FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  LibreOffice >  LibreOffice 3.5 新機能と修正 補足4

LibreOffice 3.5 新機能と修正 補足4

前回の 「LibreOffice 3.5 新機能と修正 補足3」コメント欄に

一生懸命に 頑張って 訳した内容を 入力してくれた方がいました

Autotext "Formula numbering" (fn+F3) has been corrected for most locales: no extra space after inserted formula, fonts of inserted formula follow default font (fdo#40499, OOo issue #75665). Type fn+F3 or nf+F3 according to your locale.
(試訳)
自動置換 「数式番号付け」(fn+F3) はほとんどの地域向けで次の点が修正されました。 挿入された数式後の余分な空白付与なしになり、挿入される数式は既定の書体設定に追従するようになりました。 ご利用の皆様の地域設定に応じてfn+F3または、nf+F3を押下してください。
大変に ありがたいのですが

ご苦労様


こういった場合の翻訳という行為は、単語を 変換すればよいわけではありません

何を意味しているのか?

内容が肝心なのです




本題

FN+F3 から

「FN」 を キーの[Fn]ではなく

[F]キーと[N]キーを押した後

[F3]キーを押す


と、考えてみました

Writer を 起動し やってみたました


1.[F][N]を入力


2.[F3]キーを押す


  なんと 数式  に変わった

3.クリックしてみた、



[OLE オブジェクト]ツールバーが表示される
「数式」の配置の設定を行う


4.ダブルクリックすると 
  [要素]画面と「コマンドボックス」が表示される
 ※ 下に現れる欄を、「コマンドボックス」と呼ぶようです



注意:人によっては、[要素]が表示されていないことがあるようです
  (OpenOffice.org では、[選択]と書かれていたと思う)
[要素]ダイアログボックスの表示方法
 1.「コマンドボックス」が、表示されている状態にする
 2.[表示]→[要素]クリック
  ※ [要素]の前にチェックがついている状態になる



「コマンドボックス」の表示方法

方法1 [Alt]キー[I]キー[O]キー[F]キー と、順に 押す
方法2 [挿入]→[オブジェクト]→[数式]クリック

.
スポンサーサイト



[ 2012年02月26日 02:21 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR