FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  LibreOffice Calc >  関数 技 0005  LibreOffice Calc

関数 技 0005  LibreOffice Calc

0016 引数の参照セル範囲を修正する

 201811242001.png

このような表の場合
「合計」の F 列内の数式は
=SUM(C4:E4) と なっている

  201811242002.png

途中に を 挿入した場合
挿入する位置により
参照セル範囲が修正される場合と
修正されないケースがある

例 1
こちらのケースは、
セル範囲が広がり、C4:F4 に変化している

 201811242003.png

試しに数値を入力した場合
* 80 合計は、200に変化する

 201811242004.png

例 2
こちらのケースでは
セル範囲が 元のまま

 201811242005.png

数値を入力しても
結果に変化がない

 201811242006.png

このような場合は
自分で対象セル範囲を修正する必要がある
参 考

Excel では、条件によって、

 201811242013.png

この場合でも、
挿入されたセルへ
数値を入力すると
自動的に セル範囲が拡張されることがある

 201811242014.png

セルの数式を確認する

 201811242015.png
0017 引数の参照セル範囲を修正する2

数式が入っているセルを選択
数式バーの関数名の箇所をクリックする

 201811242007.png

すると
参照しているセル範囲
が青い色の枠線で囲まれる
これを「カラーリファレンス」と呼ぶ
※ 1つの数式内で 複数のセル範囲を参照している場合
  別々の色で表示される

 201811242008.png

枠線の四隅に表示されている を ドラッグすると
参照範囲を変更できる

 201811242009.png

範囲を確認
,[Enter]キーで 確定

注意

 数式内で 複数のセル範囲 を 参照し
 カラーリファレンスでは 修正しにくい場合
 「関数ウィザード」で 修正するほうが
 作業しやすいこともある

.
スポンサーサイト
[ 2018年11月24日 21:08 ] カテゴリ:LibreOffice Calc | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR