FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  LibreOffice >  不具合 LibreOffice 6.0.6.2

不具合 LibreOffice 6.0.6.2

タイトルでは
LibreOffice 6.0.6.2
としましたが
最新バージョン( 6.1.2 )でも 
同様でした
状況は、「差し込み印刷」の実行時

「新規のデータベース」の登録について
今までの LibreOffice では、
CSV ファイルや
表計算ファイル( .xlsx や .ods )
から そのまま登録できたのですが

新バージョンでは
登録できたようで
表示される

ファイルが完成し
最後の「印刷」から 
「差し込み印刷」 →「ファイル」選択
[OK] クリックした瞬間に

クラッシュ

クラッシュから回復すると
登録したはずのデータが見えません

ただし
表計算ファイルから
データベースファイルに変わった
( .odb )ファイルが ドキュメントに作成されています

 ***.ods  ***0.odb
 なぜか「 」がついていました
クラッシュは、気分悪いので

クラッシュしないように
最初に、
データベースを登録しましょう


例えば
CSV ファイルがあった場合


LibreOffice Base を 起動します
[データベースウィザード]ダイアログが表示されます
【 〇 既存のデータベースに接続 】 に チェックを入れる
[ JDBC  V ] の V を クリック
CSV なので、「テキスト」を選択

  201811091001.png

[次へ]をクリックすると
[データベースウィザード]
2.テキストファイルとの接続セットアップ
  [ ブラウズ ]をクリック
 注意:
 ここで選択できるのは、「ファイル」ではなく
 「フォルダ」です
 同じフォルダ内に、複数の CSV ファイルがあると
 すべて取り込んでしまいます
 登録したいファイルだけになるようにしてください


  201811091002.png

【 〇 コンマ区切り形式ファイル(*.cev) 】にチェックを入れる
[次へ]をクリック

  201811091003.png

3.保存して続行
[完了]をクリックする

  201811091004.png

[名前を付けて保存]ダイアログが表示されるので
任意の場所へ任意の名前を付けて保存する

Base が、起動するので
テーブルを確認する
確認したら閉じても大丈夫

Writer で、
[ツール]→「オプション」


  201811091005.png

「オプション - LibreOffice Base - データベース」
今回作成したデータベースがあるか確認する

  201811091006.png

在ればOK
[表示]→「データソース」クリック

  201811091007.png

表示されたデータベースで
目的の「データベース名」の前にある 田 をクリック
「テーブル」の前の 田 をクリック
テーブル名をクリックする

  201811091008.png

「テーブル」の内容が、表示される

  201811091009.png

これで、ドラッグするファイルでは、クラッシュしない


スポンサーサイト
[ 2018年11月09日 18:07 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR