FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  エクセル >  重複を調べる

重複を調べる

同じデータが重複して入力されたら

「重複あり」と表示できるシートを作るには、

COUNTIF関数とIF関数をセットで使う。

まずCOUNTIF関数で、

C列に入力されたデータを調べて、

個数をB列に表示する。


例えば、B3セルには「=COUNTIF(C:C,C3)」という式
範囲を「C:C」とすると、C列全体が指定できる。
これでC列を調べて、C3セルのデータが1つだけ(つまりC3セルだけ)入力されていれば「1」
2個以上(つまり他のセルにも)入力されれば「2(以上)」が表示される。
=COUNTIF(C:C,C3)

A列にIF関数の式を立て、
B列のデータが2個以上なら「重複あり」
そうでなければ(つまり1個なら)空欄
=IF(B3>1,"重複あり","")
スポンサーサイト



[ 2010年07月30日 11:33 ] カテゴリ:エクセル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR