FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  LibreOffice >  Mac PPC版では 日本語化出来ない?

Mac PPC版では 日本語化出来ない?

某相談サイトに こんな質問がありました

Mac OS X 10.6.8 を使っている方が LibreOffice を ダウンロードしたそうです

質問要約

日本語に対応していると書いてあったのですが、メニューやツールバーがすべて英語です
英語のダウンロードサイトだったので、ダウンロード方法を間違えている可能性もあります

そこで とりあえず LibreOffice 日本語のホームページ を お勧めしました
Mac は 特殊なので(私にとっては) 念のため LibreOffice サポートフォーラム も 併記しました
すると
相談サイト(LibreOffice サポートフォーラム) を見て なんとか 日本語表記に 出来ました
解決できたのは いいのですが
LibreOffice サポートフォーラム を見ないと 日本語表記には出来ない ということ

自分に Mac は 関係ないのですが LibreOffice を 薦めている以上 調べてみました
LibreOffice サポートフォーラム へ 行きます
既にある質問を 見るだけならば ログイン する必要はありません

この場合は インストール・セットアップの質問になると思うので
セットアップとトラブルシューティング を 選択(クリック)します

すると まだ 2件しか 項目がありませんでした

そのうちの1つが
バグ??Mac PPC版で日本語化できない。

クリックして 内容を 見てみると
相談内容
「LibO_3.3.3_MacOS_PPC_langpack_ja.dmg」を ダウンロードし
その中に入っているパッケージの「LibreOffice 3.3 LanguagePack.app」を 起動しようとしても
一瞬だけアイコンが 現れて すぐに消えてしまい 何の動作も行なわない

解答
OS X 10.4 の環境では、LanguagePack.app を 正常に実行することができないようです

ここで 私が変だと思うのは その前に 書かれていた
「他の言語のフォーラムでも指摘されていましたが」
これって このサイトを 作っている人達は 頭がいいので
LibreOffice を 使う人が 自分達と同じ外国語堪能で 
他の言語のフォーラムまで見に行くと思い込んでいる
このフォーラムのページでさえ 見つけるのが 難しくなっているのに
名前は 「フォーラム」でもなんでもいいのですが
 「質問のある方」 とか 
 「過去のQ&A」 とか 
 「よくある質問」 とか の 名前で リンクさせておいてくれないと
最初から 「フォーラム」で探してくる人なんて 何人いると思っているのでしょう?
本気で LibreOffice を 普及させたいのならば 
もっと日本語で 誰でも わかるようにしないと普及しない(じゃないかな?)
不備(バグ)があるなら 
使おうと思ってくれたすべての人に わかるようにしなければ っと 苦情はともかく

解答の続き
面倒ですが
パッケージの中の [tarball.tar.bz2] ファイルの中身を
LibrOffice.app 内の同名のフォルダ内にコピーすれば
日本語が 選択できるようになります
質問者の方が 書いたやり方
1.日本語化パックに入っている [tarball.tar.bz2] は ダブルクリックすると
 ディスクトップに [Contents]フォルダが できます
2.LibreOffice のパッケージの 
  中身の [Contents]フォルダを 別のフォルダに 移動させます
3.「Sync!Sync!Sync!」という 同期アプリ(LE版はフリー)を ダウンロードして
 実行させて
 1 のフォルダを バックアップ元
 2 のフォルダを バックアップ先 に 指定して
 追加コピー を すれば 
 フォルダ階層を 崩さずにファイルを コピーできます
4.3で追加した [Contents]フォルダを LibreOffice の中身に移動させれば 日本語化完了です

どちらのやり方が 簡単で 確実なのか 私には Mac のことは わかりません
それに 試すことも出来ないので 確認していません
質問のある方は LibreOffice サポートフォーラム
スポンサーサイト



[ 2011年07月07日 23:58 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR