FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  データベース >  行全体に色を付けて強調

行全体に色を付けて強調

作成した条件に合うデータの行全体に色を付けて強調する

「金額」が「20,000以上」のデータの行全体に色を付ける
サンプルファイル : D2-22.ods 

201409030001.png

1. 条件付き書式を設定したいセル範囲を選択する
  今回の場合 行全体に色を付けたいので
データがあるセル範囲すべてを選択します
   セル範囲 A2:H56

 ① データ部分の左上の位置にあるA2セルをクリック
  201409030002.png

 ② [Ctrl]キーと[Shift]キーを同時に押しながら
    [→]キーを押す
  201409030003.png

 ③ [Ctrl]キーと[Shift]キーを押したまま
    [↓]キーを押す

  201409030004.png

参考
 Excel の場合 一覧表が「テーブル」に設定してあると
 テーブル内のセル(A2セル)をクリック
 [Ctrl]キーと[A]キーを同時に押す
 連続データの範囲を選択できます


 2.[書式]→「条件付き書式」→「条件」クリック
  201409030005.png

 3.[条件付き書式 A2:H56]画面が表示される
   「条件1」の[セルの値が次に値  ▼]の▼をクリック

  201409030006.png

 4.「数式が」を選択する
  201409030007.png

 5.右側の空欄に、数式を入力する
   ここで、注意  つい以下のように入力しがちですが
   =H2>=20000
   これだと A列のセルには色がついても
   B列以降のセルには色がつきません
   B列というのは、A列より1つ右側に移動します
   数式も1つ右側になってしまうので、H列ではなくI列を調べてしまいます
   セルが移動しても、数式の対象となるセルの位置が変わらないようにしなければいけません
   セルの参照を固定する→「絶対参照」にする必要がある
   今回の場合は、列の固定だけでよいので、列記号の前に「$」(半角)を付ける
   数式で表すと =$H2>=20000

  201409030008.png

 6.書式を設定する
   [Excel Built-in Comma[0] ▼]の▼をクリック
   「新しいスタイル」を選択する

  201409030009.png

 7.「セルスタイル」が面表示される
  201409030010.png

 8.「管理」タブ
   スタイル
   「名前」欄 「無題1」を適当な名前に変更する
  ※ そのままでも構わない
 9.「フォントの効果」タブで、「フォントの色」を設定

  201409030011.png

 10.「背景」タブで、「背景色」(セルの塗りつぶしの色)を設定する
  201409030012.png

 11.「条件付き書式 A2:H56」画面 
   設定した書式を プレビュー画像で確認
   [OK]をクリックする

  201409030013.png

 12.指定した条件に合うデータの行に、書式が設定される
  201409030014.png



スポンサーサイト
[ 2014年09月03日 18:39 ] カテゴリ:データベース | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR