.
[ 2013年12月21日 11:25 ] カテゴリ:LibreOffice Writer | TB(0) | CM(0)

LibreOffice 4.1.3.2 で、CS技能評価試験 PartⅡ その2

コンピュータサービス技能評価試験ワープロ部門3級の課題2の場合
まず、(表の部分以外)「ベタ打ち」(?)で文章を入力したほうが良いと思います
「右寄せ」や「中央寄せ」、文字のサイズ、フォントの変更などはあとから設定したほうが楽だと思うからです。

 1行あいていることの確認のために、 kaigyo.png「編集記号」(改行マーク)を表示させます。
・「標準」ツールバーの右端にある kaigyo.png 「編集記号」をクリックします
20131221o002.png

その後、このように、入力だけ済ませます
20131221o003.png

次は、表の部分です
 表を挿入する前に、改行を2・3行しておきます
 その後、21行目にカーソルを置き、「挿入(I)」→「表(T)...」をクリック
   20131221o004.png
 「表の挿入」画面が表示される
   20131221o005.png
見本を確認する
20131221o007.png
   ・列は、一番多いところを見ると「4列」の部分が4行あるので、4列
   ・行は、7行
そこで、「表の挿入」画面で、列:4・行:7 と設定
[挿入(A)]をクリック
   20131221o006.png
 表が挿入される
20131221o008.png
 表への入力は、ちょっと後にします
 ※ ここは、好みですので先に入力したい方は先でも構いません
 表の下1行あけて、残りの文章を入力する
20131221o009.png
  : 「以上」の下に1行作成しておく

次回に続く
[ 2013年12月21日 09:52 ] カテゴリ:LibreOffice Writer | TB(0) | CM(0)

LibreOffice 4.1.3.2 で、CS技能評価試験 PartⅡ

「LibreOffice で、コンピュータサービス技能評価試験問題を」の Part2
課題は、
 H25年 CS技能評価試験 ワープロ部門 3級 課題2A 
まずは、「ページ設定」
MS Office の場合は、「仕様」に
 1.1行の文字数は、40文字に設定すること。
 2.印刷面の余白は、上下左右それぞれ25mm程度に設定すること。
とあるのですが、
LibreOffice Writer の場合は、3級程度の方には、MS Office Word の課題用に設定するのは難しい
と、σ(^_^)思うので
こちらから提供します
 提供ファイル : cs40.ott 
 ※ 拡張子を見ていただくと、「.ott」これは、LibreOfficeWriter のテンプレートの拡張子です
   ダウンロードして開くと、ファイル名は「無題1」になります
このファイルへ入力して、以下のようなページを作成したい

201312071002.png

   1.課題中の□印は、1行あけることを意味するものとする。
     (□印は、入力しないこと)
   2.課題中の★印は、フォント、フォントサイズ、太字及びセンタリングの編集箇所を示すものとする。
     (★印、指示文字及び{ 印は、入力しないこと)
     なお、★印以外の編集等については、課題に示すとおりとすること。
   3.課題中の「★敬称」については、該当するものを次の中なら1つ選び、
       部の前の文字に続けて入力すること(  は、入力しないこと)。

       各位   御中   様
   4.罫線の設定は、本文の文字列を参考に調整すること。
   5.課題の最終行が、1ページの設定行数となるようにすること。
   6.指定されたフォルダ「解答」に、「課題2A(全角)」のファイル名で保存すること。

 次回 やってみます
[ 2013年12月20日 08:02 ] カテゴリ:LibreOffice Writer | TB(0) | CM(0)

LibreOffice 4.1.3.2 で、CS技能評価試験 4

今回で3回目 課題の解き方(σ(^_^)の方法の1つ)

⑫上付き
 表の4行目左端の「携帯灰皿の販売※」の「※」をドラッグ選択する
 201312190007.png
 [書式(O)]クリック表示されるメニューの「文字(H)...」をクリック
   201312190008.png
 [文字]画面が表示される
 [位置]タブを選択
 「位置」欄で、「上付き(A)」を選択する
201312190009.png

⑬罫線削除
 表の右端列の3行目から6行目のセルをドラッグ選択する
 201312190001.png
 「表」ツールバーの「外枠と線の追加」アイコンの▼をクリックする 
 201312190002.png
 201312190004.png
 表示された一覧の左端上の何もないアイコンを選択する
 201312190003.png
 そのままの状態で、次に2行目左端の外枠だけのアイコンをクリック選択する
 201312190006.png
⑭移動
 表の9行目の「こんにちは」の文字列をドラッグ選択する
 201312190010.png
 文字列が選択された状態の部分を上のセル(「こんばんは」の後ろ)へドラッグする
 201312190011.png
 下図のようになる
 201312190012.png
⑮移動
 次は、8行目の「こんばんは」をドラッグ選択し同様の操作で下のセルへ移動する
 201312190013.png
⑯中抜き
 下から2行目の「お願い」の文字列をドラッグ選択する
 201312190014.png
 [書式(O)]→[文字(H)...]でも良いのですが、今回は選択した文字列の上で右クリック
 表示されるメニュー一覧の「文字(H)...」を選択
 ※どちらの方法でも好みの方法で[文字」画面を表示できればよい
 201312190015.png
 表示された[文字]画面「フォントの効果」タブで、「アウトライン(C)」にチェックを入れる
 201312190016.png
 下のプレビュー欄を見るとMicrosoftOffice の「白抜き」状態と同じに見える
201312190017.png
 [OK]クリック

201312190018.png

この課題では、MicrosoftOffice との大きな違いは、

「白抜き」→「アウトライン」

くらいでしょうか?
.
[ 2013年12月19日 06:55 ] カテゴリ:LibreOffice Writer | TB(0) | CM(0)

LibreOffice 4.1.3.2 で、CS技能評価試験 3

前回の続きです

⑧列削除
 表の左端にある列の上にカーソルを移動する
 カーソルの形が下向きの矢印になる位置([表の列を選択]と表示される)
 201312180001.png
 クリックすると列が選択され、「表」ツールバーが表示される
 hyo.png (列の削除)アイコンをクリックする
201312180002.png

⑨列幅調整
 表の左端縦の線にカーソルを合わせる
 カーソルの形が retsuhaba.png になる([表の列を調整]と表示される)
 201312180003.png
 左ボタンを押したまま左方向へ移動する(左へドラッグする)
 (マウスポインタの形が変化し、縦の移動補助線が表示される)
 201312180004.png
 移動の目安は、20行目左端「・・・推進する。」の後ろ付近

⑩行削除
 表の上・22行目にカーソルを置く
 201312180005.png
 [Delete]キーを押す
⑪行入れ替え
 表の2行目(「安全・安心」の下)にカーソルを置く
 201312180006.png
 「表」ツールバーの hyoin.png
(行の挿入)アイコンをクリックする
 201312180007.png
 表の5行目の右側にマウスを置く
 マウスポインタの形が変わり、「表の行を選択」と表示される
 201312180008.png
 色が変わった部分でクリックし、3行目へドラッグする
 201312180009.png
 空欄になった5行目を選択する
 201312180010.png
 表示される「表」ツールバーの retsu.png (行の削除)アイコンをクリックする
 201312180011.png
今日はここまで
201312180012.png


⑫上付き
⑬罫線削除
⑭移動
⑮移動
⑯中抜き
[ 2013年12月18日 06:56 ] カテゴリ:LibreOffice Writer | TB(0) | CM(0)

LibreOffice 4.1.3.2 で、CS技能評価試験 2

今回は、前回の課題をやります

①フォントサイズ変更(14ポイントへ)
  ・「マナーアップキャンペーンについて」をドラッグ選択
201312170001.png

  ・[書式設定]ツールバーのフォントサイズ[10.5|▼]の▼をクリック
   「14」を選択する
  201312170002.png
②センタリング
  ・「マナーアップキャンペーンについて」が選択された状態で
   [書式設定]ツールバーのchuo.png「中央揃え(Ctrl+E)」アイコンをクリック
201312170003.png

③コピー
  ・7行目の「住みごこち増進協議会」の「協議会」の部分をドラッグ選択
  ・右クリック
   メニュー一覧から「コピー(C)]をクリック
201312170004.png

  ・12行目の[当」の後ろにカーソルを置き、右クリック
   メニュー一覧から「貼り付け(P)」をクリック
201312170005.png

④改行
 13行目「・・ございます。」の後ろにカーソルを置く
  201312170006.png
 [Enter]キーを押す
⑤挿入
 15行目「皆さん」の前にカーソルを置く
  201312170007.png

 「町民の」と入力する
⑥インデント
 19行目先頭にカーソルを置く
  201312170008.png
 メニューバーの[書式(O)]をクリック
 一覧から「段落(A)...」をクリック
  201312170009.png
 表示される[段落]画面「インデントと行間隔」タブ
 「インデント」欄 「テキストの前(B)」の数値を[1.00文字]にする
  201312170010.png
 [OK]クリック
⑦修正
 同じ19行目で「6月2日」の「2」を削除 「1」を入力
  201312170011.png

つづく
[ 2013年12月17日 07:54 ] カテゴリ:LibreOffice Writer | TB(0) | CM(0)

LibreOffice 4.1.3.2 で、CS技能評価試験 1

久々に LibreOffice で、コンピュータサービス技能評価試験問題をやってみます
LibreOffice も4.1バージョンになって以前とは違う操作方法や機能があるかもしれない

まずは、H25年 CS技能評価試験 ワープロ部門 3級 課題3A  

σ(^_^) が、最初に行った作業は、提供データを LibreOffice 用に変換すること
「オプションの設定やページ設定・段落の設定を行ったデータです。
   oji3_提供33A.odt


文書の編集・校正
 「提供データの保存場所」からファイル「提供3A」 を開き、
   次の<仕様>に従い、以下に示すとおりに文書の編集・校正を行いなさい。
  <仕様>
   1.課題中の①等の数字は、次の編集等の方法を示すものとする。
     (①等の数字及び指示内の  は、入力しないこと)
     なお、①等の数字は、編集順序を示すものではない。

201312071005.png

   2.ページ設定等に係る設定については、変更しないこと。
   3.課題中の□印は、1行あいていることを意味するものとする
     (□印は、入力しないこと)
   4.指定されたフォルダ「解答」に、「課題3A(全角)」のファイル名で保存すること。


201312071003.png


.
[ 2013年12月16日 08:09 ] カテゴリ:LibreOffice Writer | TB(0) | CM(0)

CS技能評価試験 表計算部門 2級練習問題 課題4

コンピュータサービス技能評価試験
表計算部門 2級 練習問題

課題4 グラフ作成
  「提供データの保存場所」からファイル「提供2A4_H24.xlsx 」 を開き、
  以下の設問に従ってグラフを完成させなさい。
 設問1
  セルA1に受験番号を、セルA2に受験者氏名を入力しなさい。
  ただし、受験番号については、ハイフン「-」を入れて全角で、
  受験者氏名については、全角ひらがなで、姓と名とを続けて入力しなさい。
 設問2
  ファイルのデータから、下の<>に示すグラフを、次の指示に従い作成しなさい。
  ただし、以下の設問で特に指示のないフォントについては、
  全て「MSPゴシック」で「10ポイント」の全角とし、
  英数字と括弧は半角としなさい。

20131214h00701.png

 設問3
  次の指示に従い、グラフの設定を行いなさい。

20131214h00702.png
    ※ 提供データ:「rose.jpg
 設問4
  次の指示に従い、印刷に関するページ設定を行いなさい(印刷はしないこと)
  なお、最終的なワークシート上と印刷プレビューとの表示の違いは問わない。

20131214h00703.png

 設問5
  指定されたフォルダ「解答」に、「課題2A4(全角)」のファイル名で保存しなさい。


<完成イメージ>
20131214h00704.png


.
[ 2013年12月15日 11:04 ] カテゴリ:コンピュータサービス技能評価試験 | TB(0) | CM(0)

CS技能評価試験 表計算部門 2級練習問題 課題3

コンピュータサービス技能評価試験
表計算部門 2級 練習問題

課題3 データ処理
 「提供データの保存場所」からファイル「提供2A3_H24.xlsx 」 を開き、
 次に示す<各シートの概要>をもとに、以下の設問に従ってデータ処理を行いなさい。

<各シートの概要>
 ・シートは、「一覧表」及び「分析」の2種類である。
 ・シート「一覧表」は、文化書店の支店別の入荷一覧を示すものである。
 ・シート「分析」は、「一覧表」からデータの抽出を行うためのものである。
 設問1
    シート「分析」のセルA1に受験番号を、セルA2に受験者氏名を入力しなさい。
    ただし、受験番号については、ハイフン「―」を入れて全角で、
    受験者氏名については、全角ひらがなで、姓と名とを続けて入力しなさい。

 設問2
    次の指示に従い、シート「一覧表」からシート「分析」へ抽出しなさい。
   <抽出1>

20131214h00601.png

   <抽出2>
20131214h00602.png

 設問3
    次の指示に従い、集計を行いなさい。
   <集計作業用の新規シートの作成>

20131214h00603.png

   <集計作業>
20131214h00604.png

 設問4
    指定されたフォルダ「解答」に、「課題2A3(全角)」のファイル名で保存しなさい。

[ 2013年12月15日 11:00 ] カテゴリ:コンピュータサービス技能評価試験 | TB(0) | CM(0)

CS技能評価試験 表計算部門 2級練習問題 課題2

コンピュータサービス技能評価試験
表計算部門 2級 練習問題

課題2 関数式による表の完成
 「提供データの保存場所」からファイル「提供2A2_H24.xlsx 」 を開き、
  次に示す<各シートの概要>をもとに、以下の設問に従って表を完成させなさい。

 <各シートの概要>
 ・シートは、「仕入管理」及び「一覧表」の2種類である。
 ・シート「一覧表」には、「商品一覧」のリストがある。
 ・シート「仕入管理」の「5月・6月仕入れ状況一覧」における商品CDについては、
  次の内容を意味するものとする。

20131214h00407.png

 設問1
  シート「仕入管理」のセルA1に受験番号を、セルA2に受験者氏名を入力しなさい。
  ただし、受験番号については、ハイフン「-」を入れて全角で、
  受験者氏名につては、全角ひらがなで、姓と名を続けて入力しなさい。
 設問2
  次に示す箇所に、名前を定義しなさい。

20131214h00408.png

 設問3
  シート「仕入管理」の次に示す箇所を、以下の指示及び順序に従い、関数を用いて求めなさい。

20131214h00409.png

 設問4 シート「仕入管理」の次に示す箇所に、以下の指示に従い、表示形式を設定しなさい。
20131214h00410.png

 設問5 指定されたフォルダ「解答」に、「課題2A2(全角)」のファイル名で保存しなさい。


.
[ 2013年12月15日 10:48 ] カテゴリ:コンピュータサービス技能評価試験 | TB(0) | CM(0)

CS技能評価試験 表計算部門 2級練習問題 課題1

コンピュータサービス技能評価試験
表計算部門 2級 練習問題

課題1 装飾・編集
 「提供データの保存場所」からファイル「提供2A1_H24.xlsx 」 を開き、
  シート「Sheet1」に、以下の設問に従って表を完成させなさい。
 設問1
  セルA1に受験番号を、セルA2に受験者氏名を入力しなさい。
  ただし、受験番号については、ハイフン「-」を入れて全角で、
  受験者氏名については、全角ひらがなで、姓と名とを続けて入力しなさい。

 設問2
  次の指定セル範囲に、次表に示すとおりに数値データを追加入力しなさい。
  なお、追加入力のフォントは「MSPゴシック」で「11ポイント」とし、
  文字の配置及び罫線については、次表のとおりとしなさい。
  指定セル範囲 : D8:D14

20131214h00401.png

 設問3
  次の指示に従い、以下の表題を作成しなさい。

201312150402.png
20131214h00403.png

 設問4
  次の指示に従い、操作及び修正を行いなさい。

20131214h00404.png

 設問5
  設問6で行う「書式の貼り付け」を踏まえ、次の指示に従い、セルの設定を行いなさい。

20131214h00405.png

 設問6
  次の指示に従い、表の装飾を行いなさい。

20131214h00406.png

 設問7
  指定されたフォルダ「解答」に、「課題2A1(全角)」のファイル名で保存しなさい。



[ 2013年12月15日 10:26 ] カテゴリ:コンピュータサービス技能評価試験 | TB(0) | CM(0)

CS技能評価試験 表計算部門 3級練習問題 課題3

コンピュータサービス技能評価試験
表計算部門 3級 練習問題

課題3 グラフ作成
  「提供データの保存場所」からファイル「提供3A3.xlsx」 を開き、
  以下の設問に従ってグラフを完成させなさい。
  設問1 セルA1に受験番号を、セルA2に受験者氏名を入力しなさい。
      ただし、受験番号については、ハイフン「-」を入れて全角で、
      受験者氏名については、全角ひらがなで、姓と名とを続けて入力しなさい。
  設問2 ファイルのデータから、下の<完成イメージ>に示すグラフを、次の指示に従い作成しなさい。
      ただし、以下の設問で特に指示のないフォントについては、
      全て「MSPゴシック」で「11ポイント」の全角とし、英数字と括弧は半角としなさい

20131214h00301.png

  設問3 次の指示に従い、グラフの設定を行いなさい。
20131214h00302.png

  設問4 次の指示に従い、印刷に関するページ設定を行いなさい(印刷はしないこと)。
      なお、最終的なワークシート上と印刷プレビューとの表示の違いは問わない。

20131214h00303.png

  設問5  指定されたフォルダ「解答」に、「課題3A3(全角)」のファイル名で保存しなさい。


<完成イメージ>
20131214h009.png


.
[ 2013年12月14日 15:16 ] カテゴリ:コンピュータサービス技能評価試験 | TB(0) | CM(0)

CS技能評価試験 表計算部門 3級練習問題 課題2

コンピュータサービス技能評価試験
表計算部門 3級 練習問題

課題2 装飾・編集
  「提供データの保存場所」からファイル「提供3A2.xlsx」 を開き、
  以下の設問に従って表を完成させなさい。
 設問1 次の指示に従い、操作を行いなさい。

20131214h00201.png

 設問2 次の指示に従い、セルの設定を行いなさい。
20131214h00202.png

 設問3 次の指示に従い、表のタイトルを作成しなさい。
20131214h00203.png

 設問4 次の指示に従い、表の装飾を行いなさい。
20131214h00204.png

 設問5 セルA1に受験番号を、セルA2に受験者氏名を入力しなさい。
     ただし、受験番号については、ハイフン「-」を入れて全角で、
     受験者氏名については、全角ひらがなで、姓と名とを続けて入力しなさい。
 設問6 指定されたフォルダ「解答」に、「課題3A2(全角)」のファイル名で保存しなさい。



<完成イメージ>
20131214h010.png


.
[ 2013年12月14日 15:11 ] カテゴリ:コンピュータサービス技能評価試験 | TB(0) | CM(0)

CS技能評価試験 表計算部門 3級練習問題 課題1

コンピュータサービス技能評価試験
表計算部門 3級 練習問題

課題1 表の作成 
 新規ブックを開き、シート「Sheet1」に、以下の設問に従って表を完成させなさい。
 設問1 セルA1に受験番号を、セルA2に受験者氏名を入力しなさい。
     ただし、受験番号については、ハイフン「‐」を入れて全角で、
     受験者氏名については、全角ひらがなで、姓と名とを続けて入力しなさい。
 設問2 次表に示すとおりに、データを入力しなさい。
     またフォントについては
     すべて「MSPゴシック」で「11ポイント」の全角、英数字と括弧は半角とし、
     文字の配置、罫線の種類、大きさ等については、次表のとおりとしなさい。
 
20131214h0025.png

 設問3  次の指示に従い、関数を用いて求めなさい。
20131214h0021.png

 設問4 次の指示に従い、計算式を用いて求めなさい。
20131214h0022.png

 設問5 次の指示に従い、関数を用いて求めなさい。
20131214h0023.png

 設問6 次の指示に従い、セルの設定を行いなさい。
20131214h0024.png

 設問7 指定されたフォルダ「解答」に、「課題3A1(全角)」のファイル名で保存しなさい。

.
[ 2013年12月14日 15:00 ] カテゴリ:コンピュータサービス技能評価試験 | TB(0) | CM(0)

CS技能評価試験 ワープロ部門 2級練習問題 課題3

コンピュータサービス技能評価試験
ワープロ部門 2級 練習問題

課題3 文書の編集・校正
次の<仕様>に従い、下の画像に示すとおりに編集・校正を行いなさい。
 <仕様>
  1.「提供データの保存場所」から次のファイルを取り込むこと。
    ファイル名 : 提供23A.txt  
  2.1行の文字数は、40文字に設定すること
  3.印刷面の余白は、上下左右それぞれ20mm程度に設定すること。
  4.課題中の□印は、1行あいていることを意味するものとする。
    (□印は、入力しないこと)
  5.課題の最終行が、1ページの設定行数となるようにすること。
  6.指定されたフォルダ「解答」に、ファイル名を「課題23A(全角)」とし、
    ワープロソフトの通常のファイル形式(,docx等)で保存すること。
  7.個別の使用については、次のとおりにすること。
    ただし、以下に示す「」は編集指示箇所を意味するものとする。
    (「」は、入力しないこと)
    (1)「環境」を「自然」に置き換えること。
    (2)課題に示す  の部分に変更があるので修正すること
       (  は入力しないこと)
    (3)課題中の次に示す箇所を、設定内容の指示どおりにすること。
       なお、指示のない箇所については、課題に示すとおりとすること。

2013121423002.png

    (4)「提供データの保存場所」にある次のファイルを、課題で指示した位置に貼り付けること。
       ファイル名 : KadaiA.jpg

2013121423003.png


.
[ 2013年12月14日 10:46 ] カテゴリ:コンピュータサービス技能評価試験 | TB(0) | CM(0)

CS技能評価試験 ワープロ部門 2級練習問題 課題2

コンピュータサービス技能評価試験
ワープロ部門 2級 練習問題

課題2 文書の作成
次の<仕様>に従い、次のページに示す文書を作成しなさい。
<仕様>
 1.1行の文字数は、40文字に設定すること。
 2.印刷面の余白は、上下左右それぞれ20mm程度に設定すること。
 3.課題中の□印は、1行あけることを意味するものとする。
   (□印は、入力しないこと)
 4.罫線の設定は、本文の文字列を参考に調整すること。
 5.課題の最終行が、1ページの設定行数となるようにすること。
 6.指定されたフォルダ「解答」に、「課題22A(全角)」のファイル名で保存すること。
 7.次に示す対象箇所については、設定内容の指示どおりにすること。
   ただし、対象箇所内における「」は、入力しないこと。
   なお、対象箇所以外の設定内容については、課題に示すとおりとすること。

2013121422002.png


2013121422003.png


.
[ 2013年12月14日 10:31 ] カテゴリ:コンピュータサービス技能評価試験 | TB(0) | CM(0)

CS技能評価試験 ワープロ部門 2級練習問題 課題1

コンピュータサービス技能評価試験
ワープロ部門 2級 練習問題

課題1 文字入力
次の<仕様>に従い、文字をの入力を行いなさい。
<仕様>
 1.1行の文字数は、40文字に設定すること。
   ただし、それ以外の設定は、既定値のままとすること。
 2.指定されたフォルダ「解答」に、「課題21A(全角)」のファイル名で保存すること。


2013121421002.png


.
[ 2013年12月14日 10:20 ] カテゴリ:コンピュータサービス技能評価試験 | TB(0) | CM(0)

CS技能評価試験 ワープロ部門 3級練習問題 課題3

コンピュータサービス技能評価試験
ワープロ部門 3級 練習問題

課題3 文書の編集・校正
 「提供データの保存場所」からファイル「提供33A 」 を開き、
   次の<仕様>に従い、以下に示すとおりに文書の編集・校正を行いなさい。

  <仕様>
   1.課題中の①等の数字は、次の編集等の方法を示すものとする。
     (①等の数字及び指示内の  は、入力しないこと)
     なお、①等の数字は、編集順序を示すものではない。

20121433003.png

   2.ページ設定等に係る設定については、変更しないこと。
   3.課題中の□印は、1行あいていることを意味するものとする
     (□印は、入力しないこと)
   4.指定されたフォルダ「解答」に、「課題33A(全角)」のファイル名で保存すること。


20121432004.png


.
[ 2013年12月14日 09:31 ] カテゴリ:コンピュータサービス技能評価試験 | TB(0) | CM(0)

CS技能評価試験 ワープロ部門 3級練習問題 課題2

CS技能評価試験 ワープロ部門
練習問題 3級

課題2 文書の作成
次の<仕様>に従い、次に示す文書を作成しなさい。
  <仕様>
   1.1行の文字数は、40文字に設定すること。
   2.印刷面の余白は、上下左右それぞれ25mm程度に設定すること。
   3.課題中の□印は、1行あけることを意味するものとする。
     (□印は、入力しないこと)
   4.課題中の★印は、フォント、フォントサイズ、太字及びセンタリングの編集箇所を示すものとする。
     (★印、指示文字及び{ 印は、入力しないこと)
     なお、★印以外の編集等については、課題に示すとおりとすること。
   5.課題中の「★敬称」については、該当するものを次の中なら1つ選び、
       部の前の文字に続けて入力すること(  は、入力しないこと)。

20121432003.png

   6.罫線の設定は、本文の文字列を参考に調整すること。
   7.課題の最終行が、1ページの設定行数となるようにすること。
   8.指定されたフォルダ「解答」に、「課題32A(全角)」のファイル名で保存すること。


20121432002.png


.
[ 2013年12月14日 09:26 ] カテゴリ:コンピュータサービス技能評価試験 | TB(0) | CM(0)

CS技能評価試験 ワープロ部門 3級練習問題 課題1

CS技能評価試験 ワープロ部門
練習問題 3級
 
課題1 文字入力
次の<仕様>に従い、文字を入力しなさい。
<仕様>
 1.1行の文字数は、30文字に設定すること。
   ただし、それ以外の設定は、既定値のままとすること。
 2.指定されたフォルダ「解答」に、「課題31A(全角)」のファイル名で保存すること。


20121431002.png


.
[ 2013年12月14日 09:21 ] カテゴリ:コンピュータサービス技能評価試験 | TB(0) | CM(0)

H25年 CS技能評価試験 表計算部門 2級 課題4A

平成25年度
コンピュータサービス技能評価試験
表計算部門

2級 実技試験 課題4 グラフ作成
 「提供データの保存場所」からファイル「提供2A4.xlsx 」 を開き、
  以下の設問に従ってグラフを完成させなさい。
 設問1
  セルA1に受験番号を、セルA2に受験者氏名を入力しなさい。
  ただし、受験番号については、ハイフン「-」を入れて全角で、
  受験者氏名については、全角ひらがなで、姓と名とを続けて入力しなさい。
 設問2
  ファイルのデータから、下の<>に示すグラフを、次の指示に従い作成しなさい。
  ただし、以下の設問で特に指示のないフォントについては、
  全て「MSPゴシック」で「10ポイント」の全角とし、
  英数字と括弧は半角としなさい。

201312140008.png

 設問3
  次の指示に従い、グラフの設定を行いなさい。

201312140009.png
   ※ 提供データ:「road.jpg
 設問4
  次の指示に従い、印刷に関するページ設定を行いなさい(印刷はしないこと)
  なお、最終的なワークシート上と印刷プレビューとの表示の違いは問わない。

201312140010.png

 設問5
  指定されたフォルダ「解答」に、「課題2A4(全角)」のファイル名で保存しなさい。



<完成イメージ>
201312140007.png


[ 2013年12月14日 03:38 ] カテゴリ:コンピュータサービス技能評価試験 | TB(0) | CM(0)

H25年 CS技能評価試験 表計算部門 2級 課題3A

平成25年度
コンピュータサービス技能評価試験
表計算部門

2級 実技試験 課題3 データ処理
 「提供データの保存場所」からファイル「2A3.xlsx 」 を開き、
 次に示す<各シートの概要>をもとに、以下の設問に従ってデータ処理を行いなさい。
<各シートの概要>
 ・シートは、「一覧表」及び「分析」の2種類である。
 ・シート「一覧表」は、媒体別広告主の一覧を示すものである。
 ・シート「分析」は、「一覧表」からデータの抽出を行うためのものである。
 設問1
  シート「分析」のセルA1に受験番号を、セルA2に受験者氏名を入力しなさい。
  ただし、受験番号については、ハイフン「―」を入れて全角で、
  受験者氏名については、全角ひらがなで、姓と名とを続けて入力しなさい。
 設問2
  次の指示に従い、シート「一覧表」からシート「分析」へ抽出しなさい。
 <抽出1>

201312140002.png

 <抽出2>
201312140003.png

 設問3
 次の指示に従い、集計を行いなさい。
 <集計作業用の新規シートの作成>

201312140004.png

 <集計作業>
201312140005.png

 設問4
  指定されたフォルダ「解答」に、「課題2A3(全角)」のファイル名で保存しなさい。


.
[ 2013年12月14日 01:49 ] カテゴリ:コンピュータサービス技能評価試験 | TB(0) | CM(0)
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR