FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  OpenOffice >  OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 2

OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 2

OpenOffice.org3.3.0 で コンピュータサービス技能評価試験 表計算 を やってみて
Microsoft Office との 違いを 確認してみようと思った

前回は 3級の試験で 出来ないことを確認しました (互換の確認)
まとめ
  グラフタイトルに 影はつけられない
  凡例の順番が逆になる
 ※色の違いは ご愛嬌
  絶対参照 は [Shift]+[F4]
  セル内改行は [Ctrl]+[Enter]
  均等割り付けがない
  列幅の数値が合わない 数値の基準の違い
 ※ 行の設定の場合は 同じ基準らしく 指定の数値で 上手くいく
 
 ε=ε=ε=ε=ε=┏( @_@)┛     確認!!
 
Excel での数値は

 列の幅は、

   標準フォントで入力できる

半角文字の「文字数(ピクセル数)」


 行の高さは、  「ポイント(ピクセル数)」



要するに Excel の場合 列と行で 基準が違う 【 文字数 と ポイント 】
OpenOffice.org の場合 ポイントで設定した場合 列も行も 同じポイントで設定できる
ポイント以外では 
 * ミリメートル
 * センチメートル
 * インチ
 * パイカ  ・・・????(なんだろ?)

Excel と Calc で 列幅を設定する際の変換表
Excelの標準フォントが MSPゴシック 11ポイントの場合
 1 が 13ピクセル
 2 が 21ピクセル
10 が 85ピクセル

ですから 13+8×(文字数-1)ピクセル 一覧にしてみました

そして 私のパソコンでは 10ピクセル=7.5ポイントなので 1ピクセル=0.75ポイント


1(文字数)=13ピクセル=13×0.75 (ポイント)=9.75 ポイント 


 注意!! 私の場合です 参考にして ご自分の場合は 確認して下さい

OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 1
OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 3

OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 4

OpenOffice で CS技能評価試験の問題をやってみて 5
 


LibreOffice に 変更しよう!!

LibreOffice 日本語ホームページ 


ぱいか 【パイカ】 pica

欧米で用いられる、インチを基準にした印刷用の単位
文字サイズなどの単位として用いられる
1パイカ=12ポイント(約4.23mm)

「ポイント」は 1/72 インチに相当な体裁で使用される測定の単位
文字と行間とも呼ばれる先頭のスペースの量の高さを表すため主に使う
「パイカ」1/6 インチまたは 12 ポイントに等しい長さの単位
スポンサーサイト



[ 2011年03月31日 15:57 ] カテゴリ:OpenOffice | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR