FC2ブログ

おジさん学習帳

LibreOffice などOffice ソフトなどについてのブログです
おジさん学習帳 TOP  >  LibreOffice >  「標準テンプレート」への設定方法 設定編

「標準テンプレート」への設定方法 設定編

LibreOffice は、最初に、使う人用に設定したほうが使いやすい

ところが、せっかく設定しても その設定を保存しておかなければ
次に、起動したとき また設定から行わなければならなくなる

いつも同じ設定の部分は、起動時に 既に設定されている状態にしたい

 設定した状態を テンプレートで保存
 保存したテンプレートを 「標準テンプレート」に設定する

今回は、「保存」から 「標準テンプレート」への設定


前回の【「標準テンプレート」への設定方法 準備編 】で作成したものを保存する

1.[ファイル]→[ドキュメントテンプレート]→[保存]クリック

  

2.[ドキュメントテンプレート]画面が開く
  「新しいドキュメントテンプレート」欄に
  任意の名前を付ける
  「テンプレート」欄
  範囲()欄で、「自分のテンプレート」を選択
  [OK]クリック


3.[ファイル]→[ドキュメントテンプレート]→[管理]クリック


4.[ドキュメントテンプレートの管理]画面が表示される
  左側の欄で、「自分のテンプレート」を ダブルクリックする


5.「自分のテンプレート」が 展開する
  先ほど保存したテンプレートを選択
  右クリック
  表示される一覧から「標準テンプレートとして設定」をクリックする


6.[閉じる]クリック
  [ドキュメントテンプレートの管理]画面を閉じる
  開いている LibreOffice Writer を閉じる


[標準テンプレート]に 設定できました

7.LibreOffice Writer を 起動する
  前回設定した「オプション」や[ページスタイル」・「段落」などを確認する

今後 LibreOffice Writer を 起動すれば、いつも同じ状態で起動する
行数や文字数を設定する場合は その都度行うか
いつも同じ 「文字数・行数」設定の Writer を使う人は その設定のものを
テンプレートで保存し、「標準テンプレート」に設定すれば良い


何種類かのテンプレートを作成し
一番使用頻度が多いものを 「標準テンプレート」に設定

それ以外の場合は、
[ファイル]→[新規作成]→[テンプレートとドキュメント]クリック


[テンプレートとドキュメント-自分のテンプレート]画面が表示される
登録してあるテンプレートから 使用したいテンプレートを選択
[開く]クリック



.
スポンサーサイト



[ 2012年01月20日 14:28 ] カテゴリ:LibreOffice | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR