FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  LibreOffice Calc >  LibreOffice Calc の マクロ その5

LibreOffice Calc の マクロ その5

前回のメッセージボックスを 複数設定した場合



最初に
Sub Message1
MsgBox "Hello World"
End Sub

Sub Message2
MsgBox "こんにちは 世界"
End Sub

Sub Message3
MsgBox "你好 到世界"
End Sub

1.Basic IDE のモジュールタブの上で、右クリック
2.表示されたメニューから[挿入]→[Basic ダイアログ]を選択する

3.[Dialog1]という名前のタブが出来る

  ダイアログエディタの左上に表示されているのが 未編集のダイアログボックスです
  [ツールボックス]ツールバーが右側に表示されます
4. ラベルフィールドをクリック
  
5.上の方に枠を作成する
  
6. ボタンをクリックする

7.先ほど作成した「Label1」の下へ 枠を 3つ作成する

8.「CommandButton1」のボタンをダブルクリックする
  [プロパティ:CommandButton]画面が表示される
  [全般]タブ 「タイトル」欄を 【「Hello World」を表示】に変更する
  
9.[イベント]タブ 「実行時」の右側にある を クリック
  
10.[アクションの割り当て]画面
  [マクロ]をクリック

11.[マクロセレクター]画面
  先ほど設定した Message1・Message2・Message3 がある Module を選択
  Message1 を選択
  [OK]クリック

12.[アクションの割り当て]画面
  「イベント」の実行時
  「割り当てられたアクション」に Standard.Module3.Message1
  ※ ここは設定した人によって違うが 表示されればよい
  [OK]クリック

13.同様の操作を CommandButton2・CommandButton3 でも行う
  「Label1」をダブルクリック

14.[プロパティ:Label]
  「タイトル」欄を 「世界のあいさつ」に変更する
  フォントや配置・背景色などを適当に変更する


15,最初の Message1・Message2・Message3 がある Module の
  Message1 マクロの前に
  以下のマクロを記入する

Sub ShowDialog
Dim oDialog As Object
DialogLibraries.LoadLibrary("Standard")
oDialog = CreateUnoDialog(DialogLibraries.Standard.Dialog1)
oDialog.Execute()
End Sub



REM ***** BASIC *****

Sub ShowDialog
Dim oDialog As Object
DialogLibraries.LoadLibrary("Standard")
oDialog = CreateUnoDialog(DialogLibraries.Standard.Dialog1)
oDialog.Execute()
End Sub

Sub Message1
MsgBox "Hello World"
End Sub

Sub Message2
MsgBox "こんにちは 世界"
End Sub

Sub Message3
MsgBox "你好 到世界"
End Sub

スポンサーサイト



[ 2011年11月06日 11:27 ] カテゴリ:LibreOffice Calc | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR