FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  Windows >  7(セブン) 6

7(セブン) 6

ウィンドウズ7には、メールソフトが付属しない
ウィンドウズ7インストール後、インストールが必要
ウィンドウズ7初回起動時に表示される画面からダウンロードサイトへ
*[WindowsLiveおすすめパックのダウンロード]をクリック

ウィンドウズ7の動作環境
メモリ 1GB以上
ハードディスク 16GB(32ビット)/20GBの空き領域(64ビット)
グラフィックス ダイレクトX9以上

ソフトは動くのか?
7でまったく動かないものは少ないが、無料ソフトを中心に7での動作環境を公開するサイトが登場している。
*ヴィスタに未対応のソフトやXP登場以前に開発されたソフト、ゲームソフトの中には、起動しなかったり、一部機能が正常に動かないものもある。
*セキュリティ対策ソフトや、特定のハードウェアに依存するソフト、システムを改変するソフトは、ウィンドウズ7対応が必須
1. セキュリティ対策ソフトは、すでに7対応のベータ版を公開しているところが多く、7登場前後に正式対応
2. ワンセグやテレビ録画、ブルートゥースなど、メーカー製パソコンに内蔵されたハードを扱うソフトは、現時点では正式対応せず、動作しないことも多い。

問題を自動で解決できる?
「互換性のトラブルシューティング」機能
ウィンドウズ7で正常に動作しないソフトには、「互換性のトラブルシューティング」を使うといい
*この機能は、過去のバージョンで動いたソフトに、ほぼ自動的に最適な設定を行って7上で動作するようにしてくれる。
1.正常に動作しないソフトのショートカットを右クリックし、[互換性のトラブルシューティング]を選択。
インストールできないときは、インストールプログラムを[管理者として実行]で起動
2.「プログラムの互換性」画面で、[推奨設定を使用する]
3.自動的に最適な設定が行われる。
4.ソフトを起動して、[次へ]をクリック、動作を確認。

最終手段 ウィンドウズ7で「XPモード」
条件:プロフェッショナルかアルティメットのバージョン
メモリ・CPU性能に余裕があるパソコン限定
*仮想パソコンの上でXPを起動するため、動作は遅くなる
*特定のハードに依存したソフトはこれでもダメ
スポンサーサイト



[ 2009年08月11日 21:16 ] カテゴリ:Windows | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR