FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  ワード >  文書は保存されましたが、音声認識データを保存する十分な空き領域がないため、データは失われました" と表示される

文書は保存されましたが、音声認識データを保存する十分な空き領域がないため、データは失われました" と表示される

Word 2003 (ワード2003)使用中または文書の保存時に

"文書は保存されましたが、音声認識データを保存する十分な空き領域がないため、データは失われました" と表示される

言語データとは、
マイクを通して話した言葉を、
Word 等の文書に入力するための音声入力データや、
マウスや専用のペン、タブレットを使って手書きで
文書入力するための手書き入力データなどを指します


このメッセージを非表示に設定するには、
言語データを埋め込む設定を無効にする
 
通常、言語データを Word の文書入力で使用しない場合は、
この設定通り、言語データの保存機能を無効にしても問題ない
保存された文書ファイルにも影響を与えない

言語データを Word の文書入力で使用する場合は、
言語データを埋め込む設定を変更する必要はない

文書の編集中に上記のメッセージが頻繁に表示される現象を回避したい場合に限り、
自動バックアップ機能を無効に設定
 
この操作により、メッセージは表示されなくなる
言語データを埋め込む設定を無効にする
[ツール] メニューから、[オプション]
[保存] タブ
[言語データを埋め込む] チェック ボックスをオフ
[OK]
※ 既存文書ファイルに対して、
言語データを埋め込む設定を一括して無効化することはできないので
既存文書ファイル毎に、上記の設定を適用

方法 2 : 新規文書ファイルすべてに言語データを埋め込む設定を無効にする
現在、Word を起動中の場合は、Word を一旦終了します。
[スタート] ボタンをクリック [マイ コンピュータ]
[ツール] メニュー[フォルダ オプション]
[表示] タブ
[詳細設定] ボックスの
[すべてのファイルとフォルダを表示する] にチェック
[OK]

[スタート] ボタン[すべてのプログラム]
[Microsoft Office]
Ctrl キーを押しながら [Microsoft Office Word 2003] をクリック
Word をセーフ モードで起動
[ファイル] メニュー[開く]
[ファイルを開く] ダイアログ
[ファイルの種類] ボックスから [文書テンプレート]
[ファイルの場所] ボックスで以下の場所のへ移動
「 Normal.dot」 をクリックし、[開く] をクリック
*<ドライブ名>Documents and Settings<ユーザー名>Application DataMicrosoftTemplates
[ツール] メニュー[オプション]
[保存] タブ
[言語データを埋め込む] チェック ボックスをオフ
[OK]
[ファイル] [上書き保存]
Word を終了

文書は保存されましたが、音声認識データを保存する十分な空き領域がないため、データは失われました。録音していないときは、必ずマイクをオフにし、ディスクで利用できる記憶域を確認してください
スポンサーサイト



[ 2009年04月09日 01:35 ] カテゴリ:ワード | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR