FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  LibreOffice Calc >  関数 技 0007  LibreOffice Calc

関数 技 0007  LibreOffice Calc

0021 混合参照を活用する

 201811292001.png

上の画像の場合
C5:C9 の単価と D4:H4 の長さを
掛けた料金表を作成しようとしている
計算は単純で、「単価×長さ」
たとえば
D5 セルの場合
=C5*D4
このセルだけならば、これでいいのですが
その他のセルにも入力するので
コピーできる形にしたほうが良い

前回使用したのが
列・行ともに固定する「絶対参照」でした
$A$1
今回は、「$A1」や「A$1」のようにして
列だけ固定・行だけ固定にする
これを「混合参照」という
あまり使わないかも知れないが...

せっかくなので
この一覧表に設定してみる
1.セル範囲 D5:H9 を 選択
2.数式バーへ 「=」と入力
  C5 セルをクリックする

 201811292002.png

この「C5」が、選択されている状態で
[F4]キーを3回押す
$C$5 → C$5 → $C5
と変化して、
「 $C5 」とする

 201811292003.png

カーソルを 「 $C5 」の後ろへ移動させ
「 * 」(半角アスタリスク)を入力する

 201811292004.png

D4 セルをクリックし、選択した状態で
今回は,2回 [F4]キーを押す
「 D$4 」にする

 201811292005.png

[Alt]キーと[Enter]キーを 同時に押す
一括入力

 201811292006.png
0022 書式を崩さないようにコピーする

 201811292007.png

縦方向へ数式をコピーする場合
オートフィルでコピーする
アクティブセルの右下隅の

 201811292008.png

「フィルハンドル」をダブルクリックすれば
最下行までコピーできる

 201811292009.png


書式も一緒にコピーされる
この場合、罫線が変わってしまった

 201811292010.png

LibreOffice Calc では、
G4 をコピーし
GG5:G7 を選択
右クリック
形式を選択して貼り付け ▶
数式」をクリックする

 201811292011.png

 201811292012.png

.
スポンサーサイト
[ 2018年11月29日 21:13 ] カテゴリ:LibreOffice Calc | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR