FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  2018年12月

関数 技 0010  LibreOffice Calc

0027 関数の引数に名前を指定したい

前回
C4:E6 セル範囲に、「合計範囲」と「名前」を付けました

  201812092001.png

これを数式に使用する方法
このサンプルの場合
D8 セルを選択
数式バーの左にある (合計)を クリック

  201812092002.png

すると
=SUM(D4:D7) と なります

  201812092003.png

[Delete]キーを押す
すると
=SUM() と なります

  201812092004.png

そこで、入力を 日本語入力 に 変え
先ほど付けた「名前」を 入力します
=SUM(合計範囲)

  201812092005.png

文字確定の [Enter] を 押し
セル確定の [Enter] を 押します

  201812092006.png

※ 設定した「名前」を間違えずに入力する
0028 関数の引数に名前を指定したい 2

前回は、「名前」を 直接入力しました
今回は、設定してある一覧から挿入したい
=SUM() の状態で、カッコ内にカーソルがある

  201812092004.png

シート(
→「名前付きの範囲または式()... ▶
→「挿入()...

   201812092007.png

すると[名前の貼り付け]ダイアログが表示される
複数の「名前」を設定してある場合は
挿入したい「名前」を選択し
貼り付け]をクリックする

  201812092008.png

=SUM(合計範囲) となる
確定の [Enter]キーを押す

  201812092009.png

Microsoft Excel では、
関数の引数]ダイアログで、「名前」を使用したい場合
[F3]キーを押すと、[名前の貼り付け]ダイアログが表示されますが

LibreOffice Calc では、
関数ウィザード」で、
名前の貼り付け]ダイアログを表示することはできません
関数ウィザード」では、「名前」を 直接入力 するしかありません

先に、「名前」を確認してから、「関数ウィザード」を起動するか
「名前」の欄を空けたまま完了し
「数式バー」になって状態で、[名前の貼り付け]ダイアログを表示する

もう1つ
Microsoft Excel と LibreOffice Calc の違い


  201812092010.png

このような状態で、F4 セルに名前が設定してある場合
F4 =「前月残高」

F5 セルの計算式は、
F4 (残高)+ D5 (収入)- E5 (支出)になります
【 =F4+D5-E5 】
通常の操作では、
「=」を入力
F4 をクリック
「+」を入力
D5 をクリック
「-」を入力
E5 をクリック
そして、下へオートフィル

実際にやってみると
F4 をクリックすると
=F4 ではなく
=前月残高 と なってしまいます

  201812092011.png

とりあえず、続けて作業してみます

  201812092012.png

オートフィルした結果
F6 とF7 の値が、おかしい

  201812092013.png

これは、F4 であるべきところが
「前月残高」という「名前」になっているため
セル参照が、F4 ではなく、$F$4 絶対参照になっている
行が移動しても、F4 を、常に参照してしまっている
「前月残高」という「名前」を残したまま
こちらの数式も完成したい場合
F4 を クリックしたあと、
[Ctrl]キーを押しながら
たとえば、隣のセルをクリックする


F4 が、セル番地に戻る

  201812092014.png

そうしてから、
余分のこの場合「,G4」 を 削除し
「+」 を 入力する

  201812092015.png

しかし
LibreOffice Calc では、

  201812092016.png

同じように、F4 には、「前月残高」と名前が定義されている
同様の操作を行ってみる

  201812092017.png

LibreOffice Calc では、
F4 と セル番地で表示される
そのまま続ける

  201812092018.png

案の定、何の問題もなくオートフィルしたセルもOK
LibreOffice Calc では、
意識して「名前」を使用しなければ適用されないようです

.
スポンサーサイト



[ 2018年12月09日 21:55 ] カテゴリ:LibreOffice Calc | TB(0) | CM(0)

関数 技 0009  LibreOffice Calc

0024 セル範囲に名前を付ける

セルのは、任意の「名前」を付けることができる
数式内で参照するセル範囲に「名前」を付けると
次のようなメリットがある
 1.数式の内容(参照セル)がわかりやすくなる
 2.引数に参照セルを指定しやすくなる
 3.数式等で参照するセル範囲の変更がしやすくなる

セル範囲に名前を付ける方法
 1.名前を付けたいセル範囲を選択
 2.「名前ボックス」へ、セル範囲に付ける名前を入力
 3.「Enter]キーを 2回押す

確認方法

シート
→「名前付きの範囲または式(N)... ▶」
→「管理(M)...

 201812072009.png

ほんの一例ですが

  201812072010.png

また、そのシートに使用されている名前は
「名前ボックス」の右端にある 201812072011.png をクリックすると
一覧が表示される
  201812072012.png

0025 「名前ボックス」の使い方
「名前ボックス」に、使用してある「名前」を入力すると
そのセル範囲へ ジャンプする

入力前にあるセルをクリックしてあっても
「名前」を入力後は
セル範囲を選択した状態になる
I5 セルにいる状態
  201812072013.png
名前ボックスに「名前」を入力
  201812072014.png
[Enter]キーを押す
  201812072015.png

0026 数字で始まる名前を付けたい

基本的には、自由に名前を付けることができるが
数字
「!」・「$」・「:」・「&」などの記号を
先頭につけると
エラー画面が出て、名前を付けられない
  201812072016.png
このほか
「Q1」のように、セル番地と同じ名前や
名前に空白文字を使用することなどもできない
「1月」と付けたい場合は、
「_1月」とするのが一般的

[ 2018年12月07日 18:20 ] カテゴリ:LibreOffice Calc | TB(0) | CM(0)

関数 技 0008  LibreOffice Calc

0023 数式の計算結果を数値に

表計算ソフトの強みは
セル入力されている値を変更すれば
すぐに再計算できること
しかし
発行済みの伝票データなど
再計算されては、
値が変わってしまい都合が悪い
たとえば
商品の価格や消費税率など
変更された場合
過去のデータも新しい値で再計算されたら困る
そこで
数式を計算結果の数値に変換する

また
大量なセルに複雑な数式が入力されている場合
消費メモリ量が増え、再計算に時間がかかるようになり
データ入力の際に一呼吸置くような状態に
再計算が不要になった数式は、
値に置換すると良い

数式を
計算結果の値に変換する
「形式を選択して貼り付け」が 基本
値に変換したい範囲を選択したら
「コピー」
そのままのセル範囲を右クリック
「形式を選択して貼り付け」
→「形式を選択して貼り付け」をクリック

 201812072002.png

[形式を選択して貼り付け]ダイアログが表示される

  201812072003.png

ここからが、Excel と違う
Excel の場合は、201812072005.png 「値」というものがあり

  201812072004.png

これで、OK

しかし、LibreOffice Calc の場合は
コピーした元の位置に何が入力されていたかにより変わってくる

  201812072001.png

上の画像のような場合
D2 は、TODAY 関数 日付の表示
F5:F9 は、IF関数+計算式
E10 が、SUM 関数
E11 は、計算式
見出しは、文字列
「単価」「数量」は、数値
など
コピーする範囲が、
B2:F11 セル範囲
すると
「形式を選択して貼り付け」では
* 「テキスト」
* 「数値」
* 「日付と時刻」
には、チェックが必要
それから、忘れてはいけないこと
LibreOffice Calc では、
「書式設定」にも、チェックを入れる
これにチェックを入れないと
セルが結合していたり、色がついていたのがなくなってしまう

  201812072006.png
  これが「書式設定」にチェックを忘れた状態

チェックを入れると

  201812072007.png

  201812072008.png

.
[ 2018年12月07日 17:33 ] カテゴリ:LibreOffice Calc | TB(0) | CM(0)
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR