FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  2019年05月

リスト 二重設定 リストからリストになる

だいぶ前に
入力規則から入力規則 2重設定 
アップしたことがありましたが、
Excel の バージョンも 変わったので
もう一度
きっかけは、今日見つけた Yahoo 知恵袋の質問

エクセル初心者ですので 丁寧に教えて頂ければ嬉しいです。
ワード(単語)によって
ドロップダウンリストの内容を 変えることはできますか?

例えば
A1 を 文房具 としたら
B1 のドロップダウンリストの内容が
 ホチキス、定規、ハサミ
A1 を 食料品 としたら
B1 の ドロップダウンリストに
 おかし、パン、ジュース

まずは、設定したい内容を表にします
 これは、「名前」 を 付けるためにも、必要な作業です
 同じシートでも 別のシートでも構わないので、邪魔にならない箇所に
 以下の表を作成します

  201905160002.png

 縦横は、どちらでもかまいませんが
 最初のセルで、選択する文字列のリストを一番端(この場合は「上」)
 その文字列を選択した場合に、表示したい文字列をその列へ入力する

 次に、「名前」の設定です
 「文房具」を 選択した場合に
 表示したい文字列のセル範囲を選択
 この場合 G2:G4 セル範囲

 201905160003.png

 左上の 「名前ボックス」 に、「文房具」 と 入力し
 [Enter] キーを 2回押します
 ※ 1度目は、文字の確定 

 201905160004.png

 ※ 2度目が、名前の定義の設定
   ▼ が、表示される

 201905160005.png

 確認したい場合は、
 [ 数式 ] タブ 「定義された名前」グループの「名前の管理」をクリック

 201905160006.png

 すると
 [ 名前の管理 ] ダイアログが表示される
 「名前」の列に、「文房具」
 「参照範囲」には、シート名からセル範囲(絶対参照)が表示されている
 
 201905160007.png

同様に、「食料品」も 「名前」の設定をする

準備は、終了

 リストの設定
 
 まずは、
 設定するセルを選択
  A1 A2 セルを選択
 [ データ ] タブ 「データツール」グループ
 「データの入力規則」 を クリック

 201905160008.png

 [データの入力規則]ダイアログが表示される
 「入力値の種類」で、「すべての値」になっているのを
 ▼ を クリックし 「リスト」 を 選択する
 
 201905160009.png

 表示が変化する
 「 元の値 」欄に、カーソルを移動
 「文房具」・「食料品」と入力されているセル範囲を選択する
 G1:H1 を 選択する
 [OK] クリック

 201905160010.png

 A1 セルを 選択すると セルの右側に、▼ が、表示される
 その ▼ をクリックすると 「文房具」・「食料品」と表示される
 「文房具」 を 選択しておく

 201905160011.png

 次は、B1:B2 セルに、リストを設定する
 B1:B2 セル範囲を選択
 先ほどと同様の操作
 [ データ ] タブ 「データツール」グループ
 「データの入力規則」 を クリック
 「リスト」 を 選択
 「 元の値 」欄に、カーソルを移動
 今度は、以下の数式を入力する
 【 =INDIRECT(A1) 】

 201905160012.png
 ※ A1 セルが、空欄の場合、注意文が表示される 
   元の値はエラーと判断されます。続けますか?
   この場合 [ はい ] を クリック
   201905160013.png

 B1 セルを 選択すると 右側に ▼ が、表示される
 ▼ を クリックすると、A1 が、「文房具」の場合
 「ホッチキス」・「定規」・「ハサミ」 が、表示される
 A1 が 「食料品」の場合は
 「おかし」・「パン」・「ジュース」 と 表示される

 201905160014.png

以上です

要点

 1.名前の定義を使用する
 2.リストの 元の値 欄に、 INDIRECT 関数 を 使用する
   A1 に入力されている文字列が 「名前」で定義されている場合
   文字列をセル範囲として認識できる関数
スポンサーサイト



[ 2019年05月16日 11:37 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)

Windows10 Excel で、令和元年

2019/5/3 現在
一部 もう可能になったと いう情報もありますが
まだ、
Excel の書式設定で、「令和」表示にできないPCがある

そこで、ネット検索した結果
このアップデートでは
レジストリを 更新する
らしい

Windows10 で、「レジストリ エディター」 を 起動する

1.検索ボックスに、「 regedit 」 と 入力
  
   201905030010.png

2.レジストリ エディター(デスクトップ アプリ)
  右側にある 「管理者として実行」 を クリック

  201905030011.png

3.「 ユーザーアカウント制御 」 が 表示されたら
  [ はい ] を クリック
4.「レジストリ エディター」 が、表示される
  以下のところを確認する
   コンピューター
   \HKEY_LOCAL_MACHINE
   \SYSTEM
   \CurrentControlSet
   \Control
   \Nls
   \Calendars
   \Japanese
   \Eras

   

以下の文字列をコピーし、貼り付ければ、表示するかも

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras

   201905030009.png


右側の一番下が、「1989 01 08」 ( 平成 ) の 場合
まだ、更新されていない

この場合は、Microsoft の更新を 待つ

必ず、アップデートされます

5月15日くらいまでかかるのでは、という情報もあります

待てない方
   レジストリを 変更すれば、令和表示にできる

しかし、レジストリの変更は、リスクを伴います

パソコンのバックアップを作成して
万が一、の場合に、自分で元の状態に 戻せる方
または、自分で責任を持てる方は
続きを読んでください


最悪の場合、システムが機能しなくなるかも?

レジストリを 変更する手順

1.「Windows アクセサリ」 に ある
  「メモ帳」 を クリック 起動する
  
   201905030012.png

2.下の文字列を コピーし、貼り付ける

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nls\Calendars\Japanese\Eras]
"2019 05 01"="令和_令_Reiwa_R"

3.貼り付けたら
  名前を付けて保存する
  「ファイルの種類」を 「すべてのファイル(*.*)」 に 変更する
  「ファイル名」は、好きな名前を入力 ただし
  最後に 「 .reg 」( 必ず、半角 ) を 入力する
  ※ reg 拡張子 に する 参考 : サンプル 

4.保存出来たら
  開いているものすべて閉じます

  保存したフォルダを開き
  保存した reg ファイルダブルクリック
  [ ユーザーアカウント制御 ] が 表示されたら
  [ はい ] を クリック

レジストリ エディター ] の 注意文が 表示される

  情報を追加すると、
  値が変更されまたは削除されてしまい、
  コンポーネントが正常に
  動作しなくなることがあります。
  C:\Users\***\***\***.reg の
  この情報ソースを信頼しない場合は、
  レジストリに追加しないで下さい。
  続行しますか?


  201905030013.png

  不安な方は、[ いいえ ] を クリックしてください

[ はい ] を クリックした場合
  ***.reg に 含まれるキーと値が、レジストリに正常に追加されました。
[ OK ] クリック

  201905030014.png


念のため、再起動 してください
再起動 が 終わったら
もう一度
レジストリ エディター ] を 確認してください
一番下に 「 2019 05 01 」 が 追加されているはずです

  201905030015.png

次は、「Windows システムツール」 内 に ある
コントロールパネル 」 を 開きます
   
   201905030016.png

[ 表示方法 ] 大きいアイコン の 場合
地域 」 を クリック

201905030017.png

[ 地域 ] ダイアログ が、表示される
[ 形式 ] の
Windows の 表示言語と一致させます(推奨) V」 の V を クリック
   201905030018.png

一覧が、表示されたら、ルーラーを一番下まで下げ
[ 日本語 (日本) ] を 選択する
   
   201905030019.png

[ 適用 ] を クリックして、[ OK ] を クリックする

   201905030027.png


Excel を 起動

 A1 セルに、2019/1/1
 A2 セルに、2019/2/1 と 入力
 A15 セルまで、オートフィルする

   201905030028.png

右クリックして、[ セルの書式設定 ] を 表示する
表示形式 ] タブ
分類 」 で、「 ユーザー定義 」 を 選択
種類 」 欄で、【 [$-411]ggge"年"m"月"d"日" 】 を 選択する
[ OK ] クリック

   201905030029.png

令和 表示になる
   
   201905030030.png

「令和1年」 を 「令和元年」 と 表示したい場合

以下の文字列を コピーし
種類」欄に、貼り付ける


[>43830]ggge"年"m"月"d"日";[>43585]"令和元年"m"月"d"日";ggge"年"m"月"d"日"

   201905030031.png


[ OK ] を クリックする
   
   201905030032.png

先ほどコピーした文字列は
 [>43830]ggge"年"m"月"d"日";
  43830=2019/12/31 なので、
  2019/12/31 より 大きい場合
  つまり、来年以降は、普通に「和暦」
 [>43585]"令和元年"m"月"d"日";
  43585=2019/4/30 なので、
  2019/4/30 より 大きい場合
  つまり 5/1 以降は、「令和元年」
 ggge"年"m"月"d"日"
  それ以外
  つまり 4/30 以前は、「和暦」

  201905030033.png

そういった設定です

[ 2019年05月03日 15:00 ] カテゴリ:PC | TB(0) | CM(0)
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR