FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  LibreOffice >  Calc 入門 12 表計算機能を応用する LibreOffice

Calc 入門 12 表計算機能を応用する LibreOffice

Calc には 「データパイロット」 という 機能があります

Excel の 「ピボットテーブル」に 相当します

大量のデータの分析をする

CSV ファイルを インポートする

参考データ UMPC売上.csv 

1.[ ファイル ]→[ 開く ]
  [ 開く ]画面(=ダイアログボックス)
  UMPC売上.csv を 選択
2.[ テキストのインポート - [UMPC売上.csv] ]画面が 表示される
  
3.インポートするデータの区切りを 確認する
  必要に応じて 区切りのオプションで 区切り文字を 変更する
 ※ 今回は 【コンマ】のチェックを外し 【スペース】にチェックを入れる
 一番下のプレビュー画面で 確認する
  [OK]クリック
  
4.CSV ファイルが インポートされる
  


データパイロットによる集計作業

集計表を作成する
1.インポートしたデータ内の1つのセルをクリック アクティブセルにする
2.[ データ ]→[ データパイロット ]→[ 呼び出す ] 選択
  
3.[ ソースの選択 ]画面で 「現在の選択範囲」を選択
  [OK]クリック
  
4.[ データパイロット ]画面が 表示される
  
5.左側の4つのフィールド(ページ・列・行・データ)に
右側のフィールド名が掛かれたボタン(フィールドボタン)を ドラッグする
 今回は
  ・ ページフィールドに 「メーカー」「製品名」
  ・ 列 フィールドに 「店舗名」
  ・ 行 フィールドに 「曜日」
  ・ データフィールドに 「売上額」
  
6.[OK] クリック データ領域の下に集計表が作成される
  

曜日の欄の 並びが 変なので 修正する
 [ 曜日 |▼]の▼を クリック
  [ カスタムソート ]→[ 日,月,火,水,木,金,土 ]選択
  
並べ替えが出来る


それと これは自動的に 新しいシートに 作成されます
同じシートの 指定した場所に 挿入したい場合は
[ データパイロット ]画面で 右下にある [ 詳細 ]をクリック
  
[ 結果 ]欄 「結果貼り付け先」欄 [-新しいシート-|▼] ▼クリック
 「-指定なし-」選択 右側に 貼り付け先のセルを指定する
 ※貼り付け先のセルは セル範囲の左上にあたるセルを指定  (例)K1セル
  

[OK]クリック
スポンサーサイト



[ 2011年05月29日 22:02 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR