FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  LibreOffice >  Calc 入門 10 グラフ 11 LibreOffice

Calc 入門 10 グラフ 11 LibreOffice

グラフの作成 株価グラフ (株価 4)

元データ 株価4.0.ods 


完成見本



株価グラフも ちょっと 特殊です
1.データ範囲の選択
  日付を 除いたデータ(出来高・始値・高値・安値・終値)を 選択
  C2:G22 セル範囲
2.ツールバーの  (グラフ)をクリック

  グラフウィザードを 表示する
3.ステップ 1.グラフの種類 グラフの種類を選択 「株価」 選択
  右の種類で 「株価チャート 4」を 選択
  [ 次へ ] クリック

4.ステップ 2.データ範囲 何もしない  [ 次へ ] クリック
5.ステップ 3.データ系列
  「データ系列」欄 「出来高」と「終値」
  「データ範囲」欄 「名前」「Y値」 及び その範囲
  「名前 の範囲」欄 $Sheet1$C$2
 と 表示される
  「データ系列」欄で 「終値」を 選択
  「データ範囲」欄が 「名前」「始値」「終値」「高値」「安値」に 変化する

6.各データ範囲の「名前」と「データ範囲」を 確認する
 ・「名前」は 別にどうでも良い
 ・「始値」: データは D列 選択されている範囲 : D3:D22 OK
 ・「終値」: データは G列 選択されている範囲 : B3:G22 OK

 ・「高値」: データは E列 選択されている範囲 : F3:F22 選択し直す
 ・「安値」: データは F列 選択されている範囲 : E3:E22 選択し直す
7.「範囲」欄へ 日付のデータ範囲を 選択する B3:B22 セル範囲
   [ 次へ ] クリック

8.ステップ 4.グラフ要素  「凡例を表示」のチェックを外す
 ※ 凡例は 表示しない
  [ 完了 ] クリック


9.グラフが 出来ます
  グラフを おおむね A24:H48 セル範囲に 表示します

後は 表示の設定
・グラフ表面 「表面」 色:(ブルー緑 5) 
 「透過性」 グラデーション:線形・角度0度・余白0%・始めの値0%・終わりの値80%
・データ系列’出来高’ 「表面」 色:黄色 「外枠」 形状:実線・色:黒
・【売却損】 「表面」 色:明るいマゼンタ
・【売却益】 「表面」 色:明るい青
・【データ系列’終値’】 「線」 色:黒
・Y軸 「位置」 間隔マーク 主間隔 表示なし 「線」 色:黒
・第2Y軸 「位置」 間隔マーク 主間隔 内側のみに表示 「線」 色:黒
・X軸 「位置」 間隔マーク 主間隔 表示なし 補助間隔 内側に表示 
 「線」 色:黒 「フォント」 サイズ:8pt
・Y軸主目盛線 「線」 色:黒
・このシートで グリッド線を 非表示
スポンサーサイト



[ 2011年05月27日 19:16 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR