FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  2018年05月

Excel シート名をセルに表示する

CELL 関数
セルの書式、位置、または内容に関する情報を返します


書式
 CELL ( 検査の種類, [対象範囲] )


検査の種類」に入れる内容によって
さまざまな用途に使えます

今回は、"filename" というものを使います

なので、以下のような数式

 =CELL("filename",A1)

 ※ 「A1」は、どのセルを指定しても問題なし
   シート名を求めたいシート内にあるセルならばどれでもよい

この数式の意味は、セル A1 の情報を求めるという意味

このままでは、
例えば
 「Cドライブ」
 -「 User 」
 -「ユーザー名 」
 -「 Documents 」
 -「 フォルダ名 」
 -「 ファイル名 」
 -「 シート名 」


※ C:\Users\(ユーザー名)\Documents\(フォルダ名)\[ファイル名.xlsx]シート名

なので、「シート名」以外を除きます

=RIGHT(CELL("filename",A1),LEN(CELL("filename",A1))-FIND("]",CELL("filename",A1)))

数式の意味は
CELL関数で求めた内シート名は、
一番最後(文字列の右端)の数文字
なので、RIGHT 関数
シート名の文字数は
全ての文字数から 直前の「 ] 」までの文字数を引いた数


注意事項
CELL関数で求められるものは、
 保存してあるファイルのみです
 新規作成のファイルは使えません
 あと 
 通常は無いはずですが
 ファイル名に 「 ] 」 が含まれるファイル


参考

"検査の種類" として指定できる文字列値

"address"
 対象範囲の左上隅にあるセルの参照を表す文字列

"col"
 対象範囲の左上隅にあるセルの列番号

"color"
 負の数を色で表す書式がセルに設定されている場合は 1 それ以外の場合は 0 (ゼロ)
 注: この値は、Excel Online、Excel Mobile、および Excel Starter ではサポートされていません

"contents"
 対象範囲の左上隅にあるセルの値 (数式ではない)

"filename"
 対象範囲を含むファイルのフル パス名 (文字列)
 対象範囲を含むワークシートが保存されていなかった場合は、空白文字列 ("")
 注: この値は、Excel Online、Excel Mobile、および Excel Starter ではサポートされていません

"format"
 セルの表示形式に対応する文字列定数。
 各種の表示形式に対応する文字列定数については、次の表を参照してください
 セルが負数に対応する色で書式設定されている場合、文字列定数の末尾に "-" が付きます
 正数またはすべての値をかっこで囲む書式がセルに設定されている場合、
 結果の文字列定数の末尾に "()" が付きます
 注: この値は、Excel Online、Excel Mobile、および Excel Starter ではサポートされていません

"parentheses"
 正の値またはすべての値をかっこで囲む書式がセルに設定されている場合は 1 それ以外の場合は 0
 注: この値は、Excel Online、Excel Mobile、および Excel Starter ではサポートされていません

"prefix"
 セルの "文字位置" に対応する文字列定数
 セルが 左詰めの文字列を含むときは単一引用符 (')
 右詰めの文字列を含むときは二重引用符 (")
 中央揃えの文字列を含むときはキャレット (^)
 両揃えの文字列を含むときは円記号 (¥)
 また、セルにそれ以外のデータが入力されているときは空白文字列 ("") になります
 注: この値は、Excel Online、Excel Mobile、および Excel Starter ではサポートされていません

"protect"
 セルがロックされていない場合は 0 ロックされている場合は 1
 注: この値は、Excel Online、Excel Mobile、および Excel Starter ではサポートされていません

"row"
 対象範囲の左上隅にあるセルの行番号

"type"
 セルに含まれるデータのタイプに対応する文字列定数
 セルが空白の場合は "b" (Blank の頭文字)
 セルに文字列定数が入力されている場合は "l" (Label の頭文字)
 その他の値が入力されている場合は "v" (Value の頭文字) になります

"width"
 小数点以下を切り捨てた整数のセル幅
 セル幅の単位は、既定のフォント サイズの 1 文字の幅と等しくなります。
 注: この値は、Excel Online、Excel Mobile、および Excel Starter ではサポートされていません

スポンサーサイト



[ 2018年05月30日 14:05 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

Windows10 MicrosoftOffice365 オフィスの修復

今までの場合
コントロールパネルから プログラム

20180529060900bc5.png

プログラムの変更で、「修復」でした


201805280001.png




しかし
今の Windows10 で ちょっと変わったようで


1.左下隅の [スタート] ボタン 201805280004.png を右クリック

2.ポップアップ メニューの [アプリと機能] を選択します

   201805280002.png

3.修復する Microsoft Office 製品を選択
  [変更] を選択します。


   201805280003.png

 ※: Word や Excel など 1 つのアプリケーションのみを修復したい場合でも
   Office スイート製品全体が修復されます
   単体のアプリをインストールしている場合は、
   アプリケーションを名前で検索することができます


3.クイック実行
  [Office プログラムをどのように修復しますか] で、[オンライン修復] を選択
  修復する項目がすべて選択されていることを確認し
  [修復] を選択
  (より高速な [クイック修復] オプションも利用できます。
   ただし、問題を検出して、破損したファイルを置き換えるだけです)。

MSI ベース
  [インストールを変更してください] で、[修復] を選択して [続行] をクリック

4.画面に表示される手順に従って操作を行い、修復を完了する

修復を実行しても問題が解決しない場合

 * Office を完全にアンインストール
 * Office を再インストールする



詳しく知りたい方は Microsoftのページ 

[ 2018年05月28日 21:06 ] カテゴリ:office | TB(0) | CM(0)

エクセルが開かない?

エクセルやアクセスがショートカットから開かない

そのパソコンを 起動してみました
OS(Windows) は 大丈夫そうで 
起動は しました

すぐに エラーメッセージが表示されました

VerifyHost.exe
  アプリケーションを正しく起動できませんでした 0xc0000005
  [OK]をクリックしてアプリケーションを閉じてください


「VerifyHost.exe」ってなんだ?
レノボのソフト VeriFaceは、ウェブカメラを介して
ユーザーの顔を認識し、オーナーであるかどうかを見極める
顔認証ソフト


まぁ 使用していないソフトなので
起動しなくても、何の問題もない
しかし
エラーメッセージは、気に入らない


「コントロールパネル」→「プログラムと機能」から 
アンインストールっと と
ところが 反応しません

  _| ̄|○ ガクッ

そうだよね
正しく起動していないのだから
正常にアンインストールできない


「隠れているインジケーター」を確認
  201805260001.png
  画面右下にある▲をクリック

見慣れないアイコンを 3つ 確認
マウスポインタをアイコンに合わせ
説明をメモ
  「Driver Updater」
  「Malware Crusher」
  「アバストアンチウィルス」

「Driver Updater」
 Driver Updater(ドライバーアップデーター)とは
 Windows Update やパソコン内のドライバーのアップデートを騙り
 余計なソフトをダウンロードさせる

「Malware Crusher」
  Malware Crusher(マルウェア クラッシャー)は有償ウイルス駆除ツール
  ”試用版”インストールされ、有償版を購入するよう誘導してくる
  偽セキュリティソフトでもなく、
  あえて導入するほどの価値のない不必要なソフトという程度


「アバストアンチウィルス」
 無料アンチウイルスソフト
最後のアバストアンチウィルスは問題ないのですが
このパソコンには、
ウィルスバスターが入っているので必要はありません
なので
すべて削除(アンインストール)します
すべて
「コントロールパネル」→「プログラムと機能」から 
アンインストール出来ます


その後
最初エラー表示が出た
VerifyHost.exe を 
今度は、何の問題もなく
普通に 削除(アンインストール)出来ました


ウィルスバスターが入っているのに
どうして?


こういった疑問を持つ方がいるかもしれませんが
ウィルスソフトは完ぺきではありませんし
基本
マルウェアやスパイウェアは検知しません
今回の場合
「Malware Crusher」は、
  入れても意味がないほど使えないものですが
  一応 ウイルス駆除ツール
「アバストアンチウィルス」は
 無料のアンチウイルスソフト
「Driver Updater」は 
 詐欺ソフトではあるがウィルスではなく
 その後いろいろなものを購入させたり
 インストールさせるマルウェア


想像ですが
最初に 「Driver Updater」をほかのソフトをインストールする際に
一緒に、インストールしてしまい
その後
その影響で2つのソフトをインストールするように誘導された
もっと 想像すると(あくまで想像です)
「VerifyHost.exe」も
これは顔認証ソフトなので
パソコンのカメラにアクセスし、情報を盗む
盗撮しようとしたのかも

役に立つ安全なソフトでも
インストールする際には 十分に注意を払い
表示されるメッセージを良く確認する
チェックがあらかじめ入っている項目があったら
本当にチェックを入れたままでよいか考える
不必要なソフトにチェックが入っていることが多い
よくわからない場合は
詳しい人に確認するまでインストールせず
確認してから インストールする
[ 2018年05月26日 13:52 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

アウトラインから入力 2 パワーポイント

前回の補足

段落レベルを下げるには
[Tab]キーを押す
では
元に戻す(段落レベルを上げる)

[Shift]キーと[Tab]キーを同時に押す

一番下の段落にカーソルを置く
 ※ 「歌うことで、音楽表現力の基礎を身に付ける」
   201805150001.png

[Shift]キーと[Tab]キーを同時に押す
段落レベルが1つ上がる
   201805150002.png
アウトラインのテキスト部分を非表示にする

スライドのアイコン 201805150003.png に マウスポインタを合わせる
マウスのアイコンの形が 201805150005.png に変化する
ダブルクリックする


   201805150004.png

テキストが非表示になり、タイトルだけになる
このような状態を「折りたたみ」という


   201805150006.png

折りたたまれたスライドのアイコンをダブルクリックすると
元のテキストが表示される
この状態を 「展開」 という


201805150007.png

スライドの順番を入れ替える

スライドのアイコン 201805150003.png にマウスポインタ 201805150005.png を合わせ
目的の位置までドラッグする

 ※ スライド4 を スライド 3 にする

   201805150008.png

   201805150009.png


.
[ 2018年05月15日 11:21 ] カテゴリ:PowerPoint | TB(0) | CM(0)

アウトラインから入力 パワーポイント

アウトラインでプレゼンを作る

最初 
作りたいプレゼンの全体像を作成する


の後ろへ
入門コース生徒募集」と入力
[Enter]キーを押すと
次のスライドになる


   201805140001.png
以下
スライド2-概要
スライド3-レッスン内容
スライド4-時間と料金
スライド5-定期コンサート
入力する


  201805140002.png
 ※ [Enter]キーでは、スライドが変わる
スライドの数が決まったので、各スライドの内容を入力する
入門コース生徒募集」の後ろへカーソルを移動
[Ctrl]キー[Enter]キーを同時に押す


   201805140003.png

サブタイトル「オジサン音楽スクール」を入力する

   201805140004.png

概要」の後ろへカーソルを移動
[Ctrl]キー[Enter]キーを同時に押す


   201805140005.png
テキストを入力
   201805140006.png

テキストが1つ入力が終わったら
[Enter]キーを押し
次のテキストを入力する

   201805140007.png

スライド3も同様に [Ctrl]+[Enter] でテキスト入力へ
テキストを入力


   201805140009.png

1行おきに、テキストを選択する
※ [Ctrl]キーを押しながら、ドラッグ(選択)する


   201805140010.png

[Tab]キーを押す
段落レベルが1つ下がる


   201805140011.png

スライド4 も同様に、[Ctrl]+[Enter] でテキスト入力へ
「曜日」と入力


   201805140012.png

[Ctrl]キー[Tab]キーを同時に押す
タブが挿入できる


   201805140013.png

「時間」「期間」「レッスン料金」などを入力する

   201805140014.png

   201805140015.png

1.[Enter]キーでは、スライドが変わる
2.[Ctrl]キーと[Enter]キーを同時に押す
  サブタイトルやテキストへ
3.[Tab]キーを押す
  段落レベルが1つ下がる
4.[Ctrl]キーと[Tab]キーを同時に押す
  タブが挿入できる


.
[ 2018年05月14日 12:05 ] カテゴリ:PowerPoint | TB(0) | CM(0)

Word文書を取り込む(インポート)_パワーポイント

以前に MOS問題集にあったものから
Word文書 「レッスン内容.docx」  
パワーポイントへインポートする


最初に 
パワーポイント「新規ファイル」を開く
ホーム]タブ
新しいスライド ▼
下にある「アウトラインからスライド...」を選択


  201805130004.png

「アウトラインの挿入」画面が表示されるので
インポートしたい Word文書 を選択して[挿入]をクリック


   201805130005.png

この Word文書「レッスン内容.docx」は、段落が設定してあるので
3枚のスライドで、タイトルと小見出しや内容が設定されてインポートできる

  201805130006.png

では
段落が設定されていない文書の場合
テキスト文書の挿入(インポート)
先ほどと同様
「新しいスライド ▼」
下にある「アウトラインからスライド...」を選択
今度は 「生徒募集.txt」 を選択
[挿入]クリック


  201805130007.png

テキストは、段落が設定されていないので
改行ごとに 1枚のスライドになってしまう
スライド 2~5


  201805130008.png

これを 修正するには
「スライド」表示を 「アウトライン」表示にする


  201805130009.png

スライド3 の「音楽が大好き、」にカーソルを移動
201805130011.png インデントをクリックする


   201805130010.png

スライド3にあった文章が、スライド2の小見出しになる

   201805130012.png

同様に あと2つのスライドもインデントを設定する

  201805130013.png

[Enter]キーではなく、インデント 201805130011.png で設定する

ついでに、
Word文書  「レッスン内容.docx」 を開いてみる


201805130014.png
 タイトルは、見出し1

201805130015.png
 小見出しは、見出し2

201805130016.png
 内容は、見出し3

Word文書にこのような設定がされていたので
インポートするだけでそれぞれのスライドが出来た

また、テキスト文書のインポートでわかるように
直接 アウトラインに文章を入力しても
スライドが作成できる


[ 2018年05月13日 12:35 ] カテゴリ:PowerPoint | TB(0) | CM(0)

アウトライン機能_パワーポイント 001

ちょっと 他のブログで
パワーポイント(以降PP)を 調べていて
他の代替え Office では、出来ないこと

Word 文書を PP へ 取り込む
この関連で PP の「アウトライン機能」について
時間がある限り書いてみようと思う


アウトラインとは

アウトラインとは、
 一般的には輪郭や大筋といった意味
パワーポイントでは
 文字の情報だけが入力できる特別な領域
 ワープロ感覚で文字を入力でき
 文字だけしか入力できないために
 デザインやレイアウトなどに気をとられることなく
 構成をじっくり考えることができる


σ(^_^) PP2010 なので
今の 20162013 とは少し違います

PowerPoint 2016 の場合
アウトライン表示にするには、
 [表示]タブで 「アウトライン表示」を選択する


201805130001.png

PowerPoint 2010 の場合
アウトライン表示にするには、
画面左側にスライドが表示されている箇所の上に
「アウトライン」と書かれているタブがあります
その「アウトラインタブ」をクリックする


  201805130002.png

完成している PP をアウトラインで表示してみる

   201805130003.png
 先頭の数字は、スライドの順番
 その後の太文字は、タイトル
 通常のテキストは、小見出しやその内容など
  ※ 段落レベルで設定できます

[ 2018年05月13日 10:27 ] カテゴリ:PowerPoint | TB(0) | CM(0)
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR