FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  データベース >  D2-20 指定した値より大きいデータに色を付けて強調する

D2-20 指定した値より大きいデータに色を付けて強調する

サンプルファイル D2-20L.ods 

σ(^_^) の現在の LibreOffice のバージョン 4.2.6.2


「金額」が「20,000より大きい」データに色を付ける

201408260001.png


「オートフィルタ」や「フィルタ」の抽出では、
条件に合うデータだけを表示したり 抽出したりしますが
元のデータはすべて表示したままで
条件に合うデータを見つけたい場合
「条件付き書式」を利用すると便利です


「条件付き書式」は、
条件に合うデータに、指定した色やフォントなどの書式を設定する機能です


1.条件付き書式を設定したいセル範囲を選択する
  今回は、「金額」のデータ部分セル範囲 H2:H56 をドラッグ・選択する


201408250001.png

2.「書式」→「条件付き書式」→「条件(A)」クリック

201408250002.png

3.「条件付き書式 H2:H56」画面が表示される

201408250003.png

4.セルの値が次の値
  [次の値に等しい  |▼ ] の「 ▼ 」をクリック
5.表示された一覧の3番目「次の値より大きい」をクリック・選択する

  201408260002.png

6.右側の枠内をクリックし、「20000」と入力する


201408250004.png


7.[ Excel Built-in Comma[0] ] |[ ▼ ] の [ ▼ ] をクリック
8.表示される一覧から「新しいスタイル」をクリック・選択する

  201408250005.png

9.「セルスタイル」画面が表示される

201408250007.png

10.「管理」タブ 「スタイル」の「名前」の「無題1」を適当な名前に変える
  例:「金額1」など


201408250008.png

11.「フォントの効果」タブをクリック
12.「オプション」「フォントの色」[ 自動 | ▼ ]をクリックし
  「Light red」を選択する


201408250009.png

13.「背景」タブを選択
  「背景色」一覧から「ピンク」を選択する


201408250010.png

14.[OK]をクリック

201408250011.png

15.「条件付き書式」画面で、適用スタイルが、「金額1」となっていることを確認
  右側のプレビューでイメージを確認し良ければ[OK]をクリックする


201408250012.png

16.条件付き書式が完了するので、確認する

201408250014.png



スポンサーサイト
[ 2014年08月26日 15:51 ] カテゴリ:データベース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR