FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  2019年03月

Windows10 の バージョンについて

Windows10

ちょっとわかりにくい
このバージョン
今までの Windows とは、
明らかに違う
これを理解しないと
いろいろと 「変だ」
と、思ってしまう
「今までは、こうだった」
が、通用しない


Windows10 とは、今までのWindows OS とは異なり
「サービス」として、提供されるもの
これまでの Windows OS は、
数年おきに、新しい Windows OS が、
発売され、バージョン名も変わりました
代表的なものでは、98・Me・XP・Vista・7
しかし
Windows10 においては
常に進化し続け
新しい機能や操作は、
Windows Update によって
随時提供されていく
将来にわたって
最適なサービスが提供される

ですから
今までのように
本で、Windows10 の使い方や機能を
調べようと思っても
その本が出版される頃には
既に、別のものになっている可能性がある
今までは
WindowsXP の場合は、
Windows7 では
Windows8 では
などとあったのが
Windows10 の場合
いわば、初期の Windows10 と
**年*月のアップデート以降の Windows10
**年*月のアップデート以降の Windows10
これらによって違うのです
怖いことは、
ネットに常につなげていないユーザーです
ただでさえ
Windows Update では、電源を切ったり
ネットが切れたりしたら
不具合が起きるのに
いわゆる大型のアップデートは、
容量も大きいので
通信がモバイルの方は
大変になる
かといって、公衆無線ランでは
安全性に不安がある

先ほど、ちらっと書きましたが
大型のアップデート
これが、
今までの Windows OS の交代に当たるようです

不具合を調べると
出てくると思います
最近では、
April 2018 Update
October 2018 Update(バージョン1809)
参考
Windows10 のバージョンを確認する方法

1.「スタート」クリック
2.電源アイコンの1つ上にある「設定」アイコンをクリック
3.「システム」 を クリック
4.左側の欄 一番下にある
  「バージョン情報」 を クリック
5.右側 下のほうにある
  「Windows の仕様」欄
  エディション
  バージョン
  インストール日
  OS ビルド
  表示される

現時点では、バージョンは、「1809

情報では、次のアップデートで、「1903」になるのでは、と言われている
2019年4月に、正式リリースされるようです

なお、その情報源では
年に 2回、毎年 春と秋
アップデートがあるようです




スポンサーサイト
[ 2019年03月25日 14:59 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

キーボード

キーボード

基本的なキーボードの配列と機能

201903250001.png

① Esc エスケープキー
  操作を取り消す操作の時に使用する
  途中まで開いたメニューや
  入力途中の文字を キャンセルできる

② 半角/全角キー
  日本語入力のオン、オフを切り替える

③ Tab タブキー
  タブの挿入、または、入力欄を移動する

④ Caps Lock キャプスロックキー
  [Shift]キーと併用して、
  英文字の大文字、小文字の入力モードを切り替える

⑤ Win 最近では、 201903250004.png ロゴマーク Windowsキー
  単体で使用すると、「スタート」メニューの表示
  Windows10では、このキーと組み合わせたショートカットが数多くある
  新機能も割り当てられている

⑥ Space スペースキー 表示が無いことが多い
  文字入力時には、スペース(空白)を入力
  日本語入力時には、漢字変換を行う

⑦ App アプリケーションキー
  ショートカットメニューを表示する
 ※ このキーが無いものもある

⑧ BackSpace バックスペースキー
  文字入力時においてカーソルの左の文字を削除する

⑨ Insert インサートキー
  ワープロ系のアプリで、
  文字における「上書き/挿入」モードを切り替える

⑩ PrintScreen プリントスクリーンキー
  キーボードによっては、[Prt Sc]などの省略表示もある
  ノートパソコンでは、
  [Fnキーと併用しないと使えないケースもある
  このキーを押した瞬間のデスクトップ画面をキャプチャ(画像コピー)出来る
  そのままの画像を使用したり
  画像編集アプリで、加工(トリミングなど)して使用できる

⑪ NumLock ナムロックキー
  右側に、テンキーがある場合に
  テンキーのキーの有効/無効を切り替える


[ 2019年03月25日 13:18 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

LibreOffice Calc で、二重入力規則 3

今回は 蛇足
D3 セルへの設定
1.「名前ボックス」の ▼ クリック
  「名前の管理」を選択
  201903171024.png

2.[名前の管理]画面が表示される
  [追加]をクリック
  201903171025.png

3.[名前の定義]画面になる
  「名前」欄に、「総務課」と入力する
  201903171026.png
4.[Tab]キーを押す
  201903171027.png
  そのままの状態で
  セル範囲 H2:N2 を選択する
  [追加]をクリックする
  201903171028.png

5.[名前の管理]画面に戻る
  一覧に「総務課」が追加されている
  [追加]をクリック 
  201903171029.png

残りの「課」すべての「名前」を付ける
すべての課が終了し、
一覧に追加されたら [OK]をクリック

   201903171030.png

6.D3 セルを選択
  [データ]→[入力規則]クリック
  201903171031.png

7.[データの入力規則]画面
  [条件]タブ
  「入力値の種類」欄 [すべての値 |▼] ▼ をクリック
8.表示される一覧から「セルの範囲」を選択
  201903171032.png

9.「ソース」欄に 
   INDIRECT(C3)  と 入力する
  [OK]クリック
  201903171033.png

10.D3 セルに、リスト設定がされた 矢印が表示される
   201903171034.png

11.矢印をクリックすると リストが表示される
  201903171035.png

C3 の「課名」が変わると
リストも変わる

注意
参照しているセルが空欄の場合エラーになる

.
[ 2019年03月17日 22:25 ] カテゴリ:LibreOffice Calc | TB(0) | CM(0)

LibreOffice Calc で、二重入力規則 2

今回は C3 セルへの設定
前回 B3 セルへ リスト設定したことにより 
「総務部」「営業部」「開発部」が、B3 セルに表示される

今回の設定は、
B3 セルが、「総務部」の場合は
C3 セルの選択肢が 「総務部」の「総務課」・「経理課」・「人事課」
B3 セルが、「営業部」の場合は
C3 セルの選択肢が 「営業部」の「営業1課」・「営業2課」・「営業3課」・「営業4課」
B3 セルが、「開発部」の場合は
C3 セルの選択肢が 「開発部」の「開発1課」・「開発2課」・「技術開発課」
こうなるようにする


最初は、名前の定義
1.「総務部」の各課名が入力されているセル範囲 G2:G4 を選択
2.「名前ボックス」に 「総務部」と入力 [Enter]キーを 2回押す
  201903171009.png

※ 同じ方法で、あと2つの「名前」を付けても良いのですが
  せっかくですから 別の「名前の定義」の設定方法
3.[名前ボックス]の ▼ をクリック
  一覧が表示される
  「名前の管理」
  「総務部」 (今、設定した名前)
  「部名」  (前回、設定した名前)
  「名前の管理」を クリック(選択)する
  201903171010.png
  
4.[名前の管理]画面が表示される
  [追加]をクリックする
  201903171011.png

5.[名前の定義]画面に変わる
  201903171012.png

6.名前欄にカーソルがあるので
  「営業部」と入力する
  201903171013.png

7.[Tab]キーを押す
  次の欄へ移動する
 ※ すでにある範囲が選択される
  201903171014.png
  そのまま、セル範囲 G5:G8 を選択する
  選択出来たら
  [追加]をクリックする
  201903171015.png
 
8. [名前の管理]画面に戻る
  一覧に今設定した「営業部」が入った
  もう一度 [追加]をクリックし 「開発部」の名前を設定する
  201903171016.png

9.「開発部」も設定出来たら、[OK]クリック
  201903171017.png

「名前の定義」の設定は終了

10.C3 セルを選択
  [Data入力規則]クリック
   201903171018.png

12.[データの入力規則]画面が表示される
  [条件]タブ
  「入力値の種類」欄で、「セルの範囲」を選択
  「ソース」欄に
  INDIRECT(B3) と 入力
  [OK]クリック
  201903171019.png

13.C3 セルに、リスト設定がされた 矢印が表示される
  201903171020.png

14.B3 セルを 「総務部」にして C3 セルの矢印をクリックすると
  「総務課」・「経理課」・「人事課」と表示される
  201903171021.png

15.B3 セルを 「営業部」にして C3 セルの矢印をクリックすると
  「営業1課」・「営業2課」・「営業3課」・「営業4課」と表示される
  201903171022.png

16.B3 セルを 「開発部」にして C3 セルの矢印をクリックすると
  「開発1課」・「開発2課」・「技術開発課」と表示される
  201903171023.png

あとは、繰り返し

次回 
D3 セル 氏名の設定

.
[ 2019年03月17日 21:50 ] カテゴリ:LibreOffice Calc | TB(0) | CM(0)

LibreOffice Calc で、二重入力規則 1

どこかに書いたと 思うのですが
リストから リスト選択表示

Excelで、
入力規則を設定して
ドロップダウンリストから
データを入力できるようにする
このドロップダウンリストから入力させる機能を、
2つのリストを連動させる

※ 以前 OpenOffice.org の古いバージョンでは 出来なかった(と思う)
  OpenOffice.org 3.2.0 以降 では、できます


例えば
一つ目のリストに
総務部」「営業部」「開発部」と表示されるよう設定
この中から「総務部」を選んだ場合は
二つ目のリストに
「strong>総務部」所属する課だけが表示され
営業部」を選んだときには 営業部の課
開発部」を選んだときには 開発部の課だけが表示されるようにする

LibreOffice Calc での 設定方法

サンプル LC001.ods 
201903171001.png

設定する内容
 B3 セルに、部の名前を入力(選択)する
 C3 セルのドロップダウンリストには、
   B3 セルで選択した部に属する「課」のリストが、選択肢に表示される
 D3 セルのドロップダウンリストには
   C3 セルに選択した「課」に所属する「氏名」のリストが、選択肢に表示される


 B3 セルに、「部名」のドロップダウンリストを作成する
1.セル範囲 F2:F11 を選択
 201903171002.png

2.名前ボックスに、「部名」と入力する
  ※ 「部名」と入力後 文字確定の[Enter]キー
     もう一度「名前の定義」を決定する意味の[Enter]キー
    2回 [Enter]キーを押す
 201903171003.png

3.B3 セルを選択
4.[データ]→[入力規則]クリック
  201903171004.png

5.[データの入力規則]が表示される
  [条件]タブ
  [すべての値  |▼]の ▼ をクリック
  表示される一覧から 「セルの範囲」を選択する
  201903171005.png

6.「ソース」欄へ 先ほど「名前」を付けた「部名」と入力する
  [OK]クリック
  201903171006.png

7.B3 セルに、リスト設定が設定された矢印が表示される
  201903171007.png

8.矢印をクリックすると リストが表示される
  201903171008.png

9.これで、B3 セルには、
  部名「総務部・営業部・開発部」から選択するリスト設定が完了した

長くなりそうなので 今回は、ここまで

次回は、C3 セルへの設定
.
[ 2019年03月17日 20:57 ] カテゴリ:LibreOffice Calc | TB(0) | CM(0)

Windows 10 スリープ マウスやキーボードが反応しない

Windows10
スリープから復帰したとき
キーボードのキーを押しても
マウスを動かしても
復帰できないときは
スリープ中は
USBの電源を切るように
設定していることが原因であることもある

この問題は
USBのキーボードやマウス(特に無線接続)で起こります
スリープの状態でも
USB機器への電源供給を切らないことで
スリープから復帰したときに
マウスやキーボードが反応しない
問題を解決します

スリープになってもUSBに給電する設定

1.電源オプションを開く

「スタート」(Windows マーク)をクリック
設定」をクリック
201903170001.png

Windowsの設定
システム」をクリック
201903170002.png

ディスプレイ
電源とスリープ」をクリック
201903170014.png

電源の追加設定」をクリック
201903170015.png

プラン設定の変更」をクリック
201903170016.png

詳細な電源設定の変更」をクリックする
201903170017.png


USB設定」横の「 + 」をクリックし展開する
  201903170018.png

USBセレクティブサスペンドの設定」横の 「 + 」をクリックし展開する
  201903170019.png

設定」横の「有効」をクリック
メニューにある「無効」をクリック
  201903170020.png

設定が「無効」になっている事を確認
適用」をクリック

  201903170021.png

マウスとキーボードの設定をデバイスマネージャーで確認

スタート(Windwos マーク)を 右クリック
表示されたメニューにある「デバイスマネージャー」をクリック
  201903170022.png

デバイスマネージャー」の
キーボードの「 > 」アイコンをクリックし展開する
展開された「キーボード」 を 右クリック
メニューの、「プロパティ」 を クリック
キーボードのプロパティ画面を開く
  201903170023.png

キーボードのプロパティ画面の
電源の管理]タブをクリック
□ このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする
チェックマークが付いているか確認する
チェックマークが付いていなければマークを付け
付いていれば
そのまま [OK] を クリックする
  201903170024.png

「デバイスマネージャー」の
マウスの「 > 」アイコンをクリックし展開する
「マウス」を右クリック
メニューの、「プロパティ」をクリック
マウスのプロパティ画面を開く
  201903170025.png

マウスのプロパティ画面の
電源の管理]タブを クリック
□ このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする
チェックマークが付いているか確認する
チェックマークが付いていなければマークを付け
付いていれば
そのまま [OK] を クリックする

201903170026.png

これで、マウスやキーボードでスリープの解除を行う設定は完了
[ 2019年03月17日 15:03 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)

Windows10 アップグレード 障害 2

このケースは
Windows10 に、アップグレードしたことが原因ではないのですが

アップグレードしたパソコンが
i7 で、悪くはないのですが
ちょっと、古い
多分、2013年ぐらいかと
ですから、Windows10 にしたら、遅い


苦情が

でも、
σ(^_^) のせいではない
それで、HDDSSD に、変えたらどうですか?

提案しました


お願いされたので
HDD 500GB
SSD 500GB に、
金額は安くなっていて、9,000円(税込み)程度


アクロニスを使い
HDD を、コピー
SSD へ、丸ごと移動

※ アクロニスは、データだけでなく
  アプリや設定など丸ごとコピー出来る
  有料のアプリです


早くなったので
かなり喜んでいました


ところがです
図脳RAPID19」という
CAD(キャド)ソフトが、おかしいと
確認したところ
このソフトは
HDD との連携が、複雑なため
「引っ越しソフト」(=アクロニス)を使う場合
引っ越し前に、アンインストールし
引っ越し後に、インストールしなければ
不具合が起こる

σ(^_^) は、
CAD なんて使いませんから
そんなことは知りませんでした


幸い HDD は、
そのままにしてあったので
もう一度、HDD に 戻し
CAD ソフト を、
アンインストールしてから
もう一度
SSD へコピー
SSD を 取り付けてから
CAD ソフトインストール


確認してもらったところ
問題ないとのことでした
  
ε= (´.`。)ホッ

.
[ 2019年03月02日 13:07 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

Windows10 アップグレード 障害 1

Windows7 のパソコンを
Windows10 へ アップグレードして欲しい
と 依頼を受けて
アップグレードしたパソコンが10台
Home や Pro など 混ざっていました

昨日
テプラが動かないと
早速 訪問
ほとんどのパソコンは
入っていたアプリを
アンインストール
Windows 10用
最新のアプリをインストール
これで、無事 
印刷することは、もちろん
「テープの情報」の取得も、ばっちりOK

ところがです
2台のパソコンでは、
古いバージョンのアプリが
アンインストール出来ませんでした

タイプで書くと
Windows10用のアプリは
SPC10」です


SPC10 Ver1.80
 SPC10_180.zip(127.8MB) 

201903020015.png

Windows10 にしたパソコンで、削除できなかったのが
Windows7 で、インストールしてあった「SPC9
これが何故か? アンインストールできませんでした

そこで、あまり気は進まなかったのですが
無料のアプリの完全削除用ツールを使用しました
σ(^_^) が、選んだのは
Revo Uninstaller Free という、アプリです
「日本語」で、インストールしたのに
最初、英語で表示されていて、驚きましたが

使い方 」を検索

 標準ではインターフェースが英語なので
 ツールバー上にある「Options」ボタンをクリック
  画面上部の「Current language」欄で
 「日本語/Japanese」を選択


これで、無事日本語表示になりました
このアプリを使い
無事、アンインストールできました

そして、「SPC10 Ver1.80」をインストール
この中には、ドライバーも入っているようで
そのため、作動しなかったようです
アプリだけでなく
ドライバーもセットになっている
プログラムのようです
そうそう
あの「アプリの完全削除ツール」は、
すぐにアンインストールしました

今 無料のアプリ
以前と同じ名前のアプリでも
不意容易にインストールすると
とんでもないアプリを一緒に
インストールしてしまうことが増えています

なので
XP のころや Win dows7 の時
使用していたからと
同じ名前のアプリでも
インストールする際には
十分に、気を付けて

慎重には、慎重に

確認しながら、

チェックを外すところは外し

[次へ]
[OK]
[同意]
[agree]
[accept]など
もう一度考えてから
クリックしましょう

[ 2019年03月02日 12:05 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR