FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  Windows >  Win7(セブン) 4

Win7(セブン) 4

WIN7(セブン)はなぜ早い?!
1.OSと同時に起動するサービスの削除
・Vistaでは、電源ボタンを押してからデスクトップ画面が表示されるまで64個のサービスが起動していた
・Win7では、49個まで削除された
2.メインメモリの使用方法が改良された
・ウィンドウの数に関係なく一定のメモリしか使わないので、重さを感じない
3.OSそのものが軽くなった
・XPやVistaには、アウトルックエクスプレスやウィンドウズメール,IE,画像管理ソフトなど様々なソフトが組み込まれている
 たとえ使わないソフトでもアンインストールすることはできなかった
・Win7では、これらのソフトを必要に応じて取捨選択できるようになった
*Win7には、メールソフトやメッセンジャーソフト、画像管理ソフトなどが入っていない
 必要なソフトだけ自分で選んでパソコンに組み込む仕組み
 IEやウィンドウズ・メディアプレーヤーは、初めから組み込まれている 
 アンインストールは出来ないが、「無効」にすることができる

ユーザーアカウント制御(UAC)のセキュリティレベルが4段階になった
Vistaでは、ONかOffしかできなかった


USBメモリを使った パソコン高速化機能「レディーブースト」も強化された
CPUは通常メモリからデータを読み出すが、メモリに入りきらないデータは、HDDの仮想領域(ページングファイル)から読み出す
レディブースト機能を使えば、HDDより読み書きの早いUSBメモリ上のキャッシュにデータを一時的に保存することで高速化できる
Vistaでは、1本のUSBメモリしか対応していなかったがWin7では、複数(最高8本)のUSBメモリのキャッシュを同時に利用できる
スポンサーサイト



[ 2009年08月06日 14:23 ] カテゴリ:Windows | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR